【今日、なに食べる?】大銀座の贅沢オムライス3品
2022.10.27

〝大銀座のとっておき〞を集めました。 【今日、なに食べる?】大銀座の贅沢オムライス3品

オムライスはフランス語のomeletteと英語のriceを大阪の〈北極星〉が〝元祖〞といわれることが多い。組み合わせた和製英語。東は銀座の〈煉瓦亭〉、西は最近は〝変わりダネ〞にも注目が集まっている。

〈にっぽんの洋食 新川 津々井〉2色ソースのオムライスは夜限定のお楽しみ。

DMA-100A3522

常連客のリクエストで生まれた「タラバガニのトロトロオムライス」(2,400円)は、ケチャップライスに卵をまぜて炒める“包まない”スタイル。酸味のきいたフレッシュトマトのソース、生クリームとケチャップを合わせたソースと一緒に味わう、夜だけの限定メニュー。

家族経営のアットホームな雰囲気と種類豊富な洋食の味に心がなごむ。
家族経営のアットホームな雰囲気と種類豊富な洋食の味に心がなごむ。

住所:東京都中央区新川1-7-11|地図
TEL:03-3551-4759
営業時間:11:00~13:30LO、17:00~21:00LO(土は~13:00LO、~19:30LO)
定休日:日祝休

〈日比谷松本楼〉半熟卵とトマトクリームのモダンな味わい。

DMA-100A4283

フライパンで炒めたしっとり食感のチキンライスを、トロトロの半熟卵で包んだ、上品な味わいの「海老と帆立のトマトソース」(サラダ付き・1,450円)。ごろりと大きな海鮮入りのトマトクリームソースでいただく贅沢さに気分があがる。福神漬けが付くのもここならでは。

日比谷公園内に佇む1903年創業のレストラ ン。定番の洋食メニューを、園内の緑を眺めながら味わえる。
日比谷公園内に佇む1903年創業のレストラ ン。定番の洋食メニューを、園内の緑を眺めながら味わえる。

住所:東京都千代田区日比谷公園1-2|地図
TEL:03-3503-1451
営業時間:11:00~14:00、14:00~17:00、17:00~21:00
定休日:無休

〈ドンピエール〉日本人になじみ深い味に仕上げたアイデア料理。

DMA-100A3562

オムライスに牛肉を使うことを思いついた当時の料理長が、さっぱりと食べられて日本人に好まれる醤油味に仕上げたのがはじまり。「黒毛和牛のオムライス~しょう油味~」(平日ランチは3,200円)は玉ねぎを使わず米をパラッとした食感に。香りのよさにも心を掴まれる。

1984年に創業したブラッスリーのランチでは黒毛和牛の特製カレーなども提供。
1984年に創業したブラッスリーのランチでは黒毛和牛の特製カレーなども提供。

住所:東京都中央区銀座1-10-19 銀座一ビルヂング1F|地図
TEL:03-3567-1855
営業時間:11:30~14:00LO、17:30~21:00LO
定休日:月休(ほか不定休)

photo : Kaori Ouchi, Yoichiro Kikuchi illustration : Masatoo Hirano text : Keiko Kodera, Ayano Sakai, Yuko Watari edit : Keiko Kodera

prof_hensyubu
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る