〈IWASHI COFFEE〉/二条駅
2021.07.28

本屋や映画館のカフェも。 【京都】上京区エリアのおしゃれカフェ&喫茶店6選。カフェ好きも注目するお店へ。

上京区は、京都市を構成する11区のうちのひとつ。そんな上京区には、カフェ好きも注目する個性豊かなカフェが勢揃い。そこで今回は、京都市上京区のカフェ&喫茶店をご紹介します。

1.〈Trentanove〉パスタ×フルーツ!?非日常的なフルーツ使いで魅了するイタリアンカフェ/神宮丸太町

trentanove4
「メロンと生ハムとミントの冷製パスタ」1,980円
「メロンと生ハムとミントの冷製パスタ」1,980円
「メロンのマリトッツォ」650円
「メロンのマリトッツォ」650円
「ミントラテ」580円
「ミントラテ」580円
trentanove2
trentanove4
「メロンと生ハムとミントの冷製パスタ」1,980円
「メロンのマリトッツォ」650円
「ミントラテ」580円
trentanove2

時季ごとに提供されるフルーツが異なるので、行くたびに新たな発見が得られるトレンタノーヴェ。ただフルーツを合わせて斬新なメニューを提案しているわけではなく、それぞれ一つの料理として向き合うことで生まれたオリジナルグルメの数々。そういう意味でも、〈Trentanove(トレンタノーヴェ)〉で提供されるメニューはどれも、目と舌で楽しむことができるアートなのです。提供できる数に限りがあるので、来店日が確定されている場合は予約を強くおすすめします。

〈Trentanove(トレンタノーヴェ)〉
■京都府京都市上京区上生洲町200 1F
■12:00~22:00(L.O. 21:00)月・14:00~22:00 (L.O. 21:00)日休(その他不定休・時短有)※ランチ営業無
【緊急事態宣言中(ランチ営業無)】
12:00〜17:00 L.O. 月・14:00〜17:00 L.O.)

(photo&text:Kyonn)

2.〈喫茶茶の間〉どこか懐かしい、家庭的なカレーの味わい。/丸太町

ビーフカレーセット(11時〜):950円
ビーフカレーセット(11時〜):950円
スペシャルブレンド:400円
スペシャルブレンド:400円
chanoma
ビーフカレーセット(11時〜):950円
スペシャルブレンド:400円
chanoma

酷暑で茹だりそうな日も、極寒で凍えてしまいそうな日も、ふとしたとき求めたくなるのが、喫茶カレーの存在。素朴な見た目でありながら、お店それぞれ異なる個性を持つ喫茶カレーの中でも、初めて食べたその瞬間から記憶に焼き付き虜となった上京区にある〈喫茶茶の間〉さんのカレーは、やみつき間違いなしの魅力を秘めています。

〈喫茶茶の間〉
■京都府京都市上京区下長者町室町西入ル南側
■075-441-7615
■7:30〜16:30 L.O 土曜日 9:30〜16:30 日・第2・4土曜休

(photo&text:Kyonn)

3.〈喫茶パーチ(Coffee Perch)〉いつ訪れても変わらない時間。日々の疲れが癒される場所ってこんなところ。/今出川

あんバターサンド(400円)
あんバターサンド(400円)
〈喫茶パーチ(Coffee Perch)〉
〈喫茶パーチ(Coffee Perch)〉
あんバターサンド(400円)
〈喫茶パーチ(Coffee Perch)〉
〈喫茶パーチ(Coffee Perch)〉

モーニングメニューはA〜Cまで用意されていて、特におすすめしたいのが、Bセットのアーモンドトースト。そろそろおやつタイムが始まる14時から提供がスタートする計4カットから成るあんバターサンド。しっかりと焼き目のついたトーストにサンドされたあんことバターのマリアージュは、甘さと塩気が同時に押し寄せてくる絶妙なバランス感で、いくら食べても飽きが来ず、食べ始めると手が止まらないのなんの。サンドイッチに至るまで和気藹々としている仲睦まじさにただただ感動!

帰り際、「おおきに!」という言葉と共に送り出してくださるワンシーンが耳に心地よく、退店数時間後にはまたここに戻ってきたくなるような温かな喫茶店。何度でも訪れたくなるお店って、こういう場所のことですね。

〈喫茶パーチ(Coffee Perch)〉
■京都府京都市上京区智恵光院前之町230
■8:00〜19:00
■第2,4金曜日定休&不定休

4.〈出町座〉商店街にある映画×書店×カフェ/出町柳

京都 出町座
京都 出町座
京都 出町座
京都 出町座
京都 出町座
京都 出町座

京都の出町桝形商店街の中にある〈出町座〉という小さな映画館のカフェ。売り切れ御免の人気メニュー「日替わりごはん」は1ドリンク付き1,000円です。この日の献立はゴーヤチャンプル、とうもろこしごはん、ズッキーニの冷製スープ。カフェはずらっと天井まである本棚に囲まれていて、自由に閲覧することが可能です。映画関連の本が多いそうですが、絵本やサブカル本まで色んなジャンルが揃っていました。映画館の中に、注文したドリンクやスナックを持ち込むこともできます。こちらは自家製の紫蘇シロップを使ったカクテルとポップコーン。ほかにもサンドイッチやホットドックなど持ち込み可能です。

〈出町座〉
■京都府京都市上京区今出川通出町西入上ル三芳町133
■10:00~22:00 無休

(photo:Masataka Yoshimoto text:Alice Saito)

5.〈CAVA BOOKS〉壁一面を覆う大きな本棚が出迎えてくれる。/出町柳

カフェの名前は〈出町座のソコ〉。日替わりランチからアルコール類まで、豊富なメニューでゲストに応える。
カフェの名前は〈出町座のソコ〉。日替わりランチからアルコール類まで、豊富なメニューでゲストに応える。

商店街の中というロケーションで映画、本、カフェがそろった複合施設〈出町座〉。その1階で展開するカフェ兼書店では、上映開始前に小腹を満たしたり、観賞後は映画に関する本を求め訪れたり、思い思いの時間を過ごすゲストが集う。棚には絵本からアートブックまで、幅広くそろう。

「きゅうり3種サンド」600円。
「きゅうり3種サンド」600円。
絵本作家tupera tuperaがイラストを手掛けたオリジナルブックカバー。
絵本作家tupera tuperaがイラストを手掛けたオリジナルブックカバー。
「きゅうり3種サンド」600円。
絵本作家tupera tuperaがイラストを手掛けたオリジナルブックカバー。

〈CAVA BOOKS〉
■京都府京都市上京区三芳町133
■075-203-9862
■10:00〜22:00台(上映時間によって変動)無休
■15席/禁煙

(Hanako1188号掲載/photo:Noriko Yoshimura, Yoshiko Watanabe (Demachiza)text:Yoshie Chokki)

6.〈IWASHI COFFEE〉当日焼いた豆を丁寧にドリップ。進化し続ける焙煎にも注目。/二条

〈IWASHI COFFEE〉/二条駅

「直火で豆の味を引き出す」。そんな焙煎作業の面白さに魅了され、日々理想の味を追い求める店主・真下裕也さん。今年2月、拠点としていた島原〈きんせ旅館〉から住宅街の町家へ移り、待望の喫茶スペースを新設。ほどよく和洋がミックスした空間で、のんびりコーヒーが楽しめるように。休日はブレンドなどECサイトや卸用のアイテムを、喫茶営業日は朝から当日分の豆を焼く。店で出すコーヒーはシングルのみ各400円、クッキー250円。

〈IWASHI COFFEE〉
■京都府京都市上京区長門町414
■12:30〜17:30 月火水休
■10席/禁煙

(Hanako1188号掲載/photo:Yoshiko Watanabe(Kashiya nona), Kunihiro Fukumori, Yoshiki Okamoto text:Ai Kiyabu, Atsuko Suzuki)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る