〈ふくしまみらいチャレンジプロジェクト〉
2021.09.05

取り寄せて支援&備えを整える。 【全国】お取り寄せしたい常備食4選。普段から食べたくなるほどの美味しさ。

旅や外食の機会がぐっと減ったからこそ、自宅にいながらにしてできる“楽しい支援”は大事なアクション。被災者の声が生かされる常備食、買うことで支援になるお取り寄せ…など、ストーリーのあるアイテムをセレクトしていただきました。今回は、常備食をご紹介いたします。

1.普段から食べたくなるリッチさたっぷりの一品。〈熊本製粉〉の「くまもとの未来クッキー」

〈熊本製粉〉

熊本の製粉メーカーが開発した、初の防災商品。熊本県産の小麦「ミナミノカオリ」を使ったクッキーは、いわゆる「防災用」ということを忘れるおいしさ。「サクッと軽く、最後はホロリとする口当たりがクセになる。バニラの風味も高く、贅沢感のあるおやつです。まとめ買いして、ちょっとしたときにつまむのもおすすめ」(池田祐美子さん)。賞味期限3年。120g 3缶入り2,430円。

2.普段からアレンジしてお酒に合わせたくなる!〈ふくしまみらいチャレンジプロジェクト〉の「ふくしまの常備食シリーズ」各種

〈ふくしまみらいチャレンジプロジェクト〉

福島県の事業者マッチングを支援する〈ふくしまみらいチャレンジプロジェクト〉で誕生。川俣シャモ等の名産品、凍み餅に代表される伝統食など、福島の豊かな食文化を常備食にアレンジ。「まずパッケージのかわいさが秀逸。普段から食べたくなるものばかりです」(池田さん)。左から、いわなのアヒージョ1,060円、川俣シャモのゴロっと煮込み540円、エゴマ豚みそ670円、凍み餅(4個入り)700円。

3.常温でもおいしい、体にいい常備食。〈potayu(ぽたーゆ)〉の「野菜を食べる玄米おかゆ」各種

〈potayu(ぽたーゆ)〉

URL熊本地震の被災者にヒアリングを行い、避難生活での野菜不足、栄養の偏りなどを考慮して生まれた常備食。国産玄米を使用し、無添加調理で作られるおかゆは、野菜のうまみが凝縮されている。「トマトやカボチャの甘味がしっかり感じられるのがまずうれしい。常温でも十分おいしいので、非常時にこそ役立てたい一品」(池田さん)。potayu corn、potayu pumpkin、potayu tomato各1袋378円。

4.数カ月に一度、宮城県産材料のカレーが登場。〈NISHIKIYA KITCHEN(ニシキヤキッチン)〉のレトルトカレー

〈NISHIKIYA KITCHEN(ニシキヤキッチン)〉

宮城県岩沼市に本社を置くレトルト食品メーカーが手掛ける商品。定番の「レモンクリームチキンカレー」(右、400円)などのほか、左の「デリシャストマトのキーマカレー」(数量限定、500円)のように、数カ月に一度、宮城県産食材を使ったシリーズも登場。「そのレトルトへの熱く真面目な姿勢にファン歴十余年。特にカレーのたゆまぬ進化に今後も目が離せません」(藤森陽子さん)

Navigators

・藤森陽子(ふじもり・ようこ)/ライター、エディター。『Hanako』や『BRUTUS』をはじめとする雑誌、Webで活躍。スイーツはもちろん、コーヒーやレストラン、酒場、ホテル、台湾等のジャンルで多くの取材を手掛ける。

・池田祐美子(いけだ・ゆみこ)/ライター。『Hanako』『Casa BRUTUS』などで執筆。グルメ、旅などのジャンルに精通し、アンテナショップ、地方のお取り寄せ、ご当地スーパー情報などもチェックを欠かさない。

(Hanako1200号掲載/illustration : naohiga photo : Wataru Kitao text : Ikuko Hyodo)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る