〈CAFE 仏蘭西屋〉
2021.04.05

銀座でのんびり過ごせる場所。 【2021年保存版】通いたい銀座の定番・喫茶店リスト8軒。愛され続ける名喫茶を巡ろう!

こだわりのコーヒー、とっておきの甘いもの、心休まる空間…銀座の街に根付く喫茶店は、お店ごとに味がありストーリーが詰まった、どこか懐かしく大人な雰囲気。ふだんづかいしたい喫茶店を探しに、まずはこの8軒をのぞいてみて。

1.〈壹眞珈琲店〉目でも楽しむ、大人の喫茶店。

特製バゲットを使ったクラシックな「ピザオープンサンド」650円(税込)。
特製バゲットを使ったクラシックな「ピザオープンサンド」650円(税込)。
〈マイセン〉の人形が並ぶカウンターからは、フィルタードリップで丁寧に淹れる様子が見られる。
〈マイセン〉の人形が並ぶカウンターからは、フィルタードリップで丁寧に淹れる様子が見られる。
特製バゲットを使ったクラシックな「ピザオープンサンド」650円(税込)。
〈マイセン〉の人形が並ぶカウンターからは、フィルタードリップで丁寧に淹れる様子が見られる。

店自慢のコーヒーは、神戸・〈萩原珈琲〉の炭火焙煎豆を使った少し苦味のあるマンデリンベース。そしてコーヒーをいただくカップとソーサーは、銀座の土地柄に合わせたというドイツの名窯〈マイセン〉の一級品をそろえ、視覚からもコーヒー時間を楽しませてくれる。

〈壹眞珈琲店〉

〈壹眞(かづま)珈琲店〉
■東京都中央区銀座5-7-19 銀座フォーリービル 4F
■03-3289-0581
■11:30~23:00(金土~23:30)無休
■100席/喫煙可

2.〈和蘭豆〉外堀通り沿いに佇む、コーヒー専門店。

ウッドデッキ調の店内は落ち着いた雰囲気。
ウッドデッキ調の店内は落ち着いた雰囲気。
サイフォンコーヒーを淹れる後ろには、木彫りの「かうひい異名熟字一覧」が梁にかけられている。
サイフォンコーヒーを淹れる後ろには、木彫りの「かうひい異名熟字一覧」が梁にかけられている。
ウッドデッキ調の店内は落ち着いた雰囲気。
サイフォンコーヒーを淹れる後ろには、木彫りの「かうひい異名熟字一覧」が梁にかけられている。

ディープな店が軒を連ねる銀座7丁目で、今年創業48年を迎える。珍しいモカベースの「和蘭豆ブレンド」720円や、蜂蜜をかけていただく「和蘭豆モカ・ゼリー」780円(各税込)は創業当時から愛され続けている味。知る人ぞ知る、フィナンシェやトマトジュースはお土産にも◎。

〈和蘭豆〉

〈和蘭豆(らんず)〉
■東京都中央区銀座7-3-13
■03-3571-8266
■10:00~22:00(土日祝11:00~20:00)不定休
■35席/全面喫煙可

3.〈茶房 野の花〉ギャラリー併設の、和モダンな憩い空間。

〈茶房 野の花〉
〈茶房 野の花〉
〈茶房 野の花〉
〈茶房 野の花〉

野の花・茶花専門店〈野の花 司〉の2階に併設された茶房は、陶器や一輪挿しといった和テイストの作品に囲まれながらドリンクなどをいただける。蔵の扉を再利用した大きなテーブルや、滑車をリメイクした置物など、純喫茶とはまた一味違った空間でいただきたいのは、1杯ずつ抹茶をたてて作る自家製クリームソーダ1,300円(税込)。

〈茶房 野の花〉

〈茶房 野の花〉
■東京都中央区銀座3-7-21(野の花 司 2F)
■03-5250-9025
■11:30~17:00 年末年始休
■13席

4.〈茶房 絵李花〉通いたくなる、ホームメイドの味。

〈茶房 絵李花〉
〈茶房 絵李花〉
〈茶房 絵李花〉
〈茶房 絵李花〉

新橋演舞場の目の前、黄色いテントが目印のこちらは演出家・宮本亞門さんのご実家。亞門さんのお父さまが作る家庭の優しい味を求めて、ランチやコーヒーブレイクの時間ににぎわう。少し硬めの自家製カスタードプリン473円はホールで作り、カットして提供。最後にカラメルソースをたっぷりかけていただける。

〈茶房 絵李花〉

〈茶房 絵李花(えりか)〉
■東京都中央区銀座7-17-4 アーク銀座ビル1F
■03-3543-2006
■9:30~18:30(土日祝10:00~17:00)年末年始休
■30席

5.〈珈琲館 紅鹿舎〉元祖洋食屋の、創意工夫な喫茶メニュー。

〈珈琲館 紅鹿舎〉
〈珈琲館 紅鹿舎〉
〈珈琲館 紅鹿舎〉
〈珈琲館 紅鹿舎〉

ピザトースト発祥の店で密かに人気なのが、サックリ焼き上げたパイの上にバニラアイス、生クリーム、ソースをたっぷりかけたシリーズ。「ストロベリーパイ」1,150円は、これからの季節にぴったりだ。コーヒーを注ぐとバラの形の生クリームがドレスのように広がる「カフェ・タカラズカ」850円(各税込)は、オレンジリキュールの入った大人な味。

〈珈琲館 紅鹿舎〉

〈珈琲館 紅鹿舎(べにしか)〉
■東京都千代田区有楽町1-6-8 松井ビル1F
■03-3502-0848
■9:30(土日祝9:00)~23:45 無休
■63席/喫煙可

6.〈CAFE 仏蘭西屋〉朝にも使いたい、レトロモダンな昭和喫茶。

〈CAFE 仏蘭西屋〉
〈CAFE 仏蘭西屋〉
〈CAFE 仏蘭西屋〉
〈CAFE 仏蘭西屋〉

地下階段を下りると、開業当初からある大きなシャンデリアに、一枚大理石、ウッド調の椅子や壁など昭和のレトロ喫茶を代表するような空間が広がる。大阪の本店から毎朝直送されるシフォンケーキは、昨年秋から登場。チョコレートのしっとりふわふわ生地にコーヒーを合わせて、1,200円(税込)でいただける。朝8時からの営業なので出勤前のモーニングにも使いたい。

〈CAFE 仏蘭西屋〉

〈CAFE 仏蘭西屋〉
■東京都中央区銀座3-7-16 銀座NSビルB1
■03-3564-0462
■8:00~21:00 元日休
■74席

7.〈ロイヤルクリスタルカフェ〉ティーサロンのような、非日常空間。

ロイヤルクリスタルカフェ
ロイヤルクリスタルカフェ
ロイヤルクリスタルカフェ
ロイヤルクリスタルカフェ

壁にはマリー・ローランサンやシャガールの絵画が飾られ、サロンのような特別な雰囲気に包まれる。アンティークカップに注がれるのは、自家農園で収穫されたハワイ・コナのコーヒー1,700円。那須野が原の大自然で育った鶏の卵を使用した「オムライス ビーフシチュー添え」1,750円(各税込)など、食事メニューも一流の味。

_Z6O4945

〈ロイヤルクリスタルカフェ〉
■東京都中央区銀座5-4-6 ロイヤルクリスタル銀座B1
■03-3569-1188
■11:00~21:00 年末年始休
■40席

8.〈月のはなれ〉老舗の画材店発、銀座の隠れ家喫茶。

〈月のはなれ〉
〈月のはなれ〉
〈月のはなれ〉
〈月のはなれ〉

創業100年以上の画材店〈月光荘〉が、雑居ビルの屋上をリノベーションし2013年にオープン。メニューにはお絵かきセットもあり、コーヒーやお酒を嗜みながら絵を描く、大人の過ごし方も。バーテンダー・二場巧さんが作るパフェテルは、硬めのシューの中に苺やジャスミンなどのカクテルを閉じ込めた、シェフ顔負けのユニークな一品。1,400円。

〈月のはなれ〉

〈月のはなれ〉
■東京都中央区銀座8-7-18 月光荘ビル5F
■03-6228-5189
■12:00~20:00 無休
■20席

(Hanako1195号掲載/photo : Chihiro Oshima, Kaori Ouchi (Royal Crystal Cafe) text : Ami Hanashima edit : Kana Umehara)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る