前田さん連載 第42回
2021.01.26

日常から解放される時間。 好きなだけ選べる飲茶プランも!【東京】“ご褒美ランチ”を楽しめるおすすめホテルレストラン。

時間を気にせずゆっくりと上質なランチを楽しみたい。そんな方におすすめしたいのが贅沢ランチが楽しめるホテル。今回は旅ライター・前田紀至子さんおすすめのホテルランチをご紹介します。日頃のご褒美に、贅沢ランチはいかがですか?

1.飲茶をお好きなだけ。旅気分で満腹になれる〈チャイナルーム〉でちょっぴり特別なランチタイムを。

前田さん連載 第49回
前田さん連載 第49回
前田さん連載 第49回
前田さん連載 第49回
前田さん連載 第49回
前田さん連載 第49回
前田さん連載 第49回
前田さん連載 第49回

今回友人と3人でのランチに、とセレクトしたのは〈チャイナルーム〉での飲茶のオーダーランチブッフェ 「タッチ オブ ハート」。元々飲茶が好きなこともあり、本格的な飲茶思う存分食べられる「タッチ オブ ハート」は大のお気に入り。自分へのご褒美や友人とのお祝い事の時は、たびたびリクエストしてしまうほど。

〈グランド ハイアット 東京〉の他のレストラン・バー同様、広々とした席間や、席に用意されているアルコールウェットティッシュやマスクケースといった心配りもさすが。余談ながら、香港で飲茶といえば、食事をする前に熱湯で淹れた一煎目のお茶を使って食器を洗う習慣があったものの、コロナ禍によって飲茶のスタイルも大きく変わっていきそう。

前田さん連載 第49回
前田さん連載 第49回
前田さん連載 第49回
前田さん連載 第49回
前田さん連載 第49回
前田さん連載 第49回

好きなだけ選べる飲茶はメニューから自分の好きなものをオーダーするスタイル。それぞれ料理名左のカラーリングでアレルギー表記が明確にされている上に一個・一切れずつ運ばれてくるので、安心して食べられるのは言わずもがな、相手の好みや腹具合を気にしなくて良いのも嬉しいポイント。(※メニューの内容は季節に応じて変更する場合があります。)

断トツ人気の蒸し物は何度もおかわりを。特に上海式小籠包やほうれん草と干貝柱入り海老蒸し餃子はいくらでも口に運べてしまいそう。デザートの杏仁豆腐もちゃっかり3つ食べて、大満足のランチタイム。予約時間から90分の利用、フードラストオーダーは30分前(13:30以降来店の場合は14:30)と決まっているのも、長居や長話をしすぎることなく、今の状況にぴったりだと思います。ニューノーマルに適した〈チャイナルーム〉、ちょっぴり贅沢したい日のランチタイムの候補にしてみてはいかが?

覚えておきたいチェックポイント3つ
1:店内は深紅をテーマにしたスタイリッシュかつ邸宅のようなくつろぎ感のある空間。少しおしゃれして行くと旅気分が盛り上がるかも。
2:予約時間から90分の利用なので、お腹具合と相談しつつテンポ良くオーダーするのが◎
3:「オンライン予約限定プラン」では平日13:30以降限定の選べるドリンク1杯付きや、シャンパン〈ルイ ロデレール〉フリーフロー付きなどお得なプランがあるので要チェック!

2.都内で楽しむリッチな週末!ステーキハウス〈オーク ドア〉で週末限定「オーク ドア グランド ブランチ」を。

前田さん連載 第42回
前田さん連載 第42回
前田さん連載 第42回
前田さん連載 第42回
前田さん連載 第42回
前田さん連載 第42回
前田さん連載 第42回
前田さん連載 第42回
前田さん連載 第42回
前田さん連載 第42回
前田さん連載 第42回
前田さん連載 第42回

今回〈グランド ハイアット 東京〉で「オーク ドア グランド ブランチ」がスタートした背景には、「知らず知らずのうちに緊張やストレスがたまってしまいがちな昨今に、せめて週末だけでも日常を忘れて優雅に、そして贅沢にお過ごしいただきたいとの思い」があるのだとか。それだけに、安心して過ごせる配慮がすみずみまで行き届いていたのが印象的。元々開放感のあるテラスや天井の高い空間が気持ち良いことで知られている〈オーク ドア〉ですが、消毒できるお手拭きやマスクホルダーなど、スタイリッシュさと安心感を兼ね備えているのが〈グランド ハイアット 東京〉らしい。

フリーフローのシャンパンはなんと「ペリエ ジュエ グラン ブリュット」!口あたりがなめらかで飲みやすいので、普段はあまりシャンパンを飲まないという人でも楽しめるはず。お酒が苦手という人もご安心を。おしゃれなカクテル風ノンアルコールドリンクのモクテルや、ソフトドリンクだって豊富。

前田さん連載 第42回
前田さん連載 第42回
前田さん連載 第42回
前田さん連載 第42回
前田さん連載 第42回
前田さん連載 第42回
前田さん連載 第42回
前田さん連載 第42回

都内のホテルダイニング屈指の人気を誇る〈オーク ドア〉は前菜からメイン、デザートにいたるまで常にハイレベルなおいしさ。毎月変わるブランチメニューでは、好みのメニューを好きなだけ食べられるのも嬉しい!個人的に9月のメニューでぜひとも食べて欲しい一推しの前菜は、サクサクの歯触りと甘じょっぱさがクセになる「ベルギーワッフル ベーコン&メープルシロップ」と、〈オーク ドア〉特製ミニサイズのグルメバーガー「ミニトリュフビーフバーガー」。

メインもバラエティ豊かなラインナップ。シェフおすすめのメニューは、約170グラムのUSプライムビーフをつかったサーロインステーキに、目玉焼きとトリュフのスライスをのせたダイナミックな「アメリカ産プライムサーロインステーキ サニーサイドアップ&トリュフ のせ(+1,500円)」ですが、前菜とデザートでもボリュームたっぷりなので、「そんなにたくさん食べられないかも?」と不安な場合は、パルメザンチーズとピスタチオが香り高いニョッキを選ぶと良さそう。

前田さん連載 第42回
前田さん連載 第42回
前田さん連載 第42回
前田さん連載 第42回
前田さん連載 第42回
前田さん連載 第42回

お待ちかねのデザートも大満足間違いなしの品数。見た目もキュートなデザートを前に、思わず全種類食べたくなってしまいそう。ポーションも相談できるので、気負わず相談してみて。

覚えておきたいチェックポイント3つ
1:密を回避したホテルでの食事は日常から解放されるのに最適
2:女友達やパートナー、家族など誰と行っても満足できる〈オーク ドア〉は万能レストラン
3:ホスピタリティ溢れる接客なので、気になることは気軽に相談を

(photo&text:Kishiko Maeda)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る