1227HNCC_1130_dDN
2022.02.01 — Page 2/2

あふれ出すチョコレートを知る物語。 【2022年】海外発のチョコレートブランド6選。日本上陸を果たしたショコラトリーに注目!

『海外からの訪問者』

海外のショコラティエの中には小規模でも日本で商品を売りたいと願う人も少なくない。その理由のひとつに、日本人の繊細な味覚への憧れがあるという。ショコラティエがこだわって作ったカカオやオーガニックな食材、手作業による微妙な風味やニュアンスの違い。これを見事に理解してもらえるのが日本だというのだ。海外の主要都市はもちろん、今年は離島など地方から日本初上陸を果たしたショコラトリーも多い。いずれのチョコレートからも感じられるのは故郷への愛。独特のフォルムやカラフルな色彩、郷土の恵みや風味に至るまで彼らのふるさとを紹介するようなチョコレートは、私たちに笑顔をくれるはずだ。

(Hanako1205号掲載/photo : MEGUMI styling : Aya Ishiguro text & edit : Kimiko Yamada)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る