〈atelier tamiser(アトリエ・タミゼ)〉
2021.08.08

夏らしい洗練の味わいが続々! 【スイーツ大賞2021】爽やかレモンスイーツ8選。話題のスイーツが目白押し!

20名を超えるスイーツ賢者たちをお迎えし、いま食べたい&注目ジャンルのスイーツを選出。アワード受賞品は、なんと172点。2021年、最もアツいスイーツ企画のスタートです!今回ご紹介するのは、レモンスイーツ。サマースイーツを代表する味といえばやっぱりレモン。季節柄のほか国産レモンの普及が進み、皮まで丸ごと使ったレモンスイーツが続々登場中。審査員たちをうならせた、とっておきの品を厳選。

1.〈atelier tamiser(アトリエ・タミゼ)〉のレモンケーキ/蔵前

〈atelier tamiser(アトリエ・タミゼ)〉

今年4月オープン。レモンケーキに使うレモンは主に大崎上島にある柑橘農家より直送。口にした時に香りがふわりと広がるよう沢山のレモンゼスト&果汁を生地に練り込んでいる。「アイシングと共に、レモンとライムの清々しい香りと酸味が弾け、バターの馥郁たる香りと響き合う」(松本さん)。1個420円。

〈atelier tamiser(アトリエ・タミゼ)〉
■東京都台東区蔵前4-14-11 ウグイスビル 102
■12:00~完売終了月~金休
※変更の場合あり。詳細はInstagram参照。

【審査員コメント】
「異なる酸味のライムが、レモンの魅力を引き立てる(松本由紀子)」

2.〈エシレ・メゾンデュブール〉のクレーム・ドゥ・シトロン・オ・ブール・クリュ

〈エシレ・メゾンデュブール〉

卵、砂糖をじっくり煮込み、手搾りしたレモン果汁とエシレバターを加えて作る極上のレモンバターペースト。おすすめは柔らかなパンやトーストとの組み合わせ。ビスケットやスコーンに挟んでもおいしい。「ここ最近、注目度の高いフルーツバター。中でもこちらはエシレのバターが口どけ軽く、レモン感も満載」(平岩さん)。1,728円。

〈エシレ・メゾンデュブール〉
■東京都千代田区丸の内2-6-1 丸の内ブリックスクエア 1F
■10:00~19:00 不定休

【審査員コメント】
「数多くのヒット商品を生み出すエシレの新商品(平岩理緒)」

3.〈ハナ菓子店〉のおおきな瀬戸田レモンケーキ

〈ハナ菓子店〉

京都発の洋菓子店。レモンは広島県瀬戸田町産のものを使用。シトラス感を存分に出すために、アイシングにもたっぷり果汁を使用しているのがポイントだ。シンプルな食材だけで作りたいという思いから、ベーキングパウダーなどは使わず、北海道産のバターと薄力粉、卵の力だけでふんわり、きめ細かなスポンジを焼き上げる。「生地やアイシングからも心地よい爽やかさが味わえます」(スイーツなかのさん)。2,100円。

【審査員コメント】
「爽やかな食感で、作りの丁寧さがよく分かる(スイーツなかの)」

4.〈リムヴェール コウジタカヤマ〉のレモンケーキ

〈リムヴェール コウジタカヤマ〉

数々の媒体で賞を受賞している話題作といえばこちら。秋から冬の一番おいしい時季に収穫された広島産・瀬戸内レモンを皮まで余すところなく使用したレモンケーキは、髙山浩二シェフがたった1人で全工程を手掛ける渾身の一品。ほのかな苦みも含め心地よい果実感を満喫できる。「ほろ苦さと爽やかさが調和し、レモンそのものの自然な味わいをケーキに生かしています」(下井さん)。5個入り1,950円。※現在3カ月待ち。

【審査員コメント】
「すりガラスのような糖衣をまとったフォルムも美しい(下井美奈子)」

5.〈ウェスティンホテル東京〉のシトラスバターサンド/恵比寿

〈ウェスティンホテル東京〉
〈ウェスティンホテル東京〉
〈ウェスティンホテル東京〉
〈ウェスティンホテル東京〉

カスタードソースとバターを贅沢に使ったホテルメイドのバターサンドから夏限定フレーバーが登場。こちらはレモンやオレンジのピールを使い、グランマルニエで香り高く仕上げた、お酒のお供にも相応しい大人風味のスイーツ。「柑橘類のピールと洋酒の爽やかなビター感に惹かれます」(chicoさん)。4本入り1,550円。

〈ウェスティンホテル東京〉
■東京都目黒区三田1-4-1
■03-5423-7778
■10:00~20:00(ウェスティンデリ)無休

【審査員コメント】
「ピールと洋酒が爽やかな、大人向けのシトラス(chico)」

6.〈アンフィニ〉のタルトシトロン・ベルガモット/九品仏

〈アンフィニ〉

〈UNGRAIN〉でシェフパティシエを務めてきた金井史章(ふみゆき)さん。このケーキには彼が自ら産地を訪れ、感銘を受けた土佐ベルガモットを使用。爽やかな風味を満喫できるようメレンゲにはもちろん、生地の中にもマーマレードを塗っている。「甘酸っぱさが際立つ、フレッシュな土佐ベルガモットを使用。透明感あふれる香りが魅力的です」(松本さん)。648円。

〈アンフィニ〉
■東京都世田谷区奥沢7-18-3
■03-6432-3528
■11:00~19:00 水休

【審査員コメント】
「タルトに使用する柑橘が季節替わりなのが魅力(松本由紀子)」

7.〈ピエール・エルメ・パリ〉のタルト アンフィニマン シトロングルマンデーズ レゾネ/青山

〈ピエール・エルメ・パリ〉

レモンの酸味を衝撃的なまでに強調しつつ、ほろ苦さも含め上品に仕上げた新作は、従来品に比べカロリー30%オフ。グルテンフリーのパートシュクレと滑らかなクリームのコントラスト、さらにレモン風味のギモーヴがレモンの爽快さを演出。「鮮やかな酸味に感動。満足感を損なうことなくカロリーオフする手腕が見事」(藤森さん)。756円。

〈ピエール・エルメ・パリ〉
■東京都渋谷区神宮前5-51-8 ラ・ポルト青山 1・2F
■03-5485-7766(青山店)
■12:00~19:00 不定休

【審査員コメント】
「レモン風味のギモーヴはシュワッと芸術的な口どけ!(藤森陽子)」

8.〈カノーブル〉のコンテンポラリーバターケーキ 瀬戸田レモンショコラ/八雲

〈カノーブル〉

日本発バターブランド〈カノーブル〉の新作。バターチョコレートの中には、瀬戸田レモンを皮ごとすりおろしたバタークリームをイン。その中にも濃厚な発酵バタークリームとレモン果汁シロップが浸みたビスキュイを重ね、三重構造に。「豊かなバターの香りと、ほんのりビターで爽快なレモンの香りが最高にマッチ」(chicoさん)。4,500円。HPから購入可。

〈カノーブル〉
■東京都目黒区八雲2-6-11
■12:00~15:00 月~木休
■03-6421-1861

【審査員コメント】
「各パーツに散らされたバターとレモンが共鳴(chico)」

“スイーツエキスパート”な21人の審査員。

“スイーツエキスパート”な21人の審査員。
“スイーツエキスパート”な21人の審査員。
“スイーツエキスパート”な21人の審査員。
“スイーツエキスパート”な21人の審査員。
“スイーツエキスパート”な21人の審査員。
“スイーツエキスパート”な21人の審査員。

※順不同、敬称略

(Hanako1199号掲載/photo : MEGUMI, Wataru Kitao, Miyu Yasuda, Noriko Yoshimura, Michi Murakami, Kenya Abe styling : Momoko Miyata text : Kimiko Yamada, Mako Yamato)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る