coffeew_0662
2022.05.24

コーヒーとおやつの楽しい時間。 和菓子とコーヒーの関係。【京都】自家製の和菓子を軸にした喫茶〈woven〉

スイーツはコーヒーに欠かせないパートナーだけれど甘いモノなら何でもいいわけじゃない。今回はコーヒーのベストパートナーといえるカヌレ、スコーン、ドーナツ、和菓子、プリンに注目。究極のマリアージュに迫ります。今回は、〈woven(ウォーベン)〉を訪れました。

焙煎で意識したコーヒーの個性を際立たせる羊羹。

coffeew_0635

【和菓子】コーヒーと和菓子の組み合わせが、スタンダードになりつつある現在。羊羹、練り切り、最中、きなこ棒と、魅力を引き立てあう甘いパートナーを。

アーチ形の扉の向こうにある、6席だけのカウンター。日常のなかに、さっと非日常を届けてくれる〈woven〉は、中煎りから深煎りまでを揃えた豆、ネルも含めたハンドドリップ、そして自家製の和菓子を軸にした喫茶だ。

coffeew_0662

店主の神原知聖(かんばらとものり)さんは和菓子との出合いをこう振り返る。「以前、ポップアップでコーヒースタンドを開いたときに、なにか甘いものをと考えて。焼菓子ももちろんいいけれど、もともと好きなあんこはどうかなと。京都でもあることだし」と振り返る。そこで和菓子職人の友人に依頼し、3種類の焙煎に合わせた和菓子を作ってもらったのが始まり。「焙煎で強調したい部分を感じさせてくれる和菓子に驚きつつも、楽しくて。一気にコーヒーと和菓子の関係について考えるようになりました」。

coffeew_0703

ところがそのNY出身の友人は帰国してしまい、それならと自ら作ることに。「果物やスパイス、茶葉など、その季節に使いたい素材を取り入れるには羊羹がちょうどよくて」と神原さん。丁寧に炊きあげた小豆にイチジクとシナモン、黒豆と岩塩などを組み合わせ、口に広がる香りや余韻が印象的な羊羹。素朴なきなこ棒もカルダモンと塩で、奥行きのある味わいに仕立てる。コーヒーのお供として、小さくも存在感ある和菓子たちが待っている。

〈woven(ウォーベン)〉

昨年3月オープン。コーヒーは神原さん曰く「よくも悪くも力強くて個性がある」アフリカの豆を中心に5~6種類ほどを揃える。2種の飲み比べ700円も。コーヒー豆1,000円~/150g。
■京都府京都市左京区岡崎西福ノ川町2-17
■10:00~18:30(金土~22:00)日休
■6席

(Hanako1208号掲載/photo : Eriko Matsumoto (MICHELLE, JOE TALK COFFEE, PARLORS, CREIL), Michi Murakami, Yoshiko Watanabe (woven) text : Kimiko Yamada, Mako Yamato (woven) edit : Kana Umehara)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る