〈御菓子司 白樺〉のたらふくもなか/錦糸町
2022.02.16

ときめく!スイーツ大賞【和菓子部門】 ユニークな手土産としても人気!動物モチーフの和菓子4選

昨年1月にスタートした「ときめく!スイーツ大賞」も数えること3回目!今回も、Hanakoが信頼する20名のスイーツエキスパートを審査員に迎えて、この1年を代表し、これからのスイーツ業界を牽引するであろう極上の逸品を16ジャンルから選出しました。その数、全部で100品!どれも粒ぞろいです。今回は、【和菓子部門】より動物モチーフのかわいい和菓子をご紹介。

1.〈御菓子司 白樺〉のたらふくもなか/錦糸町

〈御菓子司 白樺〉のたらふくもなか/錦糸町

のんびり寝そべっているちょっとぽっちゃりとした招き猫が愛らしい。「ねっとりとしたコクのある餡とサクサクの最中の組み合わせがなんとも優しいおいしさ。福が来る縁起の良い和スイーツとしてもおすすめ!」(安原さん)。中には「白いダイヤ」と称される希少な北海道産白小豆を炊いた黄金色のあんこが入っている。6個入り1,350円。

【Comments】
「少しぐうたらした招き猫がなんともかわいらしい!(安原伶香)」

〈御菓子司 白樺〉
■東京都墨田区江東橋2-8-11
■03-3631-6255
■8:00~18:00 月休

2.〈oyoge〉のイワシ/六本木

〈oyoge〉のイワシ/六本木

フレンチ出身のシェフが手がけるたい焼き屋の一品。「洋風テイストの生地に、粒餡とクリームチーズを合わせ、和と洋の絶妙な調和がとれています。イワシをたい焼きにしてしまう発想もおもしろいです」(スイーツなかのさん)。まるで本物のイワシを食べているような大きめサイズの贅沢さもうれしい。334円。

【Comments】
「冷めてから食べてもしっとりとおいしい!(スイーツなかの)」

〈oyoge〉
■東京都港区六本木7-13-10 TOMASビル1F102号室
■03-6447-0094
■10:30~23:00 不定休

3.〈薄氷本舗 五郎丸屋〉のT五能作/富山

〈薄氷本舗 五郎丸屋〉のT五能作/富山

鋳物のメーカー〈能作〉とコラボして、〈五郎丸屋〉の代表銘菓をアップデート。「シルエットのかわいらしさはもちろん、5色並べて見ている時間も楽しい一品です」(真野さん)。薄氷のように、口に入れると溶ける薄い干菓子を和素材でこしらえている。桜、抹茶、ゆず、バターコーヒー、和三盆の5味5色を楽しんで。5枚入り864円。

【Comments】
「5色のハリネズミが見ていて愛らしい(真野知子)」

〈薄氷本舗 五郎丸屋〉
■富山県小矢部市中央町5-5
■0766-67-0039
■9:00~18:00(日~17:00)月休

4.〈引網香月堂〉のとやま鯛もなか/富山

〈引網香月堂〉のとやま鯛もなか/富山

おめでたく縁起のよい「鯛」の形。〈引網香月堂〉の店主が作る、上生菓子のデザインを反映した一品。「おいしいあんこを自分で皮につめて味わいます。出来たてのサクサクとした食感は絶品。かわいらしく、食べるとぱっと明るく温かい気持ちになれるお菓子です」(梅田さん)。お祝いや手土産にもおすすめ!6個入り1,620円。

【Comments】
「跳ね鯛のデザインがめでたい最中!(梅田なお実)」

〈引網香月堂〉
■富山県富山市古沢111-3
■076-471-8755
■9:00~18:00 火休

CONTRIBUTORS/“スイーツエキスパート”な20人の審査員。

※ 50音順、敬称略
※ 50音順、敬称略
※ 50音順、敬称略
※ 50音順、敬称略
※ 50音順、敬称略
※ 50音順、敬称略

(Hanako1205号掲載/photo : Wataru Kitao styling : Ami Kanno text & edit : Yuko Watari)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る