〈江丹別〉
2021.04.27

一度食べたらやみつきに! 濃厚でクセになる「生ブルーチーズケーキ」も。チーズ好き必見!お取り寄せブルーチーズ3選

独特な深みのある美味しさが人気の「ブルーチーズ」。一度食べればハマること間違いなし!いつもとは違うチーズに挑戦したいとき、ワインと合わせて食べてみて。

1.〈江丹別〉の「青いチーズ」

〈江丹別〉

チーズといえばヨーロッパのものがもてはやされがちですが、世界一のチーズを目指して北海道の江丹別で生まれたのが〈江丹別〉の「青いチーズ」です。いくつか種類があるのですが、こちらは石垣の塩で熟成させた商品。一箱100g 1,512円です。青カビ特有の臭みが少ないので、アレンジの可能性も無限大。もはやヨーロッパの伝統チーズを超えた、別次元のブルーチーズと言っても過言ではありません。現在は発送まで少し時間がかかるようですが、待つ価値アリのひと品ですよ。

(photo&text:Kaori Manabe)

2.〈古株牧場〉の「つやこブルー(ブルーチーズ)」

200g 1,650円(税込)(古株牧場 0748-58-2040)
200g 1,650円(税込)(古株牧場 0748-58-2040)

滋賀県の牧場で作られたブルーチーズ。ミルクの風味が優しく感じられ、とてもまろやか。そのまま食べると弾力があり、火を通すとホロホロとした食感に。

【From 滋賀県(蒲生郡竜王町)】
国内最大の湖、琵琶湖を有し、豊かな水と肥沃な大地では一次産業がさかん。発酵食の文化も根付く。

(Hanako1184号掲載/photo:Chihiro Oshima text&edit:Kayo Yabushita)

3.〈Ao〉の「生ブルーチーズケーキ」

〈Ao〉の「生ブルーチーズケーキ」

高級感のあるシンプルなデザイン。生ブルーチーズケーキ「青」2,484円。箱を開けてみると…表面がブルーチーズの青カビでぎっしり!(決してカビているわけではありません)オススメの食べ方は、赤ワインと合わせると相性が良いのだそう。赤ワインはデザートにも合いますからね。原材料にもしっかりと「ゴルゴンゾーラ」と書かれています。冷蔵庫で5〜6時間解凍して、1センチくらいにカットしていただきます。断面は綺麗なクリーム色。しっとりとしていてクリーミーです。赤ワインとともに、いただきます!ほんのりとした優しい甘さ。上部はゴルゴンゾーラチーズの塩っぽさと、青カビの刺激がアクセントになっています。中のクリームチーズはとても濃厚で、リッチな味わい。

(photo&text:Kaori Manabe)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る