おいしい”あんこ”大集結の「YOKAN collection」へ。
2017.11.24

11月25日(土)~26日(日)に行くべき、観るべきイベント! おいしい”あんこ”大集結の「YOKAN collection」へ。

いま行っておきたいアツいイベントを独断と偏見で紹介する連載。毎週金曜夜更新中♡
道玄坂 まりこ
道玄坂 まりこ / フリーライター

「雑誌Hanakoでイベント情報ページを担当。おもしろそうなことには積極的に首、足、手、その他なんでも突っ込んでいきたいアラサーライター。」

道玄坂 まりこさんの記事一覧 →

羊羹は日本酒やジュースと合わせる時代!

yokanalacarte

hanako.tokyo って便利なタグ検索があるわよね。私のお気に入りタグは何を隠そう「#あんこ好き」なんだけど、もうここに出てくる記事は眺めているだけで幸せになる、あんこパラダイス。あんこは私の精神安定剤。

というわけで私のような、あんこホリックの方に朗報。日本を代表する老舗羊羹屋が集まって、多彩な羊羹・和菓子を紹介する「 YOKAN Collection」が今週末のTOKYO CRAFT MARKETで開催されるわよ。

5639a0b28e67b01a899523a5ccbc3149-1500x1001

え?「YOKAN Collection」は何かって?冗談は顔だけにして(←織田信成くんって本当おもしろいよね)。全国各地の老舗・名店が自慢の羊羹を出品して、その魅力を発信しているイベントよ。日本のみならず、パリやシンガポールでも開催していてすごい人気なのよ。あんこはもはや世界共通語ね。

で、今回はというと、越乃雪本舗大和屋、鈴懸、とらや、米屋、常盤木羊羹店などが登場するんですって。豪華すぎて大変。ここではおいしい羊羹のみならず、日本酒・ジュースとのペアリングなど、 新しい楽しみ方も体験できちゃうわよ。

ちなみに「TOKYO CRAFT MARKE」は和菓子の老舗以外にも、陶芸作品やプレートなどクラフトに焦点を当てた店が数多く登場するから、手作りのものが好きな人は絶対に行くべき!

IMG_3393-1500x1000

「TOKYO CRAFT MARKET with YOKAN Collection」
■〈国連大学屋根下&中庭〉
■東京都渋谷区神宮前5-53-70
■11月25日、26日
■10時〜16時
■入場無料

見ているだけで心が温まります。

mail_themug_2017-1

最近寒くなって、スープやお茶を飲む回数がめっきり増えたわ。今日は何飲もうかなぁって迷ってる時間も楽しいけど、どの器に入れようって考えるのも楽しいのよね。
というわけで、そんなほっこりぬくぬく時間をさらに温めてくれそうな展示が国立新美術館で開催中だから紹介するわね。「THE MUG」展よ。

石井啓一さんや伊藤豊さん、小野陽介さんなど9人の作り手のマグカップを集めた展示なの。「このマグでダージリンティーを飲みたいな」「このマグはほうじちゃラテが合うな」とか、それぞれ妄想が膨らむのも楽しい。私は石井さんのブルーのマグにはホットミルクにシナモン振りかけて飲みたい!あさりがたっぷりのクラムチャウダーもいいな!(お願い!誰か作って!)

六本木はウィーン生まれのティーハウス「デンメアティーハウス」もあるし、そちらで茶葉を選んで帰るのもいいかもね!

5466b1ce753b22766600889cfb4f77ae
石井啓一・作
d1c3fb5a28817ee08579bfb9270f0697
小野陽介・作
a544c50c4cbe6c2fad2e629acb564a97
中薗義光・作
857a98af335c03d0fc3408c143a15d65
折原秀樹・作

「THE MUG」
■〈SFT(国立新美術館ミュージアムショップ、スーべニアフロムトーキョー)〉
■東京都港区六本木7-22-2
■国立新美術館1F、 B1
■03-6812-9933
■10時〜18時(金曜〜20時)
■火曜休(祝日又は休日に当たる場合は開館し、翌日休館)
■〜2018年1月15日。

2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。

今月のスペシャル

進化が止まらない!行列ができるパン特集進化が止まらない!行列ができるパン特集
TOPに戻る