2021年大注目のスイーツ〈LESS〉の「パネットーネ」とは一体!?焼き菓子カテゴリーで1位を獲得。
2021.01.30

ときめく!スイーツ大賞2021【焼き菓子部門】 2021年大注目のスイーツ〈LESS〉の「パネットーネ」とは一体!?焼き菓子カテゴリーで1位を獲得。

2021年、最も輝くスイーツは何か!?時代を彩るお菓子を見つめ続けてきたHanakoが、アワードを開催することになりました。総勢20名のスイーツエキスパートを審査員に招き、今年を代表するであろう甘い“逸品”を厳選。今回は、焼き菓子カテゴリーで得票数が1位だった〈LESS〉のパネットーネをご紹介します。ほどけるような口どけが新しい、イタリア発祥の伝統的な焼き菓子は、今やクリスマスだけでなく、通年で愛される王道スイーツに。1月28日(木)発売号Hanako「ときめく!スイーツ大賞2021」よりお届け。
編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →

〈LESS〉のパネットーネ

ホール3,500円、1/4サイズ750円(下)
ホール3,500円、1/4サイズ750円(下)

店内の工房で作られるフレッシュなパネットーネは、軽やかな食感が特徴。「日本で作っているパネットーネで、これほどイタリアの味を再現しているものはなかなかありません」(渡辺さん)。焼き上がってからも熟成は続き、次第に深みを増した味わいに。ワインやウイスキーとのマリアージュもおすすめ。

◆審査員のコメント

『生地の雰囲気が良く、香りもふくよか』

渡辺康啓(わたなべ・やすひろ)/1980年生まれ。料理家として独立した後、2015年に拠点を東京から福岡へ移す。著作には果物をテーマとした『果物料理』(平凡社)、『春夏秋冬毎日のごちそう』(マガジンハウス)など。

『しっとりとほどけるような口どけがやみつきに』

chico(ちこ)/モデル時代に食べ物絵日記を記録していたのがライターの原点。スイーツトレンドに精通し、本誌のほか『anan』『BRUTUS』など、さまざまな雑誌のスイーツ特集企画・連載を担当している。

『取り寄せができるようになり、何度も食べました!』

下井美奈子(しもい・みなこ)/洋菓子情報の発信や商品開発を行う。〈鎌倉下井お菓子教室〉の講師である母の影響で幼少期からスイーツを食べ歩く。渡仏し、〈リッツ・エスコフィエ〉でディプロムを取得しスイーツを学んだ。

〈LESS〉

■東京都目黒区三田1-12-25
■03-6451-2717
■11:00~19:00 水休

“スイーツエキスパート”な20人の審査員。

審査員

(Hanako1193号掲載/photo : Kiichi Fukuda, Natsumi Kakuto text : Yuya Uemura)

2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る