top46
2018.08.17

仕事帰りの救世主。 憧れOLは「フードコード」使いが上手い!食の楽しみとが詰まった都内おすすめフードコート4選

今、都内にはフードコートが続々とオープンしています。従来とは違い、ニューヨーク風&駅近が共通点。モーニングから、ランチタイムに気軽なディナーなど、一日を通して楽しめる、その魅力に迫ります!

1.〈FOOD & TIME ISETAN〉/品川

133

アトレ品川に誕生したフードコート〈フード&タイム イセタン〉は、マルシェやグロサリーが複合施設。物販、飲食の区切りを取り払い、本や雑貨で献立を考えつつ、イートインで食事も楽しめる新しいスタイルを提供している。

326

契約農家の有機野菜のほか、新鮮なフルーツが。ただ食事をする場ではなく、質の良い商品と出会う場にもなっている。

226

待ち合わせにも最適の〈ブルーボトルコーヒー〉も。駅から近いので、待ち合わせ場所としても最適!

2.〈NEWoMan FOOD HALL〉/新宿

427

まるで映画館のような出で立ち。デートなどにもぴったりな雰囲気は、従来のフードコートの概念を覆す。

〈沢村〉のカスクルートジャンボン580円
〈沢村〉のカスクルートジャンボン580円

〈ベーカリー&レストラン 沢村〉のほか、オイスターバー、アメリカンダイニング、ビストロ、鮨店など5店舗が軒を連ねている。

3.〈SHINAGAWA DINING TERRACE〉/品川

718

焼きたてピザの〈PIZZA & TAPAS cibo〉のほか、グローサリーやステーキハウスなど気軽に食べられる美味しいお店が充実!近隣住人や働く人々のオアシスにもなっている。

815

〈PIZZA & TAPAS cibo〉は、ピザ1 枚とデリ2 品、ドリンク付きで1,200円。

【リニューアルの為、営業終了】4.〈EBISU FOODHALL〉/恵比寿

911

デリサラダのプレートが人気。コーヒーやベーカリー(8:00~)、バル(16:00~)などの4 つのブースが終日にぎわう。

プレートのデリは全6種類。2品は980円、3品は1,100円
プレートのデリは全6種類。2品は980円、3品は1,100円

(Hanako1123号掲載:photo:Tetsuo Kashiwada, Tomoo Ogawa, Megumi Takei text:Kimiko Yamada, Miki Konno)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る