n_DSC0006_atari
2018.02.16

忙しい日々のオアシス! 静寂の中で絶品甘味が味わえる【神社・寺茶房】オススメ2軒

忙しい毎日に疲れたら、境内茶房を訪れてみては?静寂な空間と絶品甘味に、心身ともに癒されるはず。

1.〈日枝神社〉境内にある〈つきじ植むら 山王茶寮〉/永田町

DSC0003_atari

緑豊かな〈日枝神社〉に隣接し、店内は都心とは思えない静寂に包まれる。

DSC0001_atari

この時期人気は「おしるこ」で、小豆から丁寧に炊き上げ上品な味わい。

s_DSC0006_atari

「おしるこ」お餅2枚に栗の甘露煮もごろりと入り大満足。口直しの柴漬けがうれしい。756円(1月1日~8日の正月期間は864円。各税込)

1.〈長谷寺〉境内にある〈海光庵〉/鎌倉

s_DSC0002_atari

〈長谷寺〉境内の甘味処。高台にある店は眼下に長谷の町と海岸線を望み、その景観は鎌倉一といわれるほど。名物「大吉だんご」のほか、ヴィーガンメニューもそろう。

s_DSC0015_atari

「大吉だんご」焼かずに蒸し上げているためもっちりやわらか。みたらしあんのこっくりした甘さと独特の食感がやみつきに。2本セット350円(税込)

DSC0017_atari

「緑茶(急須)」厳選緑茶を南部鉄瓶であつあつのまま提供。お茶でしっとり喉を潤して。「大吉だんご」と共にいただきたい。500円(税込)

こんな記事もおすすめ!
☆スイーツも楽しめる【神社・寺カフェ】3軒はコチラ!
☆ご利益別!都内の人気神社5社はコチラ!
☆初詣で寄りたい神社カフェ&参道グルメはコチラ!

(Hanako1148号掲載/photoa : Youichi Nagano, Tomo Ishiwatari text : Etsuko Onodera)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る