〈REICACAO(レイカカオ)〉
2021.08.16

見た目もキュートなカカオ弁当も。 【2021年】注目のサステナブルスイーツ4選。“至福のおやつ”が環境保護を知るきっかけに。

SDGsやサステナブルへの関心が急速に高まりつつある2021年。プラントベースのお菓子も注目され、環境への配慮とおいしさ&楽しさを両立するスイーツが増えていることこそ、今年らしさ。

1.〈LIFULL Table(ライフルテーブル)〉のエコレート・カレ/麹町

〈LIFULL Table(ライフルテーブル)〉

チョコレート業界でカカオマス以外の70%の素材が廃棄されるカカオの現状に対し、廃材を活かしたカカオスイーツとして今年4月に誕生。〈ティエリー・マルクス〉などで活躍した江藤英樹シェフの「エコレートカレ」は、カカオ豆の殻、枝、葉を使用。2,200円。ほかにカカオの殻を33%使った上妻正治シェフの「エコレートタブレット」1,760円も。「カカオマス不使用とは思えないカカオ感!」(chicoさん)。オンラインで販売。

2.〈2foods(トゥーフーズ)渋谷ロフト店〉のごろごろメロンドーナツサンド/渋谷

〈2foods(トゥーフーズ)渋谷ロフト店〉

動物性原料不使用のプラントベースフードの専門店として、今年4月にオープン。ジャンクな刺激とヘルシーさの両立をテーマに、アイテムも実にカラフル。「甘みも満足度もしっかり。エシカルスイーツに“やんちゃな食いしん坊感”をプラスした新世代」(藤森さん)。ごろごろメロンドーナツサンド734円、2層のやみつきヴィーガンプリン各410円。

〈2foods(トゥーフーズ)渋谷ロフト店〉
■東京都渋谷区宇田川町21-1 渋谷ロフト2F
■03-6416-4025
■11:00~19:00LO 無休

3.〈REICACAO(レイカカオ)〉のカカオ弁当/渋谷

〈REICACAO(レイカカオ)〉

「循環するチョコレート」をテーマに、今年6月に登場したブランド。「売上げの一部が生産地に寄付され、苗木の購入をサポートする取り組みも」(平岩さん)。フェアトレードの有機カカオを使用。ライスパフとボンボンショコラでご飯と梅干しを模した「カカオ弁当」2,700円など、ウィットに富んだデザインも魅力。「ガトーカカオ」5種1,296円。

〈REICACAO(レイカカオ)〉
■東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷東急フードショー1F
■03-6416-0451
■11:00~20:00 不定休

4.〈BIOKURA(ビオクラ)〉のヴィーガンケーキ/山梨

〈BIOKURA(ビオクラ)〉

植物由来のスイーツを真摯な手作りで届けるブランド。とくにヴィーガンケーキの人気は高く、今年6月には豆乳クリームやレモンの皮などでチーズ感を表現したレアチーズケーキが登場。「素材に配慮し、新作のチーズケーキも定番もすべておいしい」(下井さん)。手前から、レアチーズケーキ3,456円~、クレーム・タルト・オ・シトロン2,916円~、4種の木の実のアーモンドクリームタルト2,916円~(各ホール)。オンラインで販売。

“スイーツエキスパート”な21人の審査員。

“スイーツエキスパート”な21人の審査員。
“スイーツエキスパート”な21人の審査員。
“スイーツエキスパート”な21人の審査員。
“スイーツエキスパート”な21人の審査員。
“スイーツエキスパート”な21人の審査員。
“スイーツエキスパート”な21人の審査員。

※順不同、敬称略

(Hanako1199号掲載/photo : Kiichi Fukuda, Miyu Yasuda text : Yoko Fujimori)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る