〈セブン-イレブン〉
2021.02.09

ときめく!スイーツ大賞2021【コンビニスイーツ部門】 〈セブン-イレブン〉で買いたい話題のスイーツ4選!コスパ抜群のコンビニスイーツが続々登場。

2021年、最も輝くスイーツは何か!?時代を彩るお菓子を見つめ続けてきたHanakoが、アワードを開催することになりました。総勢20名のスイーツエキスパートを審査員に招き、今年を代表するであろう甘い“逸品”を厳選。今回は、【コンビニスイーツ部門】より、〈セブン-イレブン〉のスイーツをご紹介。100円から300円で買えるコンビニスイーツは、手軽さに反して質の高さが年々アップ。スイーツ賢者が今年の賞に選んだ中には、各店のアイデアが光る変わり種だけでなく、大福やシュークリームなどのほっと落ち着く定番品も。日々のおやつもプチ贅沢もコンビニで!

1.「シュー・ア・ラ・クレーム」130円

〈セブン-イレブン〉
〈セブン-イレブン〉
〈セブン-イレブン〉
〈セブン-イレブン〉

「香ばしく焼かれたシュー生地、コクのあるカスタードクリームが完璧」(はなともさん)との評価を受けた、シンプルなシュークリーム。たっぷりと絞り込まれたクリームは、卵のコクを感じられる濃厚な味わいだ。シュー生地のトップには粉糖がまぶされ、かわいらしいビジュアルにも心ときめく。『シュー皮もカスタードもどれもパーフェクト(はなともさん)』

2.「なめらかカスタードのエクレア」130円

〈セブン-イレブン〉
〈セブン-イレブン〉
〈セブン-イレブン〉
〈セブン-イレブン〉

カカオが香るチョコレートをかけたエクレア生地は、さっと口にとける軽やかさ。中にはとろりとなめらかなカスタードクリームが詰まっている。「カスタードがたっぷり入っているのもうれしい。1個130円というコスパの良さも最大のポイント」(はなともさん)。〈セブン-イレブン〉で定番人気のスイーツだ。『生地の香ばしさとビターチョコが相性バツグン!(はなともさん)』

3.「もちっとわらび餅 とろーり黒蜜入り」140円

〈セブン-イレブン〉
〈セブン-イレブン〉
〈セブン-イレブン〉
〈セブン-イレブン〉

もちっとした歯応えの後、溶けるように消えていく生地の食感、なめらかさが本格的。黒蜜を包んだ小さなわらび餅に、香りの引き立ったきな粉がまぶされている。「このクオリティのわらび餅がコンビニで気軽に買えるのかと驚いた一品。一口でパクッと食べられるサイズ感もいいですね」(安原さん)
『もっちりわらび餅の中から黒蜜がとろ~り(安原さん)』

4.「豆いっぱい まめ大福」140円

〈セブン-イレブン〉
〈セブン-イレブン〉
〈セブン-イレブン〉
〈セブン-イレブン〉

「食べた時とにかく衝撃的でした。コンビニのレベルを超えています」と田辺さんが絶賛。赤えんどう豆がふんだんに混ぜ込まれた大福生地は、名店の品にも見劣りしない。北海道十勝産小豆を使用した粒あん、もち米、塩など、シンプルな素材で作られるところも、昔ながらの味わいの秘訣かもしれない。『生地、豆、あんこのバランスが最高!(ぼる塾・田辺智加さん)』

〈セブン-イレブン〉

■03-6238-3711(代表)

“スイーツエキスパート”な20人の審査員。

審査員

(Hanako1193号掲載/photo : Kenya Abe text : Kahoko Nishimura)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る