DSC_8864
2022.05.10

コーヒーとおやつの楽しい時間。 焼菓子がおいしいコーヒー店。浦和〈MICHELLE〉で出会う、コーヒーとおやつの楽しい時間。

スイーツはコーヒーに欠かせないパートナーだけれど甘いモノなら何でもいいわけじゃない。今回はコーヒーのベストパートナーといえるカヌレ、スコーン、ドーナツ、和菓子、プリンに注目。究極のマリアージュに迫ります。今回は、〈MICHELLE(ミシェル)〉で出会ったコーヒーとおやつについてご紹介します。

コーヒー豆は果実。その風味を引き立てるお菓子。

バリスタの小沼雄太さん。店名は妻が好きなビートルズの名曲から。
バリスタの小沼雄太さん。店名は妻が好きなビートルズの名曲から。

「うちのお菓子はコーヒーの味に寄り添っていることが大前提」と小沼麻穂さん。ここは〈OBSCURA COFFEE ROASTERS(オブスキュラコーヒーロースターズ)〉の焙煎士だった小沼雄太さんと、ビストロ〈PATH(パス)〉でフランス菓子の腕を磨いた麻穂さん夫妻が開いた店。2人の出身地である埼玉で始めた店には、雄太さんが焙煎したコーヒーが引き立つよう、ショーケースに優しい風味の伝統的な焼菓子が並ぶ。

DSC_8864

「コーヒー豆はコーヒーチェリーという果実。フルーティさや果実由来の明るい酸味、甘さも持ち合わせている」と雄太さん。その風味をさらに引き立てるのがお菓子の役目。ペアリングは2つの食べ物の味のベクトルが類似、もしくは対照的なものがよく合う。相乗効果を高めたり、足りない部分を補い新鮮な味わいを楽しむ。

ハンドドリップコーヒー500円~。ショーケースに並ぶ焼菓子はバスクチーズケーキ530円やカヌレ400円、キャロットケーキ430円。3.写真のあんバターサンドのスコーン各300円は不定期で登場する限定品。
ハンドドリップコーヒー500円~。ショーケースに並ぶ焼菓子はバスクチーズケーキ530円やカヌレ400円、キャロットケーキ430円。3.写真のあんバターサンドのスコーン各300円は不定期で登場する限定品。

この店では雄太さんが淹れる雑味のないスッキリしたコーヒーに合わせ、甘さ控えめで伝統のレシピにこだわったカヌレやマフィン、レモンケーキやファーブルトンなどを用意する。お菓子にも地産地消をと、使用する小麦は埼玉県産のみ。スチームコンベクションとデッキオーブンを使い分け、絶妙な焼き加減のお菓子を実現した。「ペアリングには豆の個性を熟知することが肝心」と2人。連携した仕事から生まれた味わいの虜になる常連客も多い。

〈MICHELLE(ミシェル)〉/浦和

アルゼンチンの商店をイメージしたという店内は、無駄のないシンプルさが快適。土祝はテイクアウトのみ。コーヒー豆は7種あり100g 720円~。通販も可。
■埼玉県さいたま市浦和区仲町2-9-5
■048-711-6011
■10:00~17:00 日月休
■5席

(Hanako1208号掲載/photo : Eriko Matsumoto (MICHELLE, JOE TALK COFFEE, PARLORS, CREIL), Michi Murakami, Yoshiko Watanabe (woven) text : Kimiko Yamada, Mako Yamato (woven) edit : Kana Umehara)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る