「もっと流行って!私が推し続けるバラのおいしさ満点」
2022.02.14

“推しエントリー”スペシャル ぼる塾・田辺さんの推しは『食べるバラ』!? 2022年注目の薔薇スイーツをご紹介。

今、最も注目と信頼を集めるスイーツラヴァーの田辺智加さん。今回はHanako.tokyo人気連載のスペシャル版として、大活躍だった昨年を振り返り、今年の“推しスイーツ”を教えてもらいました。今回は、田辺さんが2022年に推したいスイーツをご紹介。田辺さんが今みんなに推したいキーワードは、バラと世界の素朴菓子。ほっと癒される、日々のご褒美セレクションです。

近年、発展が目覚ましい“食べるバラ”。バラの花本来の華やかなアロマが鼻に抜け、心を解きほぐしてくれるよう。気分の切り替えにもぴったりです。

1.〈玖島ローズ〉

「もっと流行って!私が推し続けるバラのおいしさ満点」
「もっと流行って!私が推し続けるバラのおいしさ満点」
花びら約30枚分のエキスが含まれるドリンク「ロゼネード」594円はリラックスできる味。毎日飲みに来る人も。
花びら約30枚分のエキスが含まれるドリンク「ロゼネード」594円はリラックスできる味。毎日飲みに来る人も。
田辺さんも注目する食材、アーモンドにバラをまぶした新商品やキャンディを詰め込んだローズスイーツ缶3,240円はギフトに。
田辺さんも注目する食材、アーモンドにバラをまぶした新商品やキャンディを詰め込んだローズスイーツ缶3,240円はギフトに。
「もっと流行って!私が推し続けるバラのおいしさ満点」
花びら約30枚分のエキスが含まれるドリンク「ロゼネード」594円はリラックスできる味。毎日飲みに来る人も。
田辺さんも注目する食材、アーモンドにバラをまぶした新商品やキャンディを詰め込んだローズスイーツ缶3,240円はギフトに。

ラングドシャや贅沢なバラシロップを試せるアフタヌーンティー1,980円。使用するバラは全て国産。焼菓子、ジャム、シロップは、それぞれのスペシャリストの力を借り、一つずつ丁寧に作られている。予約は公式サイトから。

DSC_1608

人にも環境にも優しい無農薬のバラの素晴らしさを広めるべくオープンした、食用バラ専門店。唯一の実店舗であるこのポップアップショップは8月31日までを予定。
■東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX B2
■080-4186-7769
■10:30~20:30 休みは施設に準ずる
■8席

2.〈JAM&JAM〉

「紅茶に入れたらロシアンティーが本場流!」
「紅茶に入れたらロシアンティーが本場流!」

バラの女王と呼ばれ、香水の成分として使用されるブルガリア産ダマスクローズの花びら入りジャム。保存料、香料、着色料を使わず、美しいコンフィチュールに仕上げられている。田辺さんは吉祥寺のカフェまで買いに行くほどのお気に入りだ。輸入元の興新物産のウェブサイト「SHOP SOFIA」からも購入可。ローズペタルジャム230g 950円。■03-3291-2001 (興新物産)

Navigator

◆田辺智加(たなべ・ちか)/お笑いカルテット・ぼる塾のメンバー。スイーツ、マンガ、アニメ、アイドルなど多方面での“推し活”が注目される。初の著書『あんた、食べてみな!ぼる塾田辺のスイーツ天国』(マガジンハウス)が発売中。

(Hanako1205号掲載/photo : Masanori Wada (portrait), Shu Yamamoto, MEGUMI styling : Mika Sasaki hair & make : Mizuka Takamaru (Ari . gate) text : Kahoko Nishimura)

prof_hensyubu
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る