真ん中のガトーを割るとムースがとろ〜り
2021.10.07

最高のスイーツを探して。 まるでアート!【大銀座】五感で楽しむ美しいスイーツ6選

バラエティがより豊かになり、さまざまなジャンルで大きく進化を遂げている大銀座エリアのランチ。同じく、街の魅力のいち要素である「スイーツ」だって、一層華やかに盛り上がっています。ここからはそんな大銀座のスイーツの情報をお届け。バラエティがより豊かになり、さまざまなジャンルで大きく進化を遂げている大銀座エリアのランチ。同じく、街の魅力のいち要素である「スイーツ」だって、一層華やかに盛り上がっています。ここからはそんな大銀座のスイーツの情報をお届け。

1.五感で楽しむアートスイーツ。〈Jotaro Saito Café ginza six(ジョウタロウ サイトウ カフェ ギンザ シックス)〉の赤ぶどうのジュエリーデザート/銀座6丁目

きらめくゼリーが店内の内装とも相性バッチリ
きらめくゼリーが店内の内装とも相性バッチリ

こっくりとしたマスカルポーネクリームの中で、贅沢に使われたぶどうのみずみずしさが際立つ一品。食べ進めていくと、濃厚なクリームと鼻を抜けるレモンアイスとメロンゼリーの爽やかな香りとの化学変化を楽しむことができる。1,980円。

〈Jotaro Saito Café ginza six(ジョウタロウ サイトウ カフェ ギンザ シックス)〉
■東京都中央区銀座6-10-1 GINZASIX 4F
■03-6263-9961
■10:30~20:30 不定休
■26席

2.手間を惜しまず追求したハイクオリティ。〈QUEUX salon des desserts(クー・サロン ドゥ デセール)〉のイチジクのパフェ/茅場町

クルミ入りのクランブルがザクザク楽しくておいしい
クルミ入りのクランブルがザクザク楽しくておいしい

構成する10パーツは、ドライフルーツからバニラクリームまで全てがシェフのお手製。旬のフルーツのポテンシャルを存分に生かした贅沢パフェはドリンクとセットで4,800円。訪れる際は公式HPから予約必須。

〈QUEUX salon des desserts(クー・サロン ドゥ デセール)〉
■東京都中央区日本橋茅場町2-5-5 SK茅場町ビル1F土
■12:00~19:00、日11:00~17:00月~金休
■24席

3.進化したマロンパフェで秋を味わう。〈ピエール マルコリーニ 銀座店〉のマロンジャンドゥーヤ/銀座5丁目

チョコ×ジャンドゥーヤの最強コンビにオレンジのアクセント
チョコ×ジャンドゥーヤの最強コンビにオレンジのアクセント

ヘーゼルナッツがアクセントのジャンドゥーヤアイスは今年初の試み。食感の組み合わせを考え採用したという蒸し栗や、オレンジソースも今回のポイント。例年にも増してこだわり深いパフェが食べられるのは11月末まで。1,650円。

〈ピエール マルコリーニ 銀座店〉
■東京都中央区銀座5-5-8
■03-5537-0015
■11:00~20:00(日祝~18:00)年末年始休
■40席

4.目の前で仕上げるデセールの贅沢コース。〈パティスリーパロラ〉のレモンケーキ/日比谷

レモンの中からレモンゼリー!
レモンの中からレモンゼリー!

フランスのブルターニュ地方出身のアレクシ・パロラさんのスイーツはどれもドラマティック。表面をホワイトチョコレートで仕上げたスペシャリテは神奈川県産レモン使用。3種類のデセールをペアリングで楽しむプレート・デセール・コース3,080円。

〈パティスリーパロラ〉
■東京都千代田区内幸町1-7-1
■03-6807-5622
■11:30~22:00(21:00LO)無休
■10席

5.ほのかに日本酒が香る大人の味。〈Beauty Connection Ginza Fruits Salon(ビューティー コネクション ギンザ フルーツ サロン)〉のプレミアムメロンパフェ/銀座7丁目

大きい!だけど繊細!建築的で美しい
大きい!だけど繊細!建築的で美しい

通常の2倍以上という大きなパフェグラスに華やかに盛られた豪華なパフェ。サクサクしたメレンゲ、ジュレ、メロンの果実やメロンソルベといった異なる食感はもちろん、所々に表れる酒粕や日本酒の風味が最後まで飽きさせない。1日限定10食、4,400円。

〈Beauty Connection Ginza Fruits Salon(ビューティー コネクション ギンザ フルーツ サロン)〉
■東京都中央区銀座7-9-15 2F
■03-6263-8392
■11:00~20:00 火休
■42席

6.芸術的なスイーツに思わずうっとり。〈ボンボヌール〉のセバスチャン・ブイエ スペシャル/銀座4丁目

真ん中のガトーを割るとムースがとろ〜り
真ん中のガトーを割るとムースがとろ〜り

オブジェのようなガトーが目を引く一皿は、最後の仕上げで雰囲気が一変。冷やされたシャーベットから雲海の如く広がる煙が幻想的な雰囲気に。10月からはりんごの「ポムダムール」がスタート。写真は夏季限定の「ペーシュメルバ」2,200円。

〈ボンボヌール〉
■東京都中央区銀座4-6-16 銀座三越4F
■03-6264-4773
■10:00~20:00 休みは施設に準ずる
■48席

(Hanako1201号掲載/photo : TOKI styling : Mayu Takahashi props : Akihiro Yamaya hair & make : Yunn (WHERE) model : Hanano Momose supervisor : chico text : Ayako Nozawa (FIUME Inc.) edit : Rio Hirai (FIUME Inc.))

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る