低糖質・グルテンフリーチョコ
2021.02.01

チョコレートの健康効果に注目。 おいしく進化中!低糖質・グルテンフリーチョコ3選。あの名店が手掛けたロカボチョコも登場。

機能性食品として、ここ数年、目覚ましい進化を遂げているヘルシーチョコレート。今や女子にとってチョコレートのギルトフリーは当然。健康や美のため積極的に食べる時代が到来。今回は低糖質・グルテンフリーチョコをご紹介します。1月28日(木)発売号Hanako「ときめく!スイーツ大賞2021」よりお届け。
低糖質・グルテンフリーチョコ

1.魔法のガトーショコラ麗(URURU)

ガトーショコラの名店〈ケンズカフェ東京〉が監修。砂糖不使用でグルテンフリーのヘルシー版ガトーショコラが登場。3,990円。全国配送可(青山すこやか本舗 0120-112-677)。

2.一週間分のロカボナッツチョコレート

クルミ、アーモンド、ヘーゼルナッツを2:1:1という独自の黄金比率でミックス。1袋に食物繊維、オメガ3脂肪酸、鉄、亜鉛、ビタミンEが含まれている。オープン価格(デルタインターナショナル 0120-68-1122)。

3.True Food Chocolate

すべてがナチュラルな原材料で作られ、砂糖や人工甘味料、糖アルコールも不使用。1袋がニンジン1本よりも低糖質。プレーン・ダーク2袋セット2,760円(TrueFood&Design info@truefood.tokyo)。

おいしくなった健康チョコ。さらに機能も進化中。

「チョコは好きだけど太るから……」は過去の話。最近では脂肪の吸収を抑えたり、ストレスを軽減したり、腸の調子を整えたりと、様々な健康効果を謳った「体に良いチョコ」が続々と登場中。それはチョコレートが大人のためのおやつになったから。ジムに通う人や、病気の予防や体調の改善につながるなど健康を気遣う人が、手軽に罪悪感なく、むしろ積極的に摂るべきものとしてチョコレートの健康効果に注目している。

特に最近のトレンドは低糖質とグルテンフリー。糖質制限する人が増えているけど、やっぱりチョコレートはやめられないもの。さらに最近では女性に不足しがちなたんぱく質や乳酸菌を補ったものも注目株。有名ショコラティエが手掛けた味自慢の商品も多く、おいしさや持ち運びやすさなどの利便性も進化中。もはやヘルシーチョコは女性にとってサプリといえる存在かも。

(Hanako1193号掲載/photo : MEGUMI styling : Mari Nagasaka text & edit : Kimiko Yamada)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る