2F2J0368
2021.07.01

7・8月『夏のスイーツ&グルメ特集』 “日本一のバーテンダー”に聞いた、夏のカクテルレシピ5選。

“家飲み”がはかどりそうなこの夏……。簡単にできる、夏らしいカクテルはいかがでしょうか。バーテンダーの日本一を決める大会で優勝した経験を持つ、青森県八戸市〈シャドーバー〉のオーナー・岡沼弘泰さんが、Hanako.tokyoのためにオリジナルのレシピを考案してくれました!

1.オレンジ風味のコーヒーカクテル「Orange&Cafe」。

2F2J0056

【材料】
・コアントロー……30ml
・シュガーシロップ……10ml
・コーヒー……45ml
・トニックウォーター……45ml

【作り方】
(1)氷をたっぷり入れたグラスを用意する。
(2)別の容器に材料をすべて入れて、よくかき混ぜる。
(3)氷入りのグラスに注ぐ。
(4)お好みでドライオレンジを飾って完成。

2F2J0012
2F2J0021
2F2J0024
2F2J0034
2F2J0042
2F2J0046
2F2J0012
2F2J0021
2F2J0024
2F2J0034
2F2J0042
2F2J0046

オレンジの甘酸っぱさと、コーヒーの風味でゴクゴクと飲めてしまう一杯。コーヒーはインスタントでもOKなので、お手軽に作れる。

「コアントローはお菓子づくりにも使われるオレンジのお酒です。お好みで甘さを減らしてもいいですが、コーヒーの苦味もあるので、糖分をしっかりと入れたほうがおいしくなります」(岡沼さん)

2.爽やかな夏のサワー「Citrus Sour」。

2F2J0102

【材料】
・コアントロー……30ml
・レモン……1/2個
・ミント……1つまみ
・トニックウォーター……適量

【作り方】
(1)大きめに角切りしたレモン1/2個をグラスに入れる。
(2)さらにミントをひとつまみ入れ、すりこぎなどで上から潰す。
(3)コアントローを入れて、なじませたら氷を入れる。
(4)トニックウォーターで満たしてかき混ぜる。
(5)お好みでミントを飾って完成。

2F2J0062
2F2J0067
2F2J0075
2F2J0077
2F2J0083
2F2J0089
2F2J0092
2F2J0096
2F2J0062
2F2J0067
2F2J0075
2F2J0077
2F2J0083
2F2J0089
2F2J0092
2F2J0096

レモンの酸味とほろ苦さのある、さっぱりとした爽やかなサワー。

「レモンとミントを潰すときは、あまりグリグリとやりすぎると苦くなるので、上からぎゅっと押しつぶすイメージで」(岡沼さん)

3.ペットボトルでシェイクする「Tropical Pine」。

2F2J0244

【材料】
・ピーチリキュール……30ml
・パイナップルジュース……80ml
・レモンジュース……5ml
・ブルーキュラソー……10ml

(用意するもの)
・ペットボトルなどの空の容器

【作り方】
(1)材料すべてをペットボトルに入れてよく振る。
(2)氷を入れたグラスに注ぐ。
(3)お好みでミントやレモンなどを飾って完成。

2F2J0149
2F2J0158
2F2J0166
2F2J0180
2F2J0225
2F2J0230
2F2J0149
2F2J0158
2F2J0166
2F2J0180
2F2J0225
2F2J0230

緑色が美しい、パイン味のトロピカルカクテル。レモンジュースは甘ったるくなるのを引き締めてくれる。

「振るのはだいたい20回くらい、泡立つまで続けてください。ブルーキュラソーは、かき氷のブルーハワイ味などで代用できます」(岡沼さん)

4.桃と紅茶の風味が上品な「Wine Cooler」。

2F2J0139

【材料】
・ピーチリキュール……20ml
・白ワイン……30ml
・紅茶(ダージリン)……30ml

【作り方】
(1)紅茶はお湯180mlに対してティーバッグ2つ入れて濃いめに抽出する。
(2)グラスにピーチリキュール、白ワイン、紅茶を注いで氷を入れる。
(3)お好みでレモンスライスを入れて完成。

2F2J0104
2F2J0109
2F2J0118
2F2J0123
2F2J0128
2F2J0134
2F2J0104
2F2J0109
2F2J0118
2F2J0123
2F2J0128
2F2J0134

いわゆるレゲエパンチのようなカクテルだが、紅茶の香りがあとからついてくるような、上品な味わい。

「紅茶の茶葉だと5gくらい、ティーバッグだと2つくらいを目安に。白ワインは料理用に使うものでも十分です」(岡沼さん)

5.桃×バニラアイスで「Peach Shake」。

2F2J0337

【材料】
・ピーチリキュール……30ml
・桃缶……1/2個分
・バニラアイス……1/2カップ

【作り方】
(1)桃はあらかじめカットしておく。
(2)材料をすべてミキサーにいれて30秒程度かき混ぜる。
(3)グラスに注いで、お好みでミントなどを添えたら完成。

2F2J0256
2F2J0260
2F2J0263
2F2J0270
2F2J0312
2F2J0325
2F2J0331
2F2J0256
2F2J0260
2F2J0263
2F2J0270
2F2J0312
2F2J0325
2F2J0331

桃にアイスを混ぜたシェイクのカクテル。とろとろになって飲みごたえあり!

「桃缶は黄桃・白桃のどちらでも大丈夫です。これからの季節、フレッシュな桃でもおいしいと思いますよ」(岡沼さん)

Navigator…岡沼弘泰さん。

2F2J0386

おかぬま・ひろやす/2006年よりバーテンダー。10年に独立し、21年3月に現在の場所へ移転。
08年「ANFA全国​フレア・バーテンダー・チャンピオンシップ」優勝、15年「​ボルス・アラウンド・ザ・ワールド」ジャパンウィナー、19年「バカルディ レガシー カクテル コンペティション」優勝、世界ベスト8に。

八戸市中心街にある〈シャドーバー〉。

2F2J0441

青森県八戸市の中心商店街にある商業ビルの地下1階に、今年3月、移転オープンしたバー。赤いバックライトが灯るカウンターが印象的な店内で、“日本一”に輝いたカクテルを飲むことができる。テーブル席もあり、ゆっくり会話を楽しめる空間になっている。

〈シャドーバー〉
■青森県八戸市三日町30-1 AXISビル B1
■0178-47-5160
■18:00〜翌1:00
■日休
Facebook

photo:Yuji Hachiya

『夏のスイーツ&グルメ』特集記事一覧は画像をクリック!

栗本 千尋
栗本 千尋 / フリーライター

「1986年生まれ、青森県八戸市出身。プライベートでは二人の男児の母です。好きなものは、金曜のビールと日曜のワイン。Twitter@ChihiroKurimoto

栗本 千尋さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る