安原さん連載 29回
2021.05.20

スイーツ界を席巻するかも? 【2021年】今注目の「スイーツ専門店」5選!フルーツサンドや、バタースイーツも。

続々とオープンしているスイーツ専門店。ある分野に特化したお店だからこそ、“珠玉のスイーツ”に会えるはず!かわいいパッケージのものは手土産にも◎

1.【ヴィーガンフルーツサンド専門店】〈フルーツ アンド シーズン〉/恵比寿

安原さん連載 29回
〈フルーツ アンド シーズン〉の「フルーツサンド」。左から「あまおう(苺)」993円、「やよい姫(苺)」1,026円、「ミックス」788円、「クラシアスマンゴー」1,458円(全て税込)
〈フルーツ アンド シーズン〉の「フルーツサンド」。左から「あまおう(苺)」993円、「やよい姫(苺)」1,026円、「ミックス」788円、「クラシアスマンゴー」1,458円(全て税込)
安原さん連載 29回
〈フルーツ アンド シーズン〉の「フルーツサンド」。左から「あまおう(苺)」993円、「やよい姫(苺)」1,026円、「ミックス」788円、「クラシアスマンゴー」1,458円(全て税込)

いまトレンドのフルーツサンドですが、他店とはひと味違う、乳や卵を一切使用しないヴィーガンフルーツサンド専門店〈フルーツ アンド シーズン〉が今年1月に恵比寿にオープンしました。農家直送の旬のフルーツをたっぷりと使用した手作りのフルーツサンドは圧倒的な存在感。主役のフルーツのおいしさを引き立てる、ふわふわのパンと甘さ控えめのなめらかなクリームは豆乳をベースにした自家製のもので、ボリュームたっぷりにもかかわらず、カロリーは通常のフルーツサンドの1/3程度なのでとってもヘルシー。

さらに、通常だと廃棄になってしまうパンの切れ端や不揃いのフルーツをうまく使用することで無駄をなくすというSDGs要素もあり、まさに最先端のフルーツサンド専門店なのです。パステルカラーのパッケージもかわいらしいのでお手土産にもおすすめ。

〈フルーツ アンド シーズン〉
■東京都渋谷区恵比寿西1-10-1 1F

(photo,text : Reika Yasuhara)

2.【さつま芋スイーツ専門店】〈芋の上松蔵〉/吉祥寺

「芋けんぴ」(塩)497円/100g。
「芋けんぴ」(塩)497円/100g。
吉祥寺〈芋の上松蔵〉
「芋けんぴ」(塩)497円/100g。
吉祥寺〈芋の上松蔵〉

1905年創業の老舗ベーカリー〈DONQ〉がアトレ吉祥寺本館1階に、さつま芋スイーツの新ブランド〈芋の上松蔵〉の常設店をオープン!店内厨房で手作りしているバラエティー豊かな“お芋スイーツ”が。

ポップアップ店の頃から好評だった「芋けんぴ」は、店内厨房での揚げたてを提供。「甘」と「塩」の他に、ごまの風味豊かな「ごま」の3種から選べ、量り売りで販売しています。焼きいもから作り上げるおいしさが自慢の「スイートポテト」は、焼きいもの中身をくりぬいたものを、卵黄、牛乳、砂糖、バターと合わせて再度皮へ盛り付けて焼いています。手間ひまをかけた製法が口どけの良さとなり、素朴さと優しい味わいを生み出しています。他にも口の中でホロホロと崩れる独特の食感が面白い「芋ホロン」やなめらかなスイートポテトを薄いパイでサンドした「さくさくスイートポテト」なども!

〈芋の上松蔵〉
■東京都武蔵野市吉祥寺南町1-1-24 アトレ吉祥寺本館1F
■0422-22-1399
■10:00~21:00(営業時間は施設に準ずる)

(photo&text:Yu Hazuki)

3.【ピスタチオスイーツ専門店】〈PISTA&TOKYO〉/東京

東京ギフトパレット PISTA&TOKYO
PISTA&TOKYO__ピスタチオサンド
東京ギフトパレット PISTA&TOKYO
PISTA&TOKYO__ピスタチオサンド

“ナッツの女王”と呼ばれるピスタチオの芳醇なコクを贅沢に味わう、ピスタチオスイーツの専門店。「ピスタチオサンド」はサクッと軽いクッキーも、サンドされたチョコもALLピスタチオ!色鮮やかなパッケージと共に、優雅なティータイムが過ごせそう。

〈東京ギフトパレット〉
■東京都千代田区丸の内1-9-1
■03-3210-0077(東京駅一番館代表)
■9:30〜20:30(土日祝は9:00〜)
 ※一部店舗で営業時間が異なる場合があります。

(photo,text:Sumire Hanamura)

4.【バタースイーツ専門店】〈BUTTER STATE's〉/池袋

東京 BUTTER STATE's
東京 BUTTER STATE's
「バターステイツケーキ」4個入り648円、8個入り1,296円。
「バターステイツケーキ」4個入り648円、8個入り1,296円。
東京 BUTTER STATE's
東京 BUTTER STATE's
「バターステイツケーキ」4個入り648円、8個入り1,296円。

バタークリームを使ったケーキなど口どけのいいバターをメインにしたスイーツに人気が集まっています。そんな中、誕生した新しいスイーツブランドが〈BUTTER STATE's〉です。〈BUTTER STATE's〉では、“多層多感”をテーマにした12種類ものフレッシュケーキを用意しています。その言葉通り、層を重ねることでたくさんの味わいや食感が楽しめるケーキばかりです。

また〈BUTTER STATE's〉の看板商品は、ブランド名を冠したクッキー「バターステイツ」です。一般的なラングドシャなどはバターが25%ほど含まれるのに対して、「バターステイツ」は37%がバターと、これまで例がないほどバターが含まれています。「バターステイツケーキ」は、バターに白あんを練り込んで、アーモンドのクリームと一緒に焼き上げています。しっとりとした柔らかさとやさしい甘さが特徴のソフトケーキです。

〈BUTTER STATE's〉
公式サイト
オンラインショップ

(photo&text:Saori Nozaki)

5.【カップティラミス専門店】〈TIRAMISU LABO〉/原宿

テイクアウトしやすいのも、カップティラミスの魅力。
テイクアウトしやすいのも、カップティラミスの魅力。
もっともスタンダードな味わいの「オリジナルティラミス」500円。
もっともスタンダードな味わいの「オリジナルティラミス」500円。
オレオのサクサク食感と心地よい苦味が持ち味の「オレオティラミス」600円。
オレオのサクサク食感と心地よい苦味が持ち味の「オレオティラミス」600円。
テイクアウトしやすいのも、カップティラミスの魅力。
もっともスタンダードな味わいの「オリジナルティラミス」500円。
オレオのサクサク食感と心地よい苦味が持ち味の「オレオティラミス」600円。

イタリアの代表的なスイーツの一つである、ティラミス。これにフルーツやチョコレート菓子などをトッピングした「カップティラミス」が昨今、韓国で人気を集めているそう。
店内に入ってまず目に留まるのが、ずらりと陳列されたカップティラミス。また、パステルカラーに彩られた、可愛らしい内装も印象的です。

従来のティラミスのスタイルにならい、カップティラミスも、複数のスポンジケーキとクリームを重ねて作られています。スポンジケーキにティラミスソースを乗せた後、さらにスポンジケーキとティラミスソースを重ね、最後にトッピングを盛り付けているそう。複数の素材が織りなす、豊かなハーモニーを楽しむことができます。ちなみにメニューごとにアレンジが加えられており、例えば「いちごティラミス」にはストロベリーソースが、「オレオティラミス」には砕いたオレオが、生地の部分に織り込まれています。

〈TIRAMISU LABO〉
■東京都渋谷区神宮前 1 15 4 Barbizon 76
■03-6721-1129
■11時〜20時
■不定休

(photo&text:Yoshiko Ogata)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る