〈銀座朝食ラボ〉/銀座7丁目
2021.11.03

さらにパワーアップした銀座クオリティ 今、銀座の朝がおもしろい!【銀座】わざわざ食べに行きたくなる「進化する朝食」。

コロナ禍の今、銀座のお楽しみはランチへと移行中で、憧れの名店も次々と新しい挑戦を実践。こんな時でないと受けられなかったスペシャルなサービスをここでご紹介します。「ランチ」ではないけれど、街のキーワードのひとつが「進化する朝食」。さらにパワーアップした銀座クオリティとは。

ハイレベルなレストランがそろう銀座で、朝食文化が根付き始めている。夜の営業が制限されたことで、朝にシフトし、わざわざ食べに行きたくなる朝食を打ち出す店が続出。〈ホテルミュッセ銀座名鉄〉の〈銀座朝食ラボ〉は小鉢ビュッフェスタイルの朝食を、〈銀座 結絆〉では、料理研究家の山本益博氏が監修した「日本一の朝ごはん」がいただける。どちらもお昼時にも営業しているため、朝昼兼用の食事として贅沢に味わうもよし!

1.〈銀座朝食ラボ〉/銀座7丁目

〈銀座朝食ラボ〉/銀座7丁目

「江戸東京を丸ごと楽しめる」をコンセプトに、東京の厳選食材を中心に使用。小鉢のビュッフェは、鰹節や昆布のだしを効かせた和食から、銀座の洋食店の味わいを再現した洋食など幅広いラインナップ。ライブキッチンで提供されるブランド豚「TOKYO X」のしゃぶしゃぶも人気。2,500円。

〈銀座朝食ラボ〉/銀座7丁目

〈銀座朝食ラボ〉
■東京都中央区銀座7-12-9 ホテルミュッセ銀座名鉄2F
■03-6264-7037
■7:30 ~10:00LO、11:30~14:30LO 無休
■45席

2.〈銀座 結絆(ぎんざゆいな)〉/銀座7丁目

「結絆農園トマト香草コンポート」突き出しは、埼玉県深谷市の自社農園〈結絆農園〉で収穫される3色ミニトマトのコンポート。繊細な味わいに、コースへの期待が高まる一品。
「結絆農園トマト香草コンポート」突き出しは、埼玉県深谷市の自社農園〈結絆農園〉で収穫される3色ミニトマトのコンポート。繊細な味わいに、コースへの期待が高まる一品。
「ご飯の食べ比べ「愛国」「合鴨農法つや姫」」明治時代の三大米のひとつ「愛国」と、約100年後の子孫、山形県産「合鴨農法つや姫」の2種類。生卵や明太子など、ご飯のお供と一緒に。
「ご飯の食べ比べ「愛国」「合鴨農法つや姫」」明治時代の三大米のひとつ「愛国」と、約100年後の子孫、山形県産「合鴨農法つや姫」の2種類。生卵や明太子など、ご飯のお供と一緒に。
「大和蛤の小鍋仕立て」日本古来にルーツを持つ絶滅危惧種「大和蛤」を主役にした椀物。ハマグリの上品な旨みが凝縮し、シンプルな味付けながら滋味深い味わい。
「大和蛤の小鍋仕立て」日本古来にルーツを持つ絶滅危惧種「大和蛤」を主役にした椀物。ハマグリの上品な旨みが凝縮し、シンプルな味付けながら滋味深い味わい。
「結絆農園トマト香草コンポート」突き出しは、埼玉県深谷市の自社農園〈結絆農園〉で収穫される3色ミニトマトのコンポート。繊細な味わいに、コースへの期待が高まる一品。
「ご飯の食べ比べ「愛国」「合鴨農法つや姫」」明治時代の三大米のひとつ「愛国」と、約100年後の子孫、山形県産「合鴨農法つや姫」の2種類。生卵や明太子など、ご飯のお供と一緒に。
「大和蛤の小鍋仕立て」日本古来にルーツを持つ絶滅危惧種「大和蛤」を主役にした椀物。ハマグリの上品な旨みが凝縮し、シンプルな味付けながら滋味深い味わい。

日本のごはんの歴史や文化を深く知れる、全11品の朝食コース。 2種類のご飯の食べ比べがメインのため、コースの序盤に銅釡で炊いたご飯が提供される。まずはそのまま、次に醤油を霧吹きでかけて、そして焼き魚、燻しすき焼きなどの多彩なおかずとともに堪能できる。8,800円。

〈銀座 結絆(ぎんざゆいな)〉/銀座7丁目

〈銀座 結絆(ぎんざゆいな)〉
■東京都中央区銀座7-3-8 HULIC&New GINZA7 6F
03-6264-5356
11:30~13:30LO、16:30~ 18:00LO 土休
39席

(Hanako1201号掲載/photo : Kayoko Aoki, Shu Yamamoto text : Kimiko Yamada)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る