〈KEITA MARUYAMA〉のクッキー缶(BASIC)
2022.02.03

ときめく!スイーツ大賞【焼菓子部門】 スイーツエキスパートが選んだ、2022年注目の新顔クッキーアソート3選!

昨年1月にスタートした「ときめく!スイーツ大賞」も数えること3回目!今回も、Hanakoが信頼する20名のスイーツエキスパートを審査員に迎えて、この1年を代表し、これからのスイーツ業界を牽引するであろう極上の逸品を16ジャンルから選出しました。その数、全部で100品!どれも粒ぞろいです。さて、今回はどのような甘美なスイーツが並ぶのか。受賞作の発表です!今回ご紹介するのは、【焼菓子部門】よりクッキーアソート。牧場発やホテルメイドまで、多彩な顔ぶれがそろうクッキーアソート。今年は甘いもしょっぱいも、個性ある素材使いが目立つラインナップに。心躍るパッケージや開けたときの幸福感も、大切な誰かと共有したくなる。

1.〈Cheesy Poche〉のチーズクッキー缶

20211220HN_12959

富山県の洋菓子工房から届くこちらは、ペコリーノ・ロマーノチーズの味わいを2つの焼き加減で表現。ふわっと豊かな風味を感じるものと、じっくり火を入れた旨味あふれるものとの違いがおもしろい。お口直しに、レモンのメレンゲも。「菓子研究家の福田里香さん監修。重ね絞りで空気を巻き込みながら焼いた新食感のクッキーです。ふんわりサクサクッとした軽さに驚き!」(下井さん)。オンライン限定。3,400円。

【Comments】
「こんなお菓子待ってた!全てが巧みな職人技(甲斐みのり)」
「チーズのコクと香りがふわりと広がります(下井美奈子)」

2.〈RINGTONS〉のショートブレッド

〈RINGTONS〉のショートブレッド
〈RINGTONS〉のショートブレッド

1907年に創業したイギリスの紅茶メーカーから、世界初の常設店が〈阪神梅田本店〉にオープン。伝統のレシピで作るショートブレッドは、バターの香りが心地いい本場の味。「一番人気の紅茶『ゴールド』のミルクティーに浸すのがおすすめ。生地の甘みと紅茶の芳醇さが相まって、うっとりします」(nanshiさん)。1缶2,160円。

【Comments】
「温かいミルクティーに浸して食べるのが本場流(nanshi)」

〈RINGTONS〉
■大阪府大阪市北区梅田1-13-13阪神梅田本店1F
■10:00~20:00 休みは施設に準ずる

3.〈KEITA MARUYAMA〉のクッキー缶(BASIC)

〈KEITA MARUYAMA〉のクッキー缶(BASIC)

ファッションブランド〈KEITA MARUYAMA〉の「“OMOTASE”PROJECT」より、クッキーシリーズが登場。レモンを感じるバタークッキーのなかに、シナモンやナツメグを利かせた1枚の小鳥型サブレが羽ばたく。「菓子研究家の渡辺千尋さんがレシピの監修を手がける、オンライン限定のクッキー缶です。デザイナーである丸山敬太さんならではの美意識にうなりました!」(藤森さん)。3,780円。

【Comments】
「ギフトにもぴったりなかわいすぎるひと缶です(藤森陽子)」

CONTRIBUTORS/“スイーツエキスパート”な20人の審査員。

※ 50音順、敬称略
※ 50音順、敬称略
※ 50音順、敬称略
※ 50音順、敬称略
※ 50音順、敬称略
※ 50音順、敬称略

(Hanako1205号掲載/photo : MEGUMI, Wataru Kitao, Miyu Yasuda styling : Ami Kanno text : Wako Kanashiro)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る