〈Laekker〉
2021.03.14

パフェからパンまで。 トレンドスイーツを食べるなら代官山へ!今食べるべきおしゃれスイーツ4選。

洗練された街・代官山にはおしゃれなカフェが数多くあります。今回はそんな代官山エリアで食べられる、注目の最新スイーツをご紹介します。

1.〈洋食 KUCHIBUE〉のル・レクチェのパフェ

ル・レクチェのパフェ 2,000円
ル・レクチェのパフェ 2,000円

料理家でオーナーシェフの坂田阿希子さんの出身地である新潟の名産品「ル・レクチェ」を使った限定パフェは、店自慢のグラタンなど洋食アラカルトを食べた後にいただきたい。「坂田さんならではのノウハウが詰まったパフェ。素材の味のバランスがお見事です」(渡辺さん)。2,000円。

〈洋食 KUCHIBUE(くちぶえ)〉
■東京都渋谷区猿楽町29-10 ヒルサイドテラス C棟15号
■03-5422-3028
■11:30~、13:30~の2部予約制 火水休
■20席/禁煙

(Hanako1193号掲載/photo : Chihiro Oshima, Natsumi Kakuto(DORUMIRU)text : Ami Hanashima)

2.〈Tempura Motoyoshi いも〉の塩そふと丸十

『箱入りのいも天ぷらは冷めてもおいしい!(きょんさん)』
『箱入りのいも天ぷらは冷めてもおいしい!(きょんさん)』

〈天ぷら元吉〉がオープンさせた、テイクアウト専門店の看板メニューは、本店と同じ油を使って1時間以上じっくりと火入れしたさつま芋に塩ソフトクリームを合わせた逸品。「さくさくと快音弾ける天ぷらの食感、さつま芋の甘み、ソフトクリームのまろやかさ。一つでも欠けると成立しない、黄金比率とも言うべきバランス感です」(きょん。さん)。650円(税込)。

〈Tempura Motoyoshi(テンプラモトヨシ)いも〉
■東京都渋谷区代官山町20-6
■03-6455-2240
■12:00~16:30 月休

(Hanako1193号掲載/photo : Seiji Seki, Kiichi Fukuda, Natsumi Kakuto, Hiromi Kurokawa text : Yuya Uemura)

3.〈Laekker〉の和栗の焼きモンブラン

〈Laekker〉

都内でも珍しいデニッシュ専門店。店主の小出貴大さんはパティシエ出身で「クリームやフルーツの使い方など隅々まで味わい深い」(chicoさん)のが特徴。上品な甘さの和栗が、デニッシュの香ばしさと相性抜群。2月末まで。590円(税込)。

〈Laekker(レカー)〉
■東京都渋谷区代官山町9-7 サンビューハイツ代官山 1F
■10:00~18:00 火水休

(Hanako1193号掲載/photo : Satoru Nakano styling : Chiaki Fujita text : Yuko Tagi)

4.〈プリンチ®〉のマリトッツォ さくら

「マリトッツォ さくら」420円。
「マリトッツォ さくら」420円。

イタリアの食文化を伝えるベーカリー〈プリンチ®〉は、2020年から通年でローマスタイルの「マリトッツォ」を提供。春の新作として2月15日から販売するのは「マリトッツォ さくら」です。「マリトッツォ」のためだけに作ったブリオッシュ生地に、動物性とは思えないほど軽い食感の生クリームがたっぷり。ほんのりピンク色にさくら風味がつけられたクリームの内部には、ピスタチオソースとストロベリーとラズベリーを使ったベリーソースが入っていて、外側に負けないほど中身も華やかです。

〈プリンチ 代官山T-SITE〉
■東京都渋谷区猿楽町16-15
■03-6455-2470
■7:00~22:00
■不定休
※「マリトッツォ さくら」は〈プリンチ 代官山T-SITE〉、〈スターバックス リザーブ ロースタリー 東京〉を含む首都圏全5店舗で販売。

(text&photo:Saori Nozaki)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る