FotoJet (3)
2021.05.10

ちょっとしたテクニックでワンランク上の家飲みに。 おうち飲みをアップデート!バーテンダーに教わるホームカクテルレシピ集。

人気のあの料理家さんの、注目を集めるあの店の、代名詞的なあの一品。このパートは、そんな贅沢な品々を教えてもらう豪華企画。自炊の機会が増えた今だからこそ、レパートリーに新風を!今回は、南雲主于三さんにホームカクテルのレシピを教えてもらいました。ベースとなるアルコールに、3つの素材を加えて作るオリジナルレシピを伝授。ちょっとしたテクニックを覚えるだけで、家飲みは格段にアップデートできる!

【Recipe #1】旬の果物の甘酸っぱさが凝縮。「コモンベリージュレップ(ジンベースカクテル)」

無題 (2)

■使う道具

・ロックグラス
・クラッシュアイス

■材料(1杯分)

・ジン(コモンジン)…40ml
・いちご…3粒
・砂糖…小さじ2
・レモン…1/2個

cocktail-017
cocktail-049
cocktail-017
cocktail-049

■作り方

半分にカットしたいちごをグラスに入れ、スプーンでつぶす。くし形にカットしたレモンの果汁を搾った後、皮も一緒にグラスに入れる。ジンと砂糖を加え、よく混ぜたら、クラッシュアイスをグラスいっぱいに投入。

【POINT】氷を投入する前に、お酒とフルーツをスプーンでよく混ぜ合わせる。
よくつぶしたいちごとレモンの果汁、砂糖、ジンをよく混ぜることで、ジンにフルーツの甘みや酸味、香りがうつり、一体感のあるカクテルに仕上がる。

【Recipe #2】アイスinデザートカクテル「ティラミスロック(焼酎ベースカクテル)」

「ティラミスロック」

■使う道具

・ロックグラス
・かちわり氷

■材料(1杯分)

・麦焼酎…40ml
・ティアマリア(コーヒーリキュールで代用可)…20ml
・ハーゲンダッツバニラ(バニラアイスで代用可)…ひとすくい
・ココアパウダー…適量

「ティラミスロック」
「ティラミスロック」
「ティラミスロック」
「ティラミスロック」

■作り方

グラスに、麦焼酎とティアマリアを入れて混ぜる。かちわり氷を平らに並べ、その上にバニラアイスを盛り付け、ココアパウダーをふりかける。アイスを食べながら飲んでも、アイスを溶かしてから飲んでも美味。

【POINT】スプーンを温めることでアイスがきれいにすくえる。
盛り付けの美しさも、このカクテルのカギ。コンロで温めたスプーンでアイスをすくうと美しい丸形に。またはアイスを5分程度常温で溶かしてからすくう。

【Recipe #3】中南米のカクテルをアレンジ。「東京ミチェラーダ(ビールベースカクテル)」

無題 (1)

■使う道具

・タンブラー
・かちわり氷

■材料(1杯分)

・東京ホワイト(白ビールで代用可)…120ml
・美酢カラマンシー(フルーツビネガーで代用可)…40ml
・カットレモン…1枚(好みで)
・塩…適量

cocktail-016
cocktail-034
cocktail-029
cocktail-016
cocktail-034
cocktail-029

■作り方

メキシコのビアカクテル「ミチェラーダ」をイメージしたカクテル。グラスの縁に塩をつけ、かちわり氷を投入。白ビールとフルーツビネガーを3:1の割合で混ぜるだけ。白ビールは、IPAなど軽めのものが合う。

【POINT】レモンの果汁を使って、グラスの縁に塩をつける。
グラスの縁にレモンの果肉部分をあてて1回転させ、平らな皿に広げた塩を少しずつつける。飲む時に塩味があることで、甘み、酸味などがより際立つ。

無題

■あるとよりおいしくなる道具

1.かちわり氷
コンビニやスーパーで売っている大きめの氷。硬くて溶けにくいため、お酒の味が薄まりにくい。

2.クラッシュアイス
かちわりより一段細かい氷。溶けやすく、度数が強い酒に最適。アイスコーヒー用等の氷として買える。

3.計量スプーン
アルコールなど、液体をはかる時に使用。レシピに忠実な量だとおいしさも格別。計量カップでもOK

4.バースプーン
柄の長いスプーン。家にない場合は、マドラーなど、細くて棒状のものがかき混ぜやすい。

素材を混ぜ合わせることで、奥行きのある一杯に仕上がる。

〝ミクソロジー〞の第一人者として知られる南雲主于三さん。ミクソロジーとは、フルーツや調味料など、あらゆる食材を混ぜ合わせて、カクテルに昇華させること。「素材を自由に混ぜ合わせるだけで、立体感が生まれ、余韻のある味わいになるので、家飲み時間がより楽しくなると思います。今回の3品は、旬の果物やアイス、ビネガーなどの甘みや酸味を生かした簡単に作れるカクテルで、応用も利きますよ」

さらにホームカクテルを作る際のコツを教えてもらった。「お酒を含めて材料をよく冷やしておくと、均一に混ざるので口当たりがよくなります。氷も溶けにくくなり、一杯のカクテルを長く楽しむことができます。料理と同様、塩は味を調え、砂糖はコクをプラスできるので、カクテル作りにも重宝します」これさえ覚えておけば、自宅がバーに早変わり。ぜひお試しを。

Teacher…南雲主于三(なぐも・しゅうぞう)

バーテンダー。虎ノ門の〈memento mori〉など、4店舗のバーを経営。著書に『ザ・ミクソロジー カクテル創作のメソッドとテクニック』(柴田書店)など。

(Hanako1196号掲載/photo : Kayoko Aoki illustration : Shapre text : Emi Suzuki)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る