今、“進化系おはぎ”がすごい!【東京】売り切れ続出の人気おはぎ専門店3選。
2021.03.26

2021年は『おはぎ』に注目。 今、“進化系おはぎ”がすごい!【東京】売り切れ続出の人気おはぎ専門店3選。

おはぎといえば、昔ながらのイメージが強い和菓子ですが、最近は見た目もおしゃれな『進化系おはぎ』が登場しています。そこで今回は、2021年注目の『進化系おはぎ』をご紹介します。手土産にもぴったりで話題になること間違いなしです。
編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →

1.〈おはぎと大福〉/神楽坂

〈おはぎと大福〉の「おはぎ」
左上から時計回りに、ごま(200円)、きなこ(200円)、つぶ(190円、各税込)。『きなこやごまはお店で直焙煎!』

昔ながらのおはぎに新しさをプラスした“進化系おはぎ”が楽しめるテイクアウト専門店。素材にこだわり、店主が心を込めて手作りしたおはぎは、どこか懐かしくて優しい味わい。神楽坂近辺から仕入れたもち米やほうじ茶などを使用しており、地域密着型なところも◎。定番のほかに、日替わりで変わり種も。開店早々に売り切れる日もあるので注意。

〈おはぎと大福〉
白と木目調の店。
〈おはぎと大福〉
左から玄米茶(200円)、くるみ(230円)。
〈おはぎと大福〉

〈おはぎと大福〉
■東京都新宿区天神町35 谷井アパート 1F
■11:30~18:00(売り切れ次第終了)不定休

Navigator…スイーツ担当・安原伶香(やすはら・れいか)/和スイーツ研究家。江戸中期創業の〈大三萬年堂〉十三代目。新ブランド〈大三萬年堂HANARE〉も手がけた。『ガイアの夜明け』にも出演。

(Hanako1194号掲載/photo : Natsumi Kakuto text & edit : Kahoko Nishimura, Chihiro Kurimoto)

2.〈タケノとおはぎ〉/新桜町

〈タケノとおはぎ〉

オーナー・小川寛貴(おがわひろき)さんが、大好きなおばあさんのおはぎをきっかけに、素材やデザインを日々アップデート。花をモチーフにしたオリジナルおはぎもオーダー可能。「コーヒーとデーツや、北欧のスーパーフード・リンゴンベリーとショコラを合わせるなど、スーパーフードを使ったおはぎにも注目です」(福本さん)。

〈タケノとおはぎ〉
■東京都世田谷区桜新町1-21-11
■03-6413-1227
■12:00~18:00(売り切れ次第終了)月火休

3.〈OHAGI3 浅草店〉/浅草

〈OHAGI3 浅草店〉

“モダンおはぎ”として季節感を彩りつつ月替わりで新たなフレーバーにも挑戦している。「サイズが大きくてあんこがズッシリ、というおはぎの概念が覆りました」(はなともさん)。有機ココナッツをまぶした純白色の「新月」(左上)や、白餡と赤餡を西尾抹茶が引き立てる「半月」(右上)など定番おはぎ1個220円(税込)。

〈OHAGI3(おはぎさん)浅草店〉
■東京都台東区浅草1-31-4
■03-5830-3103
■11:00~17:30(土日祝~18:00)不定休

(Hanako1193号掲載/photo : Kichi Fukuda, Natsumi Kakuto styling : Misa Nishizaki text : Ami Hanashima)

2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。

今月のスペシャル

定番からトレンドもわかる!『愛され手土産』特集定番からトレンドもわかる!『愛され手土産』特集
TOPに戻る