〈tcc GINZA(ティーシーシー ギンザ)の洋食〉/銀座5丁目
2021.10.21

このかたさならではのおいしさ。 【銀座】“しっかり食感“のオムライス5選。クラシカルな銀座らしい一皿。

永遠のランチの定番「オムライス」。具材やソースの種類はさまざまで、中でも卵のやわらかさには大きな特徴が。“しっかり”食感の個性あるオムライスをご紹介します。

1.皿の上で包んで仕上げる、硬派な一皿。〈西洋料理 三笠會館(せいようりょうり みかさかいかん)〉/銀座4丁目

〈西洋料理 三笠會館(せいようりょうり みかさかいかん)〉/銀座4丁目
〈たいめいけん〉/三越前
〈西洋料理 三笠會館(せいようりょうり みかさかいかん)〉/銀座4丁目
〈たいめいけん〉/三越前

しっとりとしたチキンライスを包むのは、コンベクションオーブンで蒸し焼きにした厚みのある卵。卵焼きのような食べ応えと両端が開いた独特のフォルムは、このかたさならでは。2,200円。

〈西洋料理 三笠會館(せいようりょうり みかさかいかん)〉
■東京都中央区銀座4-6-16 銀座三越11F
■03-6263-2745
■11:00~20:00(19:00LO)休みは施設に準ずる
■40席

2.トリュフが主役の、創作オムライス。〈GRAMERCY TABLE(グラマシー テーブル)〉/銀座5丁目

〈GRAMERCY TABLE(グラマシー テーブル)〉/銀座5丁目
〈GRAMERCY TABLE(グラマシー テーブル)〉/銀座5丁目
〈GRAMERCY TABLE(グラマシー テーブル)〉/銀座5丁目
〈GRAMERCY TABLE(グラマシー テーブル)〉/銀座5丁目

路地裏に佇む小さなビストロで提供されるのは、黒トリュフを丸ごと2個使用した個性あふれる一皿。オリーブオイルと塩で味をととのえ、仕上げにもトリュフのスライスがふんだんに。1日5食限定。2,000円。

〈GRAMERCY TABLE(グラマシー テーブル)〉
■東京都中央区銀座5-9-5
■03-6228-5537
■11:30~14:00LO、18:00~22:30LO 日休
■20席

3.銀座スタイルの、クラシックなもてなしを。〈tcc GINZA(ティーシーシー ギンザ)の洋食〉/銀座5丁目

〈tcc GINZA(ティーシーシー ギンザ)の洋食〉/銀座5丁目
〈tcc GINZA(ティーシーシー ギンザ)の洋食〉/銀座5丁目
〈tcc GINZA(ティーシーシー ギンザ)の洋食〉/銀座5丁目
〈tcc GINZA(ティーシーシー ギンザ)の洋食〉/銀座5丁目

華やかな店内でいただくオムライスは、つるんと焼かれた卵の黄色とトマトソースのえんじ色が絵になる、見た目も美しい一皿。スタンドに盛られたマッシュポテトやピクルスも美味。1,760円。

〈tcc GINZA(ティーシーシー ギンザ)の洋食〉
■東京都中央区銀座5-9-1 3F
■03-6274-6003
■11:30~14:00LO、17:30~21:00LO 無休
■68席

4.ナイフで開く! とろけだすオムライス。〈たいめいけん〉/三越前

「ハムオムライス」(1,700円)
「ハムオムライス」(1,700円)
〈たいめいけん〉/三越前
「タンポポオムライス」(1,950円)
「タンポポオムライス」(1,950円)
〈たいめいけん〉/三越前
「ハムオムライス」(1,700円)
〈たいめいけん〉/三越前
「タンポポオムライス」(1,950円)
〈たいめいけん〉/三越前

中央にのった卵がぷるぷると揺れながら登場する「タンポポオムライス」(1,950円)は、映画『タンポポ』のために生み出した、お店の看板メニュー。ナイフを入れて、オムレツを開きながらいただく。ほかにも、定番の「ハムオムライス」(1,700円)をはじめ、海老や牛肉をメインとしたラインナップも充実。

〈たいめいけん〉
■東京都中央区日本橋室町1-8-6 1F
■03-3271-2463
■11:00~20:00(19:30LO、日祝19:00LO)月休
■34席

5.巻かずに混ぜる?半熟タイプのオムライス。〈にっぽんの洋食 新川津々井(しんかわ つつい)〉/茅場町

「ハムオムライス」(1,480円)
「ハムオムライス」(1,480円)
〈にっぽんの洋食 新川津々井(しんかわ つつい)〉/茅場町
「トロトロオムライス(ハム)」(1,950円)
「トロトロオムライス(ハム)」(1,950円)
〈にっぽんの洋食 新川津々井(しんかわ つつい)〉/茅場町
「ハムオムライス」(1,480円)
〈にっぽんの洋食 新川津々井(しんかわ つつい)〉/茅場町
「トロトロオムライス(ハム)」(1,950円)
〈にっぽんの洋食 新川津々井(しんかわ つつい)〉/茅場町

卵とケチャップライスを混ぜ合わせて焼き上げる「トロトロオムライス(ハム)」(1,950円)は、常連だった年配のご婦人のために考案したオリジナルのメニュー。“卵かけご飯”のような、やわらかな食感が新鮮。ハムライスを卵で巻いた「ハムオムライス」(1,480円)とともに、お店のアイコンとして人を集める。

〈にっぽんの洋食 新川津々井(しんかわ つつい)〉
■東京都中央区新川1-7-11
■03-3551-4759
■11:00~13:30LO(土~13:00LO)日祝休
■36席

(Hanako1201号掲載/photo : Hiromi Kurokawa text : Yuya Uemura)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る