〈ピエール マルコリーニ 銀座店〉
2021.08.18

8月末までのスイーツも。 【2021年】夏限定の贅沢スイーツ&ドリンク8選。味わえるのは、今の時期だけ!

どんなに暑い日でも食べたくなるのが贅沢スイーツ。今回は、2021年夏季限定の今しか味わえない贅沢スイーツをご紹介します。

1.〈ピエール マルコリーニ 銀座店〉のクリームソーダ フロート ~ショコラブラン~/銀座

〈ピエール マルコリーニ 銀座店〉

夏限定で販売されているのがこちらのクリームソーダフロート。レトロでキュートな見た目ながらメロンの本格的な風味を表現。そしてなにより注目なのが、アイスクリームがホワイトチョコレート仕立てということ。「こくまろホワイトチョコアイスが浮かぶ、ショコラトリーらしい一杯に仕上がっている」(chicoさん)。990円。

〈ピエール マルコリーニ 銀座店〉
■東京都中央区銀座5-5-8
■03-5537-0015
■11:00~19:00(18:30LO)年末年始休
■40席

(Hanako1199号掲載/photo : Satoru Nakano text & edit : Yuko Watari)

2.〈やさい家めい〉の北海道山川農園の山川わさびとメロンのかき氷/表参道

表参道ヒルズ かき氷

契約農家さんから届く新鮮な野菜が、いつでもたっぷりといただけるレストラン〈やさい家めい〉からは、メロンをそのまま食べているようなかき氷が登場!
贅沢にも半分にカットしたメロンの上に、氷、カットメロン、氷、メロン果汁、氷…と重ねていく、メロン好きにはたまらない一皿。

〈表参道ヒルズ〉
■東京都渋谷区神宮前4-12-10
■03-3497-0310
■11:00〜20:00
■不定休
 
※「Granita alla mandorla」、「北海道山川農園の山川わさびとメロンのかき氷」ともに8月31日(火)までの限定メニュー。
※新型コロナウイルス感染拡大の状況により、営業時間およびラストオーダーの時間が変更になる場合あり。詳しくは表参道ヒルズホームページの確認を。

(photo&text:Ai Yamashita)

3.〈AKOMEYA食堂〉の大人のかき氷/神楽坂・渋谷

AKOMEYA TOKYO

「大人のかき氷」は、〈AKOMEYA食堂〉の2店舗で9月27日(月)までの限定販売。普通のかき氷に飽きた人、甘すぎるシロップが苦手な人でも十二分に楽しめるので、ぜひ店舗で味わってみてください!

〈AKOMEYA食堂 神楽坂〉
■東京都新宿区矢来町67
■03-5946-8243
■11:00〜19:30LO ※リキュール提供は19:00まで

〈AKOMEYA食堂 東急プラザ渋谷〉
■東京都渋谷区道玄坂1-2-3 東急プラザ渋谷2F
■03-5422-3592
■11:00〜19:30LO ※リキュール提供は19:00まで

(photo&text:Chiharu Kubota)

4.〈黒澤文庫〉のこおり水/日本橋

「あずき白玉こおり」825円。
「あずき白玉こおり」825円。

〈黒澤文庫〉は、宮城県仙台市にある〈青山文庫〉と秋田県秋田市の〈赤居文庫〉の3号店です。〈黒澤文庫〉がオープンしたのは、日本橋高島屋S.C.新館の中。お店に足を踏み入れる前からレトロとスタイリッシュが組み合わさった独特の雰囲気にワクワクしてしまいます。こちらでは、秋田の夏の風物詩として知られる「こおり水」が夏の限定メニューとして用意されるなど、バラエティ豊かなメニューが揃います。

〈黒澤文庫〉
■東京都中央区日本橋2-5-1 日本橋高島屋S.C. 新館 4F
■03-6225-2560
■10:30~20:00(19:30LO)
■休は日本橋高島屋S.C. 休館日に準ずる

(photo&text:Saori Nozaki)

5.〈PUFFZ 渋谷店(パフズ)〉のシューアイス/渋谷

〈PUFFZ 渋谷店(パフズ)〉

ザクザクと香ばしいシューにバニラクリームがみっちり入ったシュークリームが人気のベイクブランド〈PUFFZ〉。夏限定の新作は、ハンドクラフトアイスクリームブランド〈HANDEL SVÄGEN〉のピュアなミルクアイスとマダガスカルの「アグロフォレストリバニラ」との出会いから生まれた贅沢なシューアイス。

〈PUFFZ 渋谷店(パフズ)〉
バニラが甘く香り立つ、マダガスカルバニラのシューアイス630円。「FARMERTOYOU」のロゴ入りパッケージで。イートインのみ、8月31日(火)まで販売。
■東京都渋谷区渋谷2-23-16 東口地下広場 B2
■03-6324-2739
■7:00~19:30LO 不定休
■44席

(Hanako1199号掲載/photo : Kiichi Fukuda, Miyu Yasuda text : Yoko Fujimori)

6.〈レストラン 1899 お茶の水〉のモモ茶パフェ/お茶の水

17層もある贅沢なパフェは自分ご褒美にもピッタリ。
17層もある贅沢なパフェは自分ご褒美にもピッタリ。

フレッシュな桃とほうじ茶をメインとした、夏季限定の「桃とほうじ茶の夏色パフェ」(1,700円)は、白桃やモモのピューレ、ピーチティーのジュレ、ほうじ茶のプリンやほうじ茶のアイスなどの旬の食材や和の食材を使用。日本食の職人が各層のバランスを考慮し、17種の食材たちをグラスに一点一点丁寧に重ねています。

〈レストラン 1899 お茶の水〉
■東京都千代田区神田駿河台3-4
■03-3251-1150
■~8月31日(火)
■カフェ 14:00~16:30 (16:00LO)
※新型コロナウイルス感染症拡大対策のためランチ・カフェの最大利用時間が90分までとなります。

(photo&text:Yu Hazuki)

7.〈dessert cafe HACHIDORI(デザート カフェ ハチドリ)〉のルイボスティーのあんみつパフェ/神奈川

〈dessert cafe HACHIDORI(デザート カフェ ハチドリ)〉

〈dessert cafe HACHIDORI〉から夏限定で登場したのは、金魚が優雅に泳ぐかのようなパフェ。夏なので見た目から涼んでほしいという思いから誕生したのだとか。白玉やスイカ、抹茶のアイスなど和風の素材で作られている。「枯山水を見るような美しさ。紫芋、黒豆、ルイボスティーなど複雑な味わいのレイヤードも完璧」(藤森さん)。1,680円。

〈dessert cafe HACHIDORI(デザート カフェ ハチドリ)〉
■神奈川県逗子市逗子5-5-10
■046-870-1320
■11:00~17:00※売り切れ次第終了 火水休
■9席

(Hanako1199号掲載/photo : Satoru Nakano text & edit : Yuko Watari)

8.〈ウェスティンホテル東京〉のシトラスバターサンド/恵比寿

〈ウェスティンホテル東京〉

カスタードソースとバターを贅沢に使ったホテルメイドのバターサンドから夏限定フレーバーが登場。こちらはレモンやオレンジのピールを使い、グランマルニエで香り高く仕上げた、お酒のお供にも相応しい大人風味のスイーツ。「柑橘類のピールと洋酒の爽やかなビター感に惹かれます」(chicoさん)。4本入り1,550円。

〈ウェスティンホテル東京〉
■東京都目黒区三田1-4-1
■03-5423-7778
■10:00~20:00(ウェスティンデリ)無休

(Hanako1199号掲載/photo : MEGUMI, Wataru Kitao, Miyu Yasuda, Noriko Yoshimura, Michi Murakami, Kenya Abe styling : Momoko Miyata text : Kimiko Yamada, Mako Yamato)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る