〈Megan - bar & patisserie〉の「THE CHEESECAKE」
2021.09.04

このおいしさはお取り寄せだけ。 今年中に要チェック!【お取り寄せ】売り切れ続出のオンライン限定スイーツ8選

自分へのご褒美として人気のお取り寄せスイーツ。せっかく注文するならオンライン限定商品を購入してみませんか?幻のチーズケーキや極上プリンなど今注目のスイーツが満載です!

1.〈Quintessence〉の「ガトーオーコンテ」

〈Quintessence(カンテサンス)〉

ミシュラン三ツ星を取り続ける岸田周三シェフが、8カ月の試行錯誤の末に生み出したチーズケーキは、“「これが答えだ」と言える”自信作。「ナッツの食感が心地いいタルトに爽やかで口あたり軽やかなレア、そして濃厚で力強いコンテチーズのベイクド。それぞれに意味を持たせた3層仕立てに、シェフの凄さを感じます」(スイーツなかのさん)。5,400円。

(Hanako1199号掲載/photo : MEGUMI styling : Momoko Miyata text : Yuya Uemura)

2.〈PAYSAGE〉の「サブレエテ」

〈PAYSAGE(ペイサージュ)〉

『Hanako』にもたびたび登場している江藤英樹シェフ新設のブランドから、夏らしい爽やかなアソートがエントリー。ヴァニーユ、レモンティー、ココパイン、ピスタージュという4種。厚みや大きさもそれぞれ異なり、食感や味わいの違いを楽しめるサブレが詰められている。「それぞれが全く異なる風味なので、これだけ入っていてもすぐ空っぽに」(なりさん)。3,780円。販売情報はInstagram(@paysage_he)で。

(Hanako1199号掲載/photo : MEGUMI, Miyu Yasuda styling : Momoko Miyata text : Yuya Uemura)

3.〈CHEESE CAVERY TOKYO〉の「チーズケーキブリック フレッシュクリーム / ディープテイスト」

福岡〈CHEESE CAVERY TOKYO〉

ベイクドチーズケーキの「BRICK(ブリック)」は煉瓦を意味し、熟成チーズが作られる貯蔵庫をイメージ。熟成チーズの深みのある味わいと、しっとりとした食感が楽しめます。

口溶けのよい生クリームと濃厚なチーズケーキの組み合わせがたまらない「フレッシュクリーム」は、ゴルゴンゾーラを使用したチーズケーキに3種類の生クリームを独自でブレンドし、たっぷりと絞りました。こちらも蜂蜜のシロップかけて頂くとチーズの味わいがより一層引き立ちます。

福岡〈CHEESE CAVERY TOKYO〉
公式サイト

さらに詳しい記事はこちらから。

(photo&text:Yu Hazuki)

4.〈Megan - bar & patisserie〉の「THE CHEESECAKE」

〈Megan - bar & patisserie〉の「THE CHEESECAKE」

渋谷並木橋にある〈MUSTARD HOTEL SHIBUYA〉の1階にある、カフェ・レストラン〈Megan - bar & patisserie〉から、オンライン限定で販売しているチーズケーキをさっそくお取り寄せ!

ベーシックな見た目の〈Megan〉のチーズケーキは、余計なものは一切入れず、厳選された国産素材を使用。素材本来のおいしさを楽しめます。また、平窯で90分間じっくりと低温蒸し焼きにし、しっとりと半生のような滑らかさを実現しているのが特徴。

いざ食べてみると、とろりと舌を滑るなめらかな口どけの良さと、サクサクのクッキー生地の食感のバランスが良好。チーズのコクと香りが豊かなので、食べ進むたびに幸せ気持ちにさせてくれるのもたまらない。これこそまさに求めていた理想のチーズケーキって感じです!

販売サイト
■発送日:毎週水・日(※今後変更の可能性あり)
 配送方法は冷凍。冷蔵で5時間解凍する。

(text, photo : Yuko Mano)

5.〈P TISSERIE ASAKO IWAYANAGI〉の「テリーヌショコラ オ・レ」

PÂTISSERIE ASAKO IWAYANAGI お取り寄せ テリーヌショコラオ・レ

東京・等々力に店を構えるスイーツの名店〈PÂTISSERIE ASAKO IWAYANAGI〉。オンラインストア限定冷凍配送の「テリーヌショコラ オ・レ」を実際にお取り寄せして実食!思わずため息をついてしまうほど美しい漆黒の「テリーヌショコラオ・レ」。見るからに濃厚そうなグラサージュが光に反射してきらきら輝いています。濃厚さを追求して粉を使わず、オリジナルクーベルチュールチョコレートオ・レを贅沢に使用したというテリーヌショコラは、半解凍でも美味しいとのこと。せっかくなので解凍時間を変えて2種類の食べ方で楽しんでみました。

〈PÂTISSERIE ASAKO IWAYANAGI〉
■東京都世田谷区等々力4-4-5
■03-6432-3878
■10:00~19:00(現在は11:00〜17:00 テイクアウトのみでの営業) 
■月休(祝の場合は翌休)
■24席
■禁煙

(photo,text:Chiharu Kubota)

6.〈Mr.CHEESECAKE〉の「Mr.CHEESECAKE」

Mr.CHEESECAKE

「まさに人生最高のチーズケーキ!」、「両親や祖父母にプレゼントしたら、とっても喜んでくれました」。SNS上には、“Mr.CHEESECAKE”を絶賛する声があふれています。“Mr.CHEESECAKE”の人気ぶりはすさまじく、シェフの田村さんによると、毎回あっという間に売り切れてしまうのだとか。フォークを入れると、しっかりとした手応えがあるにも関わらず、口に入れると滑らかな舌ざわりに。後を追うように、レモンとスパイスの香りがふんわりと、豊かに立ちこめます。レアチーズケーキでもベイクドチーズケーキでもない、“ニュージャンル”のチーズケーキといえるでしょう。

〈Mr.CHEESECAKE〉
■公式サイト:mr-cheesecake.com

(text,photo:YoshikoOgata)

7.〈ダンデライオン・チョコレート〉の「チョコレートプリン」

〈ダンデライオン・チョコレート〉の「チョコレートプリン」

冷蔵で配送されるオンライン限定商品のチョコレートプリンは、保存料などの添加物を一切使わず、蔵前のキッチンで焼いたその日に出荷しているという丁寧さが嬉しい。ひんやりした箱から取り出したガラス瓶は一つ80g、手のひらサイズで可愛らしい。保存料を使っていないため消費期限はお届け日を含めて3日と少し短め。注文したその日から、プリンのことを考えそわそわ。適度に柔らかな生地は滑らかな舌触り。もっと全面にチョコレートかな?と思っていたけれど、マイルドなカカオは重すぎず、「プリン感」も残しながら存在感を放っていてとてもいいバランス。

〈ダンデライオン・チョコレート ファクトリー&カフェ蔵前〉
■ 東京都台東区蔵前4-14-6
■ 03-5833-7270
■ 11:00〜18:00
公式サイト

(photo,text:Chiharu Kubota)

8.〈& OIMO TOKYO〉の「蜜芋バスクチーズケーキ」

安原さん連載 25回

バスクチーズケーキと安納芋がコラボレーションした進化系チーズケーキが登場しました!上層は濃厚なチーズケーキ、下層は安納芋のスイートポテトの2層仕立て。外側ににじみ出た安納芋の蜜がカラメルのような香ばしさで、アクセントになっています。半解凍と常温の状態では食感も味わいも異なるので、食べ比べてみると楽しいですよ。(ちなみに、私は半解凍の状態がおすすめです!)和のおもてなしを感じるパッケージも素敵なのでプレゼントにも喜ばれること間違いなしです!「蜜芋バスクチーズケーキ」3,200円(税込)箱のサイズ:幅17.7×縦6×奥行き9.6cm。

■〈& OIMO TOKYO〉オンラインストア:https://www.and-oimo-tokyo.com/product-page/mitsuimobasque-gift

(text:Reika Yasuhara)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る