ホルモン千葉 新宿店 新宿
2021.12.23

人気の味を新宿で。 地方・世界発グルメ店が続々オープン!【新宿】本場の味を楽しめる最新グルメスポット。

最近、世界や地方で人気のグルメが新宿に集まっています。全ての店舗が駅チカに集結しているため、仕事帰りや遊んだ後にもふらっと立ち寄れて便利です。本場の味をぜひ一度お試しあれ!

1.〈ホルモン千葉 新宿店〉

1つで3名分まで焼ける鉄板。
1つで3名分まで焼ける鉄板。
ホルモン千葉 新宿店 新宿
ホルモン千葉 新宿店 新宿
新宿店の外観。
新宿店の外観。
1つで3名分まで焼ける鉄板。
ホルモン千葉 新宿店 新宿
ホルモン千葉 新宿店 新宿
新宿店の外観。

〈ホルモン千葉〉の本店は2004年に京都市下京区に誕生し、現在は京都・東京に3店舗展開中。渋谷店に続き都内2店舗目となる〈ホルモン千葉 新宿店〉は、新宿駅から徒歩約7分、新宿三丁目駅から徒歩約1分の場所に誕生しました。

店内はシンプルに、コの字カウンター席のみ。その中央にいるスタッフさんが肉をすべて丁寧に焼いてくれるので、ゲストは食べることに集中でき、かつ見極めの難しいホルモンの食べ頃を逃しません。

“The 大衆居酒屋”の雰囲気は女性客にも人気。目の前で焼き上がる様子を見ると気分が高揚してきます。

〈ホルモン千葉 新宿店〉
■東京都新宿区新宿3-10-7 鳥松ビル1F
■03-6355-3215
■ 17:00〜23:00(22:00LO)
■木休

(photo&text:riyua jo)

2.〈餃子歩兵 新宿小田急エース店〉

「生姜ぎょうざ」500円。
「生姜ぎょうざ」500円。
「ぎょうざ」500円。
「ぎょうざ」500円。
〈餃子歩兵 新宿小田急エース店〉。
〈餃子歩兵 新宿小田急エース店〉。
〈餃子歩兵 新宿小田急エース店〉。
〈餃子歩兵 新宿小田急エース店〉。
「生姜ぎょうざ」500円。
「ぎょうざ」500円。
〈餃子歩兵 新宿小田急エース店〉。
〈餃子歩兵 新宿小田急エース店〉。

〈ぎょうざ歩兵〉は 2011年、京都の祇園町でわずか6席のカウンターから創業。サクサクした繊細な薄皮&ふんわりとした餡の軽やかな食感、そして舞妓さんや芸子さんでも食べやすい小ぶりサイズの上品な餃子が評判です。

〈餃子歩兵 新宿小田急エース店〉がオープンしたのは、新宿駅の地下街1号 (小田急エース南館)の一角。

ニンニクやニラを一切使わない餃子があるのも、舞妓さんや芸子さんなどの接客に携わる人々や、女性客に好かれる理由。「生姜ぎょうざ」にはニンニク、ニラが一切入っておらず、生姜の香りが口いっぱいに広がるさっぱりした味が特徴です。

〈餃子歩兵 新宿小田急エース店〉
■東京都新宿区西新宿一丁目西口地下街1号(小田急エース南館)
■03-6258-5775
■11:00〜23:00(22:30LO)
■定休日は小田急エース南館に準ずる
■JR新宿駅西口改札・小田急線新宿駅・京王線新宿駅 徒歩1分

(photo&text:riyua jo)

3.〈Giolitti〉

〈Giolitti(ジョリッティ)〉

映画『ローマの休日』でオードリー・ヘプバーン演じるアン王女がスペイン階段で食べたことでも有名な、ローマの老舗ジェラートブランドが、2021年6月に日本初上陸。「ヘーゼルナッツの香ばしさと規格外のなめらかさは圧巻!」(chicoさん)。961円(プレミアムフレーバー有)。

〈Giolitti(ジョリッティ)〉
■東京都新宿区新宿3-38-1 ルミネエスト新宿B1
■03-6380-1343
■11:00~21:00 休みは施設に準ずる

(Hanako1199号掲載/photo : Mina Soma, Satoru Nakano styling : Yumi Suwaki text : Satoko kanai edit : Yuko Watari)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る