「たろうのようかん」302円〜
2021.08.31

食べ切りサイズがちょうどいい。 “プチサイズ”で食べやすい「おしゃれ羊羹」。思わずパケ買いしたくなる可愛さ!

日本が誇る伝統的和菓子・羊羹。最近ではサイズが小さくなり、食べやすくなっているものも…!小分けになっているので、ちょっとした手土産にも便利です。

1.〈茶菓工房たろう〉の「たろうのようかん」

「たろうのようかん」302円〜
「たろうのようかん」302円〜

〈茶菓工房たろう〉は最近注目している和菓子屋さん。乙女心をくすぐるセンスの良い、可愛らしい和菓子が豊富なのです!そんなお店の「たろうようかん」は「カカオチョコ」「ホワイトチョコ」「あずき」「こいちゃ」「ピーナツバター」の5種。和洋折衷の進化系ようかんは老若男女に好まれるお品。小包装になっているのでプチギフトやお土産にも最適ですよ〜!

(photo,text : Reika Yasuhara)

2.〈TORAYA TOKYO〉の「小形羊羹」

〈TORAYA TOKYO〉の「小形羊羹」

東京ステーションホテル2階〈トラヤ トウキョウ〉で買える「夜の梅」限定パッケージは、まさに粋な東京土産と呼ぶにふさわしい和菓子。箱にはパリの画家、P・ワイズベッカー氏による東京駅丸の内駅舎のイラストが描かれ、オレンジの紙袋も上品な存在感を放つ。老舗和菓子屋である〈とらや〉を代表する小倉羊羹「夜の梅」は、切り口の小豆を夜の闇に咲く梅に見立てて名付けられたという、情緒あふれる逸話も覚えておきたい。

(Hanako1153号掲載/photo : Jun Fujiwara text : Satoko Muroga)

3.〈先斗町駿河屋〉の「竹露」

〈先斗町駿河屋〉の「竹露」

花街・先斗町で創業110余年を数える〈先斗町駿河屋〉の看板「竹露」。京都では夏の銘菓として竹入り水羊羹が親しまれているが、中でもこちらは品よく、丹精。瑞々しい青竹に流し込んだ水羊羹は、同梱のキリで竹をちょんと突けば顔を出す。竹の香りとともに小豆の風味が広がり、甘さはスッと消えていく。夏の涼を体現した名品。

(Hanako1137号掲載:photo : Shin-ichi Yokoyama, Kanako Nakamura, Yuko Moriyama, Jun Kato styling : chizu cooking : Yoshie Matsuno, Eriko Ohtsuka, Etsuko Fukumura text : Ai Sakamoto, Emi Suzuki, Kimiko Yamada, Mutsumi Hidaka, Yoko Fujimori)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る