〈岡田謹製あんバタ屋〉の「あんバタパン」
2021.08.18

今季最注目のスイーツトピック! 【東京駅エリア】お土産に買うべき濃厚バタースイーツ4選。人気店が手がける「あんバタ専門店」も。

今年、スイーツ界に新たな旋風を巻き起こした「バタースイーツ」。その影響で東京駅にも気になるバタースイーツが続々と登場。リッチな味わいでお土産としてもおすすめです。

1.〈岡田謹製あんバタ屋〉の「あんバタパン」

〈岡田謹製あんバタ屋〉の「あんバタパン」

私の最近のおすすめは〈岡田謹製あんバタ屋〉の「あんバタパン」。北海道スイーツで有名な〈ルタオ〉が手掛けているあんバタースイーツ専門店です。レトロなパッケージも可愛いですよね〜!「あんバタパン」の他にも「あんバタフィナンシェ」や「あんバタロール」など、いままでにはなかったあんバタースイーツが楽しめるので要チェックです。

〈岡田謹製 あんバタ屋 東京ギフトパレット店〉
■東京都千代田区丸の内1丁目9-1 東京駅八重洲北口

(photo,text : Reika Yasuhara)

2.〈ソールズ ゴーフレット〉のゴ―フレット

バターゴーフレット専門店 SOLES GAUFRETTE_商品画像_バターゴーフレット

フランス生まれのゴーフルを、日本人の好みに合わせ軽やかな味わいに昇華。発酵バターを使用した、芳醇な香りともっちりとしながら歯切れのよい独特の生地が特徴です。シャリシャリ食感のバタークリームと濃厚なバニラジャムがサンドされています。

(photo,text:Sumire Hanamura)

3.〈BUTTER STATE's〉の「バターステイツ」

東京 BUTTER STATE's

〈BUTTER STATE's〉の看板商品は、ブランド名を冠したクッキー「バターステイツ」です。一般的なラングドシャなどはバターが25%ほど含まれるのに対して、「バターステイツ」は37%がバターと、これまで例がないほどバターが含まれています。「バターステイツケーキ」は、バターに白あんを練り込んで、アーモンドのクリームと一緒に焼き上げています。しっとりとした柔らかさとやさしい甘さが特徴のソフトケーキです。

〈BUTTER STATE's〉
公式サイト
オンラインショップ

(photo&text:Saori Nozaki)

4.〈HIGASHIYA man 丸の内〉の「棗バター」

丸の内 HIGASHIYA man

手作業で厳選した棗椰子(デーツ)で発酵バターを挟み、香ばしいクルミをのせた一品。シンプルながらひとつずつ大切に食べたくなる大人の贅沢菓子。

〈HIGASHIYA man 丸の内〉
■三菱UFJ 信託銀行本店ビル1F 
■03-6259-1148 

(Hanako1177号掲載/photo : MEGUMI (P.90, 92, 94), Chihiro Oshima (P.96~97, 100) illustration : Mariko Fukuoka text : Kahoko Nishimura, Ami Hanashima, Yuya Uemura)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る