タルトはグラスを逆さまにしたショーケースの中に1個ずつきれいに収まっている。
2021.10.03

軽井沢に行ったら、訪ねてみたい一軒。 【軽井沢】小さなタルト屋さん〈tarte K〉がオープン。季節の地元フルーツを、タルトに詰め込んで。

話題の新店が次々オープンする軽井沢にお目見えした小さなタルト屋さん。地元のフルーツをふんだんに使った季節感あふれるタルトが人気です。9月17日(金)発売Hanako特別編集『ケーキ、焼き菓子、おやつを買いに。』よりお届け。

小さなタルトの中に軽井沢のおいしい秘密が。

タルトはグラスを逆さまにしたショーケースの中に1個ずつきれいに収まっている。
タルトはグラスを逆さまにしたショーケースの中に1個ずつきれいに収まっている。

軽井沢本通りに、2020年9月に誕生した〈tarte K〉。小さなガラスの器(グラスを逆さまにした形)の中に、タルトが1個ずつ、かわいらしく収まっている。季節によってラインナップは変わるが、あんず、梅、花豆、ルバーブ、クルミや小布施(おぶせ)の栗、山ブドウや山のキウイ・サルナシなど、フルーツ王国・長野ならではのフレッシュな果実を用いているのが特徴だ。

「タルト・オ・ヴァン・キュイ」560円。小諸で80年続く松澤農園の古木のりんごジュースをじっくり煮詰めた「レジネ」がベース。
「タルト・オ・ヴァン・キュイ」560円。小諸で80年続く松澤農園の古木のりんごジュースをじっくり煮詰めた「レジネ」がベース。
「梅のタルト」650円。黄色く熟すまでおいて収穫した梅をジャムにして、アーモンドクリームと。花はペンタス。
「梅のタルト」650円。黄色く熟すまでおいて収穫した梅をジャムにして、アーモンドクリームと。花はペンタス。
「ルバーブのタルト」580円。長野県は諏訪郡富士見町のルバーブをたっぷり詰め込んだタルト。甘酸っぱくておいしい。
「ルバーブのタルト」580円。長野県は諏訪郡富士見町のルバーブをたっぷり詰め込んだタルト。甘酸っぱくておいしい。
「甘夏のタルト」620円。あふれんばかりの甘夏の実とマーマレードを涼しげなジュレでまとめて。短い旬を楽しむ。
「甘夏のタルト」620円。あふれんばかりの甘夏の実とマーマレードを涼しげなジュレでまとめて。短い旬を楽しむ。
「タルト・オ・ヴァン・キュイ」560円。小諸で80年続く松澤農園の古木のりんごジュースをじっくり煮詰めた「レジネ」がベース。
「梅のタルト」650円。黄色く熟すまでおいて収穫した梅をジャムにして、アーモンドクリームと。花はペンタス。
「ルバーブのタルト」580円。長野県は諏訪郡富士見町のルバーブをたっぷり詰め込んだタルト。甘酸っぱくておいしい。
「甘夏のタルト」620円。あふれんばかりの甘夏の実とマーマレードを涼しげなジュレでまとめて。短い旬を楽しむ。

マダムの浜田晃子(はまだあきこ)さんのイチ推しは「タルト・オ・ヴァン・キュイ」。ちょっと覚えにくい名前だが、この店のスペシャリテだ。「スイス南西部の伝統菓子なのですが、その奥深い、やさしい味わいに感動し、パリにお住まいのスイス人の方に作り方を教わったものです」。ヴァン・キュイとは、煮詰めたワインの意。スイスではワインを使わず、りんごや洋梨のすりおろしを丁寧に裏漉ししてジュースを作り、数日かけてゆっくり煮詰めた「レジネ」と呼ばれるものを用いるそう。

マダムの浜田晃子さん。実は、〈星のや東京〉の浜田統之シェフの妻。キッチンと往き来しながら、接客に忙しい。
マダムの浜田晃子さん。実は、〈星のや東京〉の浜田統之シェフの妻。キッチンと往き来しながら、接客に忙しい。

ここ〈tarte K〉では、地元・小諸の農園の40〜50年の古木の紅玉をすりおろしてジュースにし、それを十分の一まで煮詰めたレジネを用いてフィリングを作り、タルトに仕上げている。手のかかる作業だが、「もっといい味を」と日々努力を欠かさない。小麦粉の風味が生きたタルト生地の香ばしい味わいと、香りがよく口どけのよい、とろりとしたクリームの名コンビは、小さくても食べごたえあり。お店を作る際に、マダムが一番に考えたのは、「お子さんからご年配の方まで、安心して食べられるお菓子を提供したい」ということだった。

りんごの生産者、松澤農園のみなさんの記念写真。いい感じだ。
りんごの生産者、松澤農園のみなさんの記念写真。いい感じだ。
店内は、パリの〈ラデュレ〉をイメージして造られた。古い家具を上手に配し、落ち着いた空間になっている。
店内は、パリの〈ラデュレ〉をイメージして造られた。古い家具を上手に配し、落ち着いた空間になっている。
りんごの生産者、松澤農園のみなさんの記念写真。いい感じだ。
店内は、パリの〈ラデュレ〉をイメージして造られた。古い家具を上手に配し、落ち着いた空間になっている。

りんごは開園以来、除草剤、化学肥料不使用の農園のもの、小麦は長野県産のユメセイキ、バターは厳選の発酵バター、砂糖は白砂糖ではなく粗製糖を用いるなど、体によい素材のみを用いている。小さな、ほんとうに小さな店ゆえ、一度に入れるのは一組のみだが、待つ価値あり。奥にある厨房で、次々とタルトができていく様子もちらりと見ることができる。軽井沢に行ったら、訪ねてみたい一軒である。

〈tarte K(タルト ケイ)〉

〈tarte K(タルト ケイ)〉

タルトは8種ほど。チーズケーキなどの焼菓子やジャムも。予約不可。
■長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢480-7
■0267-31-5484
■11:30~売り切れ次第終了 水日休、ほか不定休あり
※詳細はインスタグラム(@karuizawa_tarte_k)で。

(Hanako特別編集『ケーキ、焼き菓子、おやつを買いに。』掲載/photo : Norio Kidera text : Michiko Watanabe)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る