「フローラルエスプレッソマティーニ」1,750円。紅茶のような風味で、最高品種「ゲイシャ」とウォッカで爽やかに。
2022.05.15

スペシャルな一杯を求めて。 これこそ通の楽しみ方。コーヒーカクテルが飲めるカフェ&バー in 東京

お酒との組み合わせ次第で、コーヒーの魅力はさらに広がる!バリスタがすすめるいままでになかったコーヒー体験を。今回は、コーヒーカクテルが飲めるカフェ&バーをご紹介します。おうちで作れる簡単レシピも教えてもらいます!

1.プロの最高の技術を目の前で!〈UNLIMITED COFFEE BAR〉/とうきょうスカイツリー

「フローラルエスプレッソマティーニ」1,750円。紅茶のような風味で、最高品種「ゲイシャ」とウォッカで爽やかに。
「フローラルエスプレッソマティーニ」1,750円。紅茶のような風味で、最高品種「ゲイシャ」とウォッカで爽やかに。

コーヒーカクテルの大会に出場する実力派バリスタが揃うカフェ&バー。バリスタの田中恭平さんもチャンピオンのひとり。高品質のシングルオリジンを使用したコーヒーには旬の食材を合わせるなど、ここだけのコーヒーカクテルはいずれも絶品。

100A1639
明るく立ち寄りやすい雰囲気。
明るく立ち寄りやすい雰囲気。
100A1639
明るく立ち寄りやすい雰囲気。

〈UNLIMITED COFFEE BAR〉
■東京都墨田区業平1-18-2 1F
■03-6658-8680
■12:00~17:30(土10:30~19:30、日祝10:30~18:30 )月休
■24席

無題 (28)

【Try at Home】モカシェイク
[材料]1杯分
・バニラアイス…50g
・ウォッカ…15ml
・インスタントコーヒー…50ml
・牛乳…50ml
・きび糖シロップ(きび砂糖1:水1)…30ml
・コーヒー豆…3粒

[作り方]
1.バニラアイス、ウォッカ、少し冷ましたインスタントコーヒー、牛乳、きび糖シロップをフードプロセッサーにかける。

2.グラスに注ぎ、コーヒー豆を飾り付ける。

2.一人でも気軽に入れるカフェ&バー。〈No.(ナンバー)〉/代々木上原

エスプレッソとウォッカを合わせた「エスプレッソマティーニ」1,400円。飲み口が爽やかかつフルーティで華やかな一杯。
エスプレッソとウォッカを合わせた「エスプレッソマティーニ」1,400円。飲み口が爽やかかつフルーティで華やかな一杯。

カフェとバー、オフィスが融合した施設。コーヒーカクテルの監修&サポートは、〈ABV+〉の野村空人(そらん)さんが担当し、豆は経堂のカフェ〈Raw Sugar Roast〉のものを使用。バリスタ兼バーテンダーの荻原将司さんが要望に合わせた一杯を提供する。

0328hnc_1532_bDN
テーブル席もあり。
テーブル席もあり。
0328hnc_1532_bDN
テーブル席もあり。

〈No.(ナンバー)〉
■東京都渋谷区上原1-33-11
■03-6712-5068
■9:00~17:00、18:00~24:00 不定休
■33席

エスプレッソとウォッカを合わせた「エスプレッソマティーニ」1,400円。飲み口が爽やかかつフルーティで華やかな一杯。
エスプレッソとウォッカを合わせた「エスプレッソマティーニ」1,400円。飲み口が爽やかかつフルーティで華やかな一杯。

【Try at Home】コールドブリュージントニック
[材料]1杯分
・ジン…30ml
・水出しコーヒー…100ml
・シンプルシロップ…10ml
・ライム…1切れ
・トニックウォーター…80ml
・オレンジ…2切れ

[作り方]
1.グラスにジン、水出しコーヒー、シンプルシロップ、氷(分量外)を入れ、ライムを搾る。底に沈んだシロップをすくいあげるイメージで、全体を混ぜ合わせる。

2.トニックウォーターを入れ、1~2回軽く混ぜる。3.オレンジと、1の搾ったライムをのせる。

(1208号掲載/photo : MEGUMI, Kaori Ouchi (Cafe 1 Part, UNLIMITED COFFEE BAR), Michi Murakami (au lait base) text : Moe Tokai, Motoko Sasaki edit : Kana Umehara)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る