〈MAJAHOTEL KYOTO〉
2021.05.22

世界初出店カフェも。 泊まらなくても訪れたい!【京都】ビジターOKのホテル併設カフェ&レストラン5軒

ただ泊まるだけのホテルではなくおしゃれなカフェやレストラン、ベーカリーが併設したホテルが急増中!今回は、ビジターでも訪れたいホテル併設したカフェ&レストランをご紹介します。

1.北欧好き必見!世界初出店カフェも併設する、最新カプセルホテル〈MAJAHOTEL KYOTO〉併設の〈CAFE AALTO〉

ヘルシンキの 1 号店のデザインを踏襲した店内では、本国での人気メニューもいただける。「シナモンロール」750円、「ブルーベリーパイ」750円。
ヘルシンキの 1 号店のデザインを踏襲した店内では、本国での人気メニューもいただける。「シナモンロール」750円、「ブルーベリーパイ」750円。
店内を照らすのは1937年にデザインされたペンダントランプ「ゴールデンベル」。黒いレザーと真鍮のフレームの椅子は〈CAFE AALTO〉だけが使用許諾を持つ貴重なもの。
店内を照らすのは1937年にデザインされたペンダントランプ「ゴールデンベル」。黒いレザーと真鍮のフレームの椅子は〈CAFE AALTO〉だけが使用許諾を持つ貴重なもの。
ヘルシンキの 1 号店のデザインを踏襲した店内では、本国での人気メニューもいただける。「シナモンロール」750円、「ブルーベリーパイ」750円。
店内を照らすのは1937年にデザインされたペンダントランプ「ゴールデンベル」。黒いレザーと真鍮のフレームの椅子は〈CAFE AALTO〉だけが使用許諾を持つ貴重なもの。

木の優しい手触りと温もり。細部にまで手を抜かないデザイン性。そしてどこか懐かしさを感じさせるほっとする味。北欧と日本はあらゆる点で親和性が高い。そんなことを改めて感じさせてくれる場所が、2019年12月に開業した〈MAJAHOTEL KYOTO〉だ。プロダクトデザイナー、ハッリ・コスキネン氏が手掛けるホテル(それもカプセルホテル!)であり、さらにその1階には世界初進出となる〈CAFE AALTO〉が同時にオープン。

朝7時からの朝食メニューのおすすめは「サーモンスープ」1,700円(ドリンク付き)。大きめのサーモンにごろっとしたジャガイモや人参がたっぷり入ったフィンランドの伝統料理。
朝7時からの朝食メニューのおすすめは「サーモンスープ」1,700円(ドリンク付き)。大きめのサーモンにごろっとしたジャガイモや人参がたっぷり入ったフィンランドの伝統料理。
〈マリメッコ〉制作のトートバッグ(右)4,500円。
〈マリメッコ〉制作のトートバッグ(右)4,500円。
「ポーチ」6,000円
「ポーチ」6,000円
朝7時からの朝食メニューのおすすめは「サーモンスープ」1,700円(ドリンク付き)。大きめのサーモンにごろっとしたジャガイモや人参がたっぷり入ったフィンランドの伝統料理。
〈マリメッコ〉制作のトートバッグ(右)4,500円。
「ポーチ」6,000円

階下に降り立てば、フィンランドを代表する建築家、アルヴァ・アアルトがデザインした照明や椅子、木のテーブルが配されたカフェで、ツーリストからローカルまで、みんなが思い思いの時間を過ごしている。河原町散策の新しい定番スポットとなりそうだ。ホテルのロゴ入りトートはチェックイン時にゲストに渡される持ち帰りOKなアメニティ。

〈MAJAHOTEL KYOTO〉
カフェ利用はビジターも可。2階よりフロントと共用スペース、客室となる。「烏丸御池」駅から徒歩6分。
■京都府京都市中京区槌屋町92〈MAJAHOTEL KYOTO〉
■1泊1室4,950円〜(税込)

〈CAFE AALTO〉
■7:00〜21:00LO(朝食〜11:30LO)無休
■58席/禁煙

(Hanako特別編集『今、泊まりたいのはライフスタイルホテル。』掲載/photo : Yoshiko Watanabe text & edit : Yoshie Chokki)

2.〈hotel tou nishinotoin kyoto〉併設の〈cafe&bar oku(カフェ&バー オク)〉

cafeandbaroku3
cafeandbaroku8
cafeandbaroku2
cafeandbaroku1
cafeandbaroku4
cafeandbaroku3
cafeandbaroku8
cafeandbaroku2
cafeandbaroku1
cafeandbaroku4

2021年4月20日に開業した〈hotel tou nishinotoin kyoto〉。併設の〈cafe&bar oku(カフェ&バー オク)〉では老舗茶屋の抹茶や、京都では初の取り扱いとなるスペシャルティコーヒーロースターの豆を使って淹れる珈琲が楽しめます。また、ホテル利用者以外も利用できる朝食や、卵サンドなどの軽食メニューもあり。併設感を微塵も感じさせない奥ゆかしい空間でひとときを過ごすことができます。光と影が演出する"奥ゆかしい"カフェ空間。日本庭園が眺められる座敷もあり。

「フラットホワイト」660円「抹茶ラテ」770円
「フラットホワイト」660円「抹茶ラテ」770円
「大栄製玉 だし巻き卵サンドイッチ」990円
「大栄製玉 だし巻き卵サンドイッチ」990円
「和朝食」2,200円
「和朝食」2,200円
「フラットホワイト」660円「抹茶ラテ」770円
「大栄製玉 だし巻き卵サンドイッチ」990円
「和朝食」2,200円

ニュージーランド発のロースター〈Allpress Espresso(オールプレス・エスプレッソ)〉のスペシャルティコーヒーが味わえるのもここならでは。京都では初のショップインショップとなるそうで、フラットホワイトやロングブラックといった味わい方も。また、京都の老舗日本茶専門店〈一保堂茶舗(いっぽどうちゃほ)〉の"京銘茶"と共演した抹茶ラテもあり。この他、だし巻き卵と大正2年創業老舗ベーカリー〈進々堂(しんしんどう)〉のパンを合わせたオリジナル卵サンドから朝7時〜9時半までの間は朝食メニューの提供も。

〈cafe&bar oku〉
■京都府京都市下京区西洞院通花屋町下る西洞院町455
■モーニング 7:00〜9:30 L.O. カフェ&バー 11:30〜16:30(16:00L.O.)無休

(photo&text:Kyonn)

3.“京都らしさ”を体感できるホテル 〈THE THOUSAND KYOTO〉併設〈KIZAHASHI〉

「1,000年の都」というコンセプトが五感に訴えかけてくる圧巻の大空間。差し込む光が、多彩な表情を見せてくれる。
「1,000年の都」というコンセプトが五感に訴えかけてくる圧巻の大空間。差し込む光が、多彩な表情を見せてくれる。
〈THE THOUSAND KYOTO〉
「1,000年の都」というコンセプトが五感に訴えかけてくる圧巻の大空間。差し込む光が、多彩な表情を見せてくれる。
〈THE THOUSAND KYOTO〉

「1,000年の都」というコンセプトが五感に訴えかけてくる圧巻の大空間。差し込む光が、多彩な表情を見せてくれる。夜になると、ぐっと落とされた照明の下、艶っぽい雰囲気に。

味覚が研ぎ澄まされる朝。お米は粘り気の少ない山形産「つや姫」を採用。おかゆと2択でチョイスできる。「KIZAHASHI 和朝食」3,800円(税サ別)。
味覚が研ぎ澄まされる朝。お米は粘り気の少ない山形産「つや姫」を採用。おかゆと2択でチョイスできる。「KIZAHASHI 和朝食」3,800円(税サ別)。

京都ツウが今、こぞって朝食を食べに訪れているのがここの日本料理レストラン〈KIZAHASHI〉。お目当ての和朝食は、テーブルで炊き上げる1膳分のご飯に、だし巻き玉子や魚の炭火焼、自家製の漬物など、魅惑の小皿たちがずらりと並ぶ。予約不可だが、ビジターOK。ゆったりした空間で、とっておきの朝を迎えよう。

〈THE THOUSAND KYOTO〉
■京都府京都市下京区東塩小路570 
■075-354-1000 
■ザ・サウザンドルーム1泊1室63,000円~(税サ別) 
■全222室 

〈KIZAHASHI〉
■朝食7:00 ~10:00LO、ランチ11:30~14:30LO、ディナー17:30~21:00LO

(Hanako特別編集『Hanako TRIP 今、泊まりたいのはライフスタイルホテル。』/photo:Noriko Yoshimura text:Yoshie Chokki)

4.アジア初上陸!注目のライフスタイルホテル〈Ace Hotel Kyoto〉

〈Ace Hotel Kyoto〉京都
部屋時間を充実させる。/京都の地ビールや日本のクラフトジン、定番のおやつから珍しい菓子までそろった絶妙なセレクトのミニバーとスナック。部屋で過ごす時間も楽しみに。
部屋時間を充実させる。/京都の地ビールや日本のクラフトジン、定番のおやつから珍しい菓子までそろった絶妙なセレクトのミニバーとスナック。部屋で過ごす時間も楽しみに。
〈Ace Hotel Kyoto〉京都
アートがちりばめられた空間。/正面には柚木沙弥郎の作品。カーテンは〈ミナ ペルホネン〉の別注。客室によってはレコードプレーヤーやギターがあるのも〈エースホテル〉らしい特徴。
アートがちりばめられた空間。/正面には柚木沙弥郎の作品。カーテンは〈ミナ ペルホネン〉の別注。客室によってはレコードプレーヤーやギターがあるのも〈エースホテル〉らしい特徴。
〈Ace Hotel Kyoto〉京都
部屋時間を充実させる。/京都の地ビールや日本のクラフトジン、定番のおやつから珍しい菓子までそろった絶妙なセレクトのミニバーとスナック。部屋で過ごす時間も楽しみに。
〈Ace Hotel Kyoto〉京都
アートがちりばめられた空間。/正面には柚木沙弥郎の作品。カーテンは〈ミナ ペルホネン〉の別注。客室によってはレコードプレーヤーやギターがあるのも〈エースホテル〉らしい特徴。

1999年、アメリカ・シアトルに誕生した〈エースホテル〉。すべての人々に開かれた空間を持ち、ホテルを寝るだけではなく、カルチャーを発信し生み出す場所にすることを提案。高感度なライフスタイルホテルとして、これまでに北米とヨーロッパの9都市に展開し、圧倒的な注目と人気を集めてきた。そのアジア初進出となるのが、今年6月にお目見えした〈エースホテル京都〉だ。

サードウェーブの火付け役。〈Stumptown Coffee Roasters〉は朝7時からの営業。オーダーしたものはロビーラウンジで楽しむことも。カプチーノ480円、柚子&レモンドーナッツ350円。
サードウェーブの火付け役。〈Stumptown Coffee Roasters〉は朝7時からの営業。オーダーしたものはロビーラウンジで楽しむことも。カプチーノ480円、柚子&レモンドーナッツ350円。
モダンなタコスが新鮮!LAの人気/〈Guerilla Tacos〉のウェス・アヴィラが率いる〈PIOPIKO〉。フライドホワイトフィッシュ900円、シェリー・コラーダ1,000円。
モダンなタコスが新鮮!LAの人気/〈Guerilla Tacos〉のウェス・アヴィラが率いる〈PIOPIKO〉。フライドホワイトフィッシュ900円、シェリー・コラーダ1,000円。
〈Ace Hotel Kyoto〉京都
サードウェーブの火付け役。〈Stumptown Coffee Roasters〉は朝7時からの営業。オーダーしたものはロビーラウンジで楽しむことも。カプチーノ480円、柚子&レモンドーナッツ350円。
モダンなタコスが新鮮!LAの人気/〈Guerilla Tacos〉のウェス・アヴィラが率いる〈PIOPIKO〉。フライドホワイトフィッシュ900円、シェリー・コラーダ1,000円。
〈Ace Hotel Kyoto〉京都

加えてモダンタコスやカクテルをそろえたバー&タコスラウンジ〈ピオピコ〉や、窯焼きピザも用意されたアメリカ風イタリアンオステリア〈ミスター・モーリスズ・イタリアン〉、ポートランドのコーヒーショップ〈スタンプタウン・コーヒー・ロースターズ〉と、それぞれに魅力を持つレストランの存在も大きい。常に心地よい音楽が流れる館内。ソファや電源も用意された開放的なロビーラウンジと併せて、ホテルへと足を運ばせる要素となっている。

〈Ace Hotel Kyoto〉
市営地下鉄烏丸御池駅直結。
■京都府京都市中京区姉小路通東洞院西入ル車屋町245-2
■075-229-9000
■スタンダードキング1泊1室30,000円〜(税サ別)
■全213室

(Hanako1188号掲載/photo:Yoshiko Watanabe, Noriko Yoshimura, Norio Kidera text:Mako Yamato, Yoshie Chokki)

5.街中にありながら落ち着いた空気が漂う姉小路通〈MALDA KYOTO〉

京都 MALDA KYOTO
京都 MALDA KYOTO
シャンプー・リンスやパジャマ、タオルやカップなど、部屋にそろえられた小物類は〈ババグーリ〉のオリジナル。隅々まで統一された世界観が快適性を高めてくれる。
シャンプー・リンスやパジャマ、タオルやカップなど、部屋にそろえられた小物類は〈ババグーリ〉のオリジナル。隅々まで統一された世界観が快適性を高めてくれる。
カフェで使われている〈ババグーリ〉の水牛の角のスプーン。使い心地が気に入れば向かいの〈ババグーリ京都〉で購入できる。
カフェで使われている〈ババグーリ〉の水牛の角のスプーン。使い心地が気に入れば向かいの〈ババグーリ京都〉で購入できる。
京都 MALDA KYOTO
京都 MALDA KYOTO
シャンプー・リンスやパジャマ、タオルやカップなど、部屋にそろえられた小物類は〈ババグーリ〉のオリジナル。隅々まで統一された世界観が快適性を高めてくれる。
カフェで使われている〈ババグーリ〉の水牛の角のスプーン。使い心地が気に入れば向かいの〈ババグーリ京都〉で購入できる。

〈ヨーガンレール〉が展開する〈ババグーリ〉は、選び抜いた天然素材を使い、手仕事の技や温もりを感じさせる日用の道具を扱うブランド。洋服、テーブルウェア、ハウスウェア、家具からボディケア用品や茶葉などまで、多岐にわたるアイテムは、すべて生活をストレスなく整えてくれる。〈MALDA KYOTO〉はそのスタイルを体感できる場所として誕生したホテルとカフェだ。

イエローグリーンの壁がカフェの爽やかさを演出している。一脚ずつデザインが異なるスツールはチークを一本彫りしたもので、こちらも〈ババグーリ〉のオリジナルアイテム。
イエローグリーンの壁がカフェの爽やかさを演出している。一脚ずつデザインが異なるスツールはチークを一本彫りしたもので、こちらも〈ババグーリ〉のオリジナルアイテム。
カルダモンプリン350円、コーヒー600円。
カルダモンプリン350円、コーヒー600円。
砂糖、卵、乳製品を使わないマフィン350円は定番のメープルや季節のフルーツを焼き込んだものなど4~5種類がそろう。
砂糖、卵、乳製品を使わないマフィン350円は定番のメープルや季節のフルーツを焼き込んだものなど4~5種類がそろう。
イエローグリーンの壁がカフェの爽やかさを演出している。一脚ずつデザインが異なるスツールはチークを一本彫りしたもので、こちらも〈ババグーリ〉のオリジナルアイテム。
カルダモンプリン350円、コーヒー600円。
砂糖、卵、乳製品を使わないマフィン350円は定番のメープルや季節のフルーツを焼き込んだものなど4~5種類がそろう。

カフェは、できるかぎり無農薬栽培された素材を使い、砂糖や卵、乳製品不使用のスイーツや飲み物、ランチのカレー、自然派ワインなどをそろえる。とりわけ〈ババグーリ〉のお菓子担当・牧野里香さん直伝のマフィンは、毎朝焼きたてが並ぶ。

〈MALDA KYOTO〉
カフェのスイーツはテイクアウト可。カレーは数量限定。ホテルは9月末の開業を予定しており、予約の受付はHPで確認を。1室2名50,000円~。
■京都府京都市中京区堺町通御池下ル丸木材木町684 
■075-606-5385
■カフェ8:00~19:00 火休 
■14席/禁煙

(Hanako1164号掲載/photo : Yoshiko Watanabe text : Mako Yamato)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る