〈Homebar かっし〉
2022.01.17

中央線沿いの夜は面白い! 【中央線沿線】名物ママ&マスターと会話を楽しみたいスナック6選

多くの飲み屋が集う中央線沿い。スナックだけでも個性的なお店が沢山あります。疲れた日には名物ママ&マスターとのおしゃべりで身も心も癒されて。

1.〈酒乱童べるじゅらっく〉/新宿

〈酒乱童べるじゅらっく〉
〈酒乱童べるじゅらっく〉
〈酒乱童べるじゅらっく〉
〈酒乱童べるじゅらっく〉

この街に来る人って、生き方が不器用っていうか、それなりにいいとこがあるんよ。ここは色恋目当てばかりでなく、会話を楽しむ酒場だから、そういうのも居心地がいいかもね。うちは一人客が多いんだけど、仕事の愚痴とか嫌な話はしないし、こっちが聞き出すような面倒なことはしません。居合わせた客同士、お互い距離感を持って会話を楽しんでる感じ。ちょいオシャレかも?本当は何か抱えてるかもしれないけど、関係ない話をして家に帰る前に一つ荷物を落っことして行くのかも。そういう場所がスナックなんじゃない?(笑)

〈酒乱童べるじゅらっく〉
京子ママは毎週金曜出勤。チャージ1,000円、カラオケ1曲200円。
■東京都新宿区歌舞伎町1-1-7 2F 新宿ゴールデン街花園3番街
■03-3200-5195
■15:00~深夜 無休
■8席/全面喫煙可

(Hanako1199号掲載/photo : Shu Yamamoto text : Ayano Sakai)

2.〈シーホース〉/新宿

シーホース 新宿
シーホース 新宿
シーホース 新宿
シーホース 新宿

もともとこの界隈で働いていて、実は大先輩ママから後継者指名を受けたことも。でも当時の私には身に余る大役で…。それならば自分でやってみようかなと独立しました。料理好きなのでフードメニューも充実してます。魯肉飯や炊き込みご飯のおにぎりも好評ですよ。今は席数を減らして再開し、テイクアウトも始めました。感染防止対策も徹底して、アクリルのパーテーションも自作したんですよ。まだまだ新米で、今もトライ&エラーの繰り返しですが、ここは広場みたいな店にしたいなって思ってます。お客さんは程よい距離感で楽しめて、私はそれをニコニコ眺める管理人(笑)。安心して飲みに来てもらいたいですね。

〈シーホース〉
ひとり飲みにもおすすめ。チャージ1,100円、ドリンク600円〜。
■東京都新宿区歌舞伎町1-1-5 新宿ゴールデン街 あかるい花園8番街 流民2F
■03-3204-8326
■18:00〜23:30 土休
■3席/喫煙

(Hanako1187号掲載/photo:Hiromi Kurokawa text:Kumiko Hoshi)

3.〈スナックかめ〉/中野

中野〈スナックかめ〉
中野〈スナックかめ〉
中野〈スナックかめ〉
中野〈スナックかめ〉

スナックは独りで寂しい人も仕事で疲れた人も気軽に立ち寄れる社交の場。お腹いっぱい食べてワイワイおしゃべりして、ほっと息抜きしてもらえたら何よりね。ご要望があれば介助も送迎もしてあげたいくらい!現在、夜の営業はお休み中だけど、大変な時代こそどう生きていくかは自分次第。だから今は「頑張っている人をおいしい手料理で応援しよう」とランチに全力投球してます。マスターとしてはまだまだ新米。これから楽しく歳を重ねながら死ぬまで店を続けていきたいですね。

〈スナックかめ〉
ランチ980円、セット(夜)1,800円~。
■東京都中野区中野3-35-5 2F
■03-6382-5711
■11:00~14:00 火木日休(通常無休)
■12席/全面喫煙可

(Hanako1200号掲載/photo : Shu Yamamoto text : Kumiko Hoshi)

4.〈スナックほくろ〉/荻窪

〈スナックほくろ〉荻窪
〈スナックほくろ〉荻窪
〈スナックほくろ〉荻窪
〈スナックほくろ〉荻窪

店名の由来は体にあるほくろじゃなく、「春蘭」という花の別称です。多年草の高山植物で、踏まれても踏まれても必ず美しい花を咲かせるんです。そんな風に永く続く店にしたいと母が思いを込めました。母が初代ママで私は2代目。人見知りな性格だったのに、子育てとパートの合間を縫って少しずつ店を手伝うようになって。お客様のおかげで一人前に育ちました。ここにはお医者さんも弁護士さんもいろんな方が来られるから、困ったことがあっても誰かに相談すれば親身になってくれますよ。まるでここは「人生のよろず相談所」みたいね。

〈スナックほくろ〉
ママの手作りおつまみも充実。チャージ無料、生ビール600円、ボトル3,500円〜、カラオケ1曲200円。
■東京都杉並区荻窪5-23-6
■03-3393-1498
■18:30〜24:00 日月休
■13席/喫煙

(Hanako1183号掲載/photo:Hiromi Kurokawa text:Kumiko Hoshi)

5.〈Homebar かっし〉/吉祥寺

〈Homebar かっし〉
〈Homebar かっし〉
〈Homebar かっし〉
〈Homebar かっし〉

趣味のオンラインゲーム歴は19年。ゲームの世界で知り合った友達は年代も職業もさまざまで、中学生の子が成人して店に来てくれた時は嬉しかったですね。結局、休みの日も人と触れ合ってばかり。悩みや愚痴を聞いて、人間模様の中にいるのが好きなんです。今は営業時間も限られているけど、ここは家の延長のようにくつろいでほしい場所。早く日常が戻って、笑顔で「おかえり」と言える日を楽しみにしています。

〈Homebar かっし〉
チャージ1,000円(15時~)、ドリンク600円~。
■東京都武蔵野市吉祥寺南町2-4-3 土田ビルB1
■0422-49-0037
■20:00~1:00 日月祝休
■20席/全面喫煙可

(Hanako1195号掲載/photo : Wataru Kitao text : Kumiko Hoshi)

6.〈おみごとスナック 御美娘〉/吉祥寺

〈おみごとスナック 御美娘〉
〈おみごとスナック 御美娘〉
〈おみごとスナック 御美娘〉
〈おみごとスナック 御美娘〉

吉祥寺のハモニカ横丁で日替わり店主をしたり、高円寺で間借りスナックをやっていたこともあり、背中を押されて店を持ちました。壁は全面、自分でピンクに塗って、壁画だけ吉岡里奈さんに描いてもらって、内装も手作り。今は廃れてしまっている秘宝館や昭和のラブホテルなど、お笑いとエロをかけ合わせたようなポップな文化が好きで、そういう雰囲気を少しでも広められないかなとド派手な店内になりました。若い世代はもちろん、ハモニカ横丁時代のおじいおばあも来てくれるので、一緒に交流して楽しめたら嬉しい。ここに来れば面白い人達がいるよね、ってお店を目指せたら。廃れゆく本物の昭和文化も、無くなってしまう前に冒険して体験してほしいです!

〈おみごとスナック 御美娘〉
チャージ無しなのでお気軽に。ドリンク500円均一。カラオケ1曲200円。
■東京都武蔵野市吉祥寺本町1-22-9 柏栄第一ビル 103号室
■0422-27-1700
■20:00〜2:00 不定休
■18席/喫煙

(Hanako1188号掲載/photo:Kaori Oouchi text:Asuka Ochi)

スナック女(男)の人生劇場

logo-snack

恋に仕事に、家族にお金……働き盛りの女性に悩みは尽きません。誰かに聞いてもらいたい、誰かの話しを聞きたい、そんなときは人生の大先輩、街場の大聖母【マドンナ】=スナックママたちから金言をいただこうではありませんか! Hanako編集部が扉を開けて出会ったスナックママ (ときどきマスター) の御言葉を聞いていただきましょう!

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る