FotoJet (5)
2021.02.18

ときめく!スイーツ大賞2021【和菓子部門】 【スイーツ大賞2021】心ときめく絶品「羊羹」4選。贈り物に喜ばれること間違いなし!

2021年、最も輝くスイーツは何か!?時代を彩るお菓子を見つめ続けてきたHanakoが、アワードを開催することになりました。総勢20名のスイーツエキスパートを審査員に招き、今年を代表するであろう甘い“逸品”を厳選。今回は、【和菓子部門】より羊羹をご紹介します。
FotoJet (6)

1.〈松島屋〉の栗蒸し羊羹/泉岳寺『創業以来の変わらぬおいしさに毎年ファン続出!(渡辺紀子さん)』

茨城産の新栗を使用した、9月末~12月中旬頃に販売する期間限定商品。棹の中にぎっしり詰まった新栗と、風味の濃い十勝産小豆とのバランスは甘すぎず、ほくほくとした栗が際立つ。今年の秋が待ち遠しい一品。「秋の訪れとともに食べたくなる羊羹です。夏を過ぎたら予約必須!」(渡辺さん)。1棹2,600円(税込)。

〈松島屋〉
■東京都港区高輪1-5-25
■3-3441-0539
■9:30~16:00頃(売り切れ次第終了)日、月2回月休

2.〈栗菓子処 日向利久庵〉の栗利久-雅-/宮崎『贈り物にも喜ばれる、宮崎を代表する和菓子(シズリーナさん)』

地産地消の栗菓子を提供する和菓子と洋菓子の専門店。国産の栗を使った餡、栗の渋皮煮、そして黒糖羊羹を上掛けした三層からなる羊羹は、つややかで丸みのある形も特徴。「モンブランブームもさることながら、和菓子でも栗を楽しみたい人にはたまらない贅沢菓子」(シズリーナさん)。1棹3,500円(税込)。

〈栗菓子処 日向利久庵(ひゅうがりきゅうあん)〉
■宮崎県児湯郡高鍋町大字高鍋町684番ロ
■0983-23-1230
■9:00~18:00 年末年始休

3.〈亀屋良長〉のそんなバナナ、/京都『京都の老舗からの新作!バナナとチョコレートのコラボ(平岩理緒さん)』

免疫力向上に効果があるとされるバナナを使用。波照間島産の黒糖と、〈ダンデライオン・チョコレート〉のカカオを使ったカカオ羊羹をかけた、2020年4月登場の新作。「笑うことも免疫力アップに繋がるとのことで、くすっと笑える菓銘にしたセンスにも拍手」(平岩さん)。1本1,296円(税込)。

〈亀屋良長(かめやよしなが)〉
■京都府京都市下京区四条通油小路西入柏屋町17-19
■075-221-2005
■9:00~18:00 無休(元日、1月2日除く)

4.〈Chocolaterie CALVA 北鎌倉 門前〉の羊羹ショコラ/北鎌倉『ショコラティエの技が光る和洋折衷の逸品(下井美奈子さん)』

古都・北鎌倉を代表する手土産に、との声に応えたスペシャリテ。スッと切れのあるガナッシュと小豆のふくよかな香りをいかした羊羹が重なり、サラリとした口どけに。「乳脂肪は使用せず水だけでガナッシュを仕上げているそうで、カカオの力強い香りがダイレクトに広がります。ショコラティエだからこそ成せる業!」(下井さん)。1棹2,300円。

〈Chocolaterie CALVA 北鎌倉 門前(ショコラトリー カルヴァ)〉
■神奈川県鎌倉市山ノ内407
■0467-38-6259
■10:00~17:00 火水休

“スイーツエキスパート”な20人の審査員。

審査員

(Hanako1193号掲載/photo : Kichi Fukuda, Natsumi Kakuto styling : Misa Nishizaki text : Ami Hanashima)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る