DMA-DSC_4697
2021.05.14

美味しいは生き方、未来にもつながる 山梨発、新たな未来を生み出す〈ROOSTER〉の卵。/フードディレクター・野村友里さんが信頼する美味しさと、生産者たち。

フードディレクター・野村友里さんのおすすめ食材を紹介する、3月29日(月)発売『会いたくて、食べたくて 私が信頼する101の美味しさとその生産者たち』より、〈ROOSTER(ルースター)〉の卵をご紹介します。

〈ROOSTER(ルースター)〉の卵

DMA-DSC_4667

月1コース6個×4パック2,620円など、オンラインショップから定期便をオーダーできる。お試しセット2,890円(各税・送料込)もあり。不定期で〈eatrip soil〉でも販売。
■山梨県北杜市武川町柳沢3971-25

DMA-DSC_4697

山梨県北杜市、甲斐駒ヶ岳の麓で牧場に鶏を放し、卵を作っている〈ROOSTER〉の徳光康平さんは、2016年からの新規就農者です。東日本大震災で都市生活に疑問を持ち、自身の暮らしを見つめ直しました。有機農家や平飼い農家の師匠と出会い、「持続可能な農業とはなんだろう」と考えるようになっていきます。さらに猟師免許を取得して有害鳥獣駆除の仕事も手伝ううちに、動物と人間との関係についての思索を深めていきます。

「都市と自然の歪みで割りを食っている動植物には尊厳がない。それは不健全な気がするんです。自然農や有機農業でも、単一な食物を生産すれば、どうしても歪みが起きる。循環させることで、歪みをなんとか抑えられればと思っていますが、わからないことも多いんです。まだ駆け出しの畜産農家ですが、市場に農作物を出荷するだけでは、問題は解決しない。放牧畜産と循環型農業だけでなく、林業、狩猟、エネルギーの問題まで繋がった解決策を勉強しながら、よりよい選択肢を目指したいです」そのために卵を起点として、多様な人々と対話できるように、農業体験や解体ワークショップなどを行っています。おいしい卵が人を惹きつけ、新たな未来を生み出していくのでしょう。

Profile…野村友里(のむら・ゆり)

eatrip 主宰・料理人。長年おもてなし教室を開いていた母の影響で料理の道へ。ケータリングの演出、イベントの企画・プロデュースなどの傍ら、雑誌の連載、ラジオのパーソナリティなどの分野で活躍。2009 年にはドキュメンタリー映画『eatrip 』を監督。著書に『Tokyo Eatrip』(講談社)。12年、原宿に〈restaurant eatrip〉を、19年には表参道にグローサリー〈eatrip soil〉をオープン。

(『会いたくて、食べたくて 私が信頼する101の美味しさとその生産者たち』掲載/photo:Yurie Nagashima text:Toshiya Muraoka styling:Yuri Nomura)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る