その日の気分に合わせて茶葉を選び、上質な休息を楽しむ新感覚の紅茶体験を。
2017.11.02

新感覚ティールームが代官山にオープン! その日の気分に合わせて茶葉を選び、上質な休息を楽しむ新感覚の紅茶体験を。

標高によって特徴や味わいが変わるスリランカの茶葉。それを気分によって飲み分けたり、食べ物と一緒に楽しんだり。まったく新しいスタイルの“紅茶で休息”を提案するお店が誕生しました。【PR】

編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

こだわり抜いた茶葉が生む、絶妙で新しい味の世界。

アレンジティー各種。右から、レモンティーに炭酸ガスを入れて発泡させた「バブリー レモン」450円、ビターチョコとフランボワーズの「チョコ&ベリー コンフォート」450円、飲むチーズケーキ「チーズ クリーム サプライズ」500円、アボカドとキウイのティースムージー「アボ グリーン アドベンチャー」450円。

美味しい紅茶を飲みながら、ほっとひと息。イギリスで発祥したアフタヌーンティーの哲学を、今の時代に合ったカタチで提案してくれるティールームが代官山にオープンしました。

厳選茶葉にこだわる紅茶飲料としておなじみの〈キリン 午後の紅茶〉がプロデュースするこちらでは、休息の気分を“リラックス”“ハッピー”“リフレッシュ”の3つに分け、実際に「午後の紅茶」で使われているスリランカ茶葉のなかから、それぞれに合う茶葉を提案してくれます。

右・「とろっと濃厚ニューヨークチーズケーキ」450円。左・「シェフこだわりのくちどけチーズムース」400円。

“リラックス”には、華やかな香りが特徴のディンブラ茶葉をブラックティーで。“ハッピー”にはコクのある柔らかな香りが特徴のキャンディ茶葉をミルクティーで。“リフレッシュ”にはフルーティで爽やかな香りが特徴のヌワラエリア茶葉をレモンティーで。まずは今なりたい気分を選ぶ、というスタイルが新しい。

温かいアレンジティーのひとつ「アップルシナモン」420円。リンゴのスライスで作られたバラが、紅茶を注ぐと花開く。

気分に合わせて選べる、豊富な種類のアレンジティーはぜひとも試したいメニューのひとつ。紅茶ベースながらも、まったく新しい味の世界が体験できます。インテリアの細部にまで、紅茶へのこだわりがぎっしり詰まっていて、何度でも通いたくなるのは間違いなしです。

(photo : Satoshi Chiba text : Riko Saito)

今回のご紹介したお店

くつろぎのハンギングチェアが揺れる店内。オリジナル茶葉の販売は11月中旬頃からの予定。

〈Milk. Black. Lemon. By GOGO NO KOCHA
■東京都渋谷区猿楽町10-1マンサード代官山1F
■03-6455-0913
■11:00~20:00/水休
■35席/禁煙
http://mbl.gogo-tea.jp/
ミルク、ブラック、レモンの単品はホット・アイス各350円。「とろけるチーズトースト」550円など、実は紅茶と相性がいいチーズのメニューも充実。

編集部

新感覚の紅茶体験をぜひ!!

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
Hanako w/ Seibu2_sidebar
TOPに戻る