〈喜記 銀座店〉
2022.04.17

あの店が銀座を選んだ理由。 香港と銀座を繋ぐ人気店が移転オープン。〈喜記 銀座店〉で香港料理の楽しさに触れる。

地方や海外から多くの話題店が集まり、今も昔も名店ひしめく東京屈指の街・銀座。実力者たちがこの地を選ぶ理由とは…?注目の5軒のストーリーから、作り手を魅了し続ける銀座の“きらめき”を探ります。今回は「あの店が銀座を選んだ理由。」より、〈喜記(へいげい)銀座店〉をご紹介します。今年 1月、銀座の目抜通りに移転し、華々しく再スタートを切った〈喜記 銀座店〉。香港と銀座を繋ぐ人気店が、さらに輝きを増している。

銀座で香港料理の楽しさに触れてほしい。   

〈喜記 銀座店〉

1965年に香港の銅鑼湾で創業した海鮮料理の名店〈喜記〉。2017年に西銀座エリアに日本初出店し、本場の臨場感を伝える店として人気を博してきた。名物の「避風塘料理」(=船上料理)は、マッドクラブや大海老などを特製調味料のチリガーリックで炒めた漁師料理で、クリスピーな食感とスパイシーな味わいに思わず歓声が上がる一品だ。

〈喜記 銀座店〉
〈喜記 銀座店〉
〈喜記 銀座店〉
〈喜記 銀座店〉
〈喜記 銀座店〉
〈喜記 銀座店〉

オープンから4年、繁盛店に成長し、より広く充実した環境を求めてついに銀座中央通りに進出。「銀座は強豪店が多く刺激になりますし、香港好きのよいお客様に恵まれました。ここから離れる選択肢はなかったですね」と代表の田中紀之さん。2020年に料理長となった山﨑浩一シェフは、〈赤坂璃宮〉の副料理長を務め、本場香港の一流ホテルでも研鑽を積むなど、まさに広東料理の申し子。超絶技巧の点心から焼物、麺、甘味までこなすオールラウンダーだ。だから本店の名物だけでなく、蒸し点心や煲仔飯(土鍋ご飯)といった香港の代表的料理を網羅するのも銀座店の醍醐味だ。「香港を全部知ってほしい。ただそれだけ!」と語る山﨑シェフの頼もしさ。この店が銀座を元気にする存在であることは、間違いない。

〈喜記 銀座店〉

〈喜記 銀座店〉

今年1月26日、移転オープン。山﨑浩一料理長(上)は広東料理一筋25年。鮑とトリュフ和牛の黒胡椒パイ1個1,200円なども。コースもある。
■東京都中央区銀座5-7-10 EXITMELSA 7F
■03-3289-0505
■11:30~14:30LO、17:30~21:30LO 無休
■58席

(Hanako1207号掲載/photo : MEGUMI, Kiichi Fukuda text : Yoko Fujimori)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る