「王様いちごの福」4個入り 1,512円。『まるでフルーツケーキのような味わい!(Hanako編集部・小倉 久)』
2021.02.17

ときめく!スイーツ大賞2021【編集部セレクト部門】 グルメなエディターたちを虜にした絶品スイーツ5選!注目の「ハイブリッドスイーツ」とは。

2021年、最も輝くスイーツは何か!?時代を彩るお菓子を見つめ続けてきたHanakoが、アワードを開催することになりました。総勢20名のスイーツエキスパートを審査員に招き、今年を代表するであろう甘い“逸品”を厳選。今回は、話題のスイーツを常に追いかけているHanako編集部員たちが厳選したスイーツをご紹介。今しか味わえない限定パフェから和洋折衷の大福まで種類豊富!

1.〈PIERRE MARCOLINI(ピエール・マルコリーニ)銀座本店〉のシーズンパフェ ピスタチオ フランボワーズ/銀座

「シーズンパフェ ピスタチオ フランボワーズ」1,650円。『期待を裏切らない目にも舌にも楽しい逸品!(Hanako副編集長・阿部太一)』
「シーズンパフェ ピスタチオ フランボワーズ」1,650円。『期待を裏切らない目にも舌にも楽しい逸品!(Hanako副編集長・阿部太一)』

ピスタチオマカロンから始まり、ピスタチオフランボワーズアイスクリーム、ドライフランボワーズやローストピスタチオ…と手を替え品を替え、飽きさせることなく、「ピスタチオとフランボワーズで攻めこんでくるストイックさ」に惚れこんだ一品。2/28(日)までの季節限定。

■東京都中央区銀座5-5-8
■03-5537-0015
■11:00~19:00(18:30LO)年末年始休
■40席/禁煙

2.〈京都祇をん ににぎ本店〉の王様いちごの福/祇園

「王様いちごの福」4個入り 1,512円。『まるでフルーツケーキのような味わい!(Hanako編集部・小倉 久)』
「王様いちごの福」4個入り 1,512円。『まるでフルーツケーキのような味わい!(Hanako編集部・小倉 久)』

京都祇園に本店がある和菓子店〈ににぎ〉が、自由な発想で果実のおいしさを最大限に引き出すために作ったフルーツ大福「菓実の福」。白餡だけでなく、ホイップクリームを合わせた「王様いちごの福」は、和菓子でありながら洋菓子のようなハイブリッドスイーツ。

〈京都祇をん ににぎ本店〉
■京都府京都市東山区祇園町北側347-115
■075-541-2120
■10:00~2:00(日祝~18:00)不定休

3.〈鶴屋寿〉の嵐山 さ久ら餅/京都

「嵐山 さ久ら餅」8個入り(竹かご入り)1,912円。『もっちりしていて素朴なやさしい甘さ(Hanako副編集長・西村由美)』
「嵐山 さ久ら餅」8個入り(竹かご入り)1,912円。『もっちりしていて素朴なやさしい甘さ(Hanako副編集長・西村由美)』

京都の嵐山にあるさくら餅専門店で、春だけでなく一年中楽しむことができる。同店の看板商品である「嵐山 さ久ら餅」。「日持ちが4日もするので多めに買って毎日食べていた」ほどハマってしまったと言う。桜の葉の香りと塩気が、上品なこし餡ともっちりとした道明寺とよく合っている。

〈鶴屋寿(つるやことぶき)〉
■京都府京都市右京区嵯峨天龍寺車道町30
■075-862-0860
■9:00~17:00 無休

4.〈GOOD FORTUNE FACTORY〉の貴腐ワインマスカットレーズン/学芸大学

「貴腐ワインマスカットレーズン」389円。『ドライフルーツの中でも抜きん出たおいしさ!(Hanako編集部・荒川由貴子)』
「貴腐ワインマスカットレーズン」389円。『ドライフルーツの中でも抜きん出たおいしさ!(Hanako編集部・荒川由貴子)』

ドライフルーツをはじめ、フィグログやワインなどを販売するセレクトショップ。店の奥にはワイン角打居酒屋がある。貴腐ワインに漬けこんだマスカットレーズンに、仕上げに貴腐ワインのパウダーを振りかけている。「気がついたら手が止まらず、永遠に食べられてしまう」のだとか。

〈GOOD FORTUNE FACTORY(グッド フォーチュン ファクトリー)〉
■東京都目黒区鷹番3-12-6 1F
■03-3714-0660
■11:30~21:00(火水~19:00)無休

5.〈MITOSAYA〉の柿とライムのジャム/千葉

「柿とライムのジャム」1,080円。『すべてが洗練されていてほかにはない味わいのジャムばかり(Hanako編集部・中島千恵)』
「柿とライムのジャム」1,080円。『すべてが洗練されていてほかにはない味わいのジャムばかり(Hanako編集部・中島千恵)』

緑豊かな千葉県大多喜町に位置する〈mitosaya薬草園蒸留所〉で製造されたジャム。旬の果物を使用しているので季節によってフレーバーを替えて販売されている。「どの商品も果実のピールの苦味と、濃厚で自然な甘さ、そして意外な組み合わせが好き」と話す。ライムが柿の甘さにアクセントをプラス。

〈MITOSAYA(ミトサヤ)〉
■千葉県夷隅郡大多喜町大多喜486
■0470-64-6041
■不定休

“スイーツエキスパート”な20人の審査員。

審査員

(Hanako1193号掲載/photo : Satoru Nakano text : Yuko Tagi)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る