〈まさひろ酒造〉の尚(しょう)MASAHIRO
2020.12.19

私のテッパンギフト #2 食のプロ・ツレヅレハナコさんの鉄板グルメギフト3選!年末年始の挨拶に持っていきたいビジネス手土産。

食のプロフェッショナル、ツレヅレハナコさんがおすすめする鉄板ギフトをご紹介。シチュエーション別に使い分けて、贈り物上手になろう!
〈まさひろ酒造〉の尚(しょう)MASAHIRO
〈まさひろ酒造〉の尚(しょう)MASAHIRO
〈島本食品〉のオリジナル辛子明太子
〈島本食品〉のオリジナル辛子明太子
〈加島屋(かしまや)〉の鮭の味噌漬焼きほぐし
〈加島屋(かしまや)〉の鮭の味噌漬焼きほぐし
〈まさひろ酒造〉の尚(しょう)MASAHIRO
〈島本食品〉のオリジナル辛子明太子
〈加島屋(かしまや)〉の鮭の味噌漬焼きほぐし

1.〈まさひろ酒造〉の尚(しょう)MASAHIRO

たまには泡盛というイレギュラーなお酒のギフトも面白そう。泡盛で有名な石垣島に、同じ作り方で蔵ごとの特徴を活かした尚シリーズがあります。3回蒸留を行うことで、洗練された味に。ラムネを思わせる上立ち香で、口にふくむとミルキーで甘い風味が広がります。40度720ml 3,300円(税込)(まさひろ酒造 098-994-8080)

2.〈島本食品〉のオリジナル辛子明太子

通常、輸入品のタラの子を使うことが多いですが、国産のすけとうだらの卵を使用するこだわり。おいしい明太子は品の良い味だなと感じたのが〈島本食品〉のオリジナル辛子明太子です。しっかりと辛めで、きめ細かい粒が立ちつつも滑らかな食感に舌鼓を打ちます。200g 2,700円(税込)(島本食品 0120-44-9966)

3.〈加島屋(かしまや)〉の鮭の味噌漬焼きほぐし

さけ茶漬が有名な〈加島屋〉ですが、それに引けをとらないのが脂の乗ったサーモントラウトを越後味噌に漬け込み、焼きほぐした「鮭の味噌漬焼きほぐし」。パウチタイプから大瓶までサイズの種類も豊富で買いやすいです。そのままご飯の上にのせていただけるので、男性にも喜ばれそう。箱入り3本セット5,000円(加島屋 0120-00-5050)

Navigator…ツレヅレハナコ

食と酒と旅をこよなく愛す編集者・文筆家。Instagram(@turehana1)などで食生活を綴る文章が評判を呼び、『女ひとりの夜つまみ』(幻冬舎)、『ツレヅレハナコのじぶん弁当』(小学館)ほか、著書多数。

(Hanako1191号掲載/photo : Keiko Nakajima, Masumi Ishida,Hiromi Kurokawa, Natsumi Kakuto illustration : Kotaro Numata text : Momoka Oba, Rio Hirai, Makoto Tozuka, Ami Hanashima edit : Rio Hirai)

※掲載している価格のほかに送料がかかる場合があります。それぞれの販売元にご確認ください。

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る