HANABAR 池袋
2020.12.20

気に入ったお花を購入できるお店も。 【全国】ドライフラワーに囲まれるおしゃれカフェ4選!インテリアのインスピレーションにも◎

1つあるだけでお部屋がパッと明るくなるドライフラワー。その可愛さや手軽さなどからInstagramの投稿を中心に大人気。そこで今回は全国で見つけたドライフラワーの飾り方がおしゃれなカフェをナビゲート。インテリアの参考になりそう!

1.〈HANABAR〉/東京

HANABAR 池袋
HANABAR 池袋
ランチ時に味わえる「イエローカレー」950円
ランチ時に味わえる「イエローカレー」950円
「アンチャンティー」550円
「アンチャンティー」550円
HANABAR 池袋
HANABAR 池袋
ランチ時に味わえる「イエローカレー」950円
「アンチャンティー」550円

扉をくぐった瞬間、おとぎの国に迷い込んだような空間。壁、天井、咲き乱れる花々。ファンシーすぎる空間はちょっとドキマギしてしまうのだけど、不思議と心地がいい。そっと寄り添うアンティーク調のインテリアや、深みのある色合いが優しく空間を紡いでいるから。

カレーに咲くパンジー。こんなおめかしをしたカレーは、はじめまして。口に運ぶ前から、胸がきゅーんと愛らしい気持ちになる。味の核となるココナッツクリームとミルクは、メニュー開発のために訪れたタイで、現地の料理人から「ココナッツミルクはこれじゃないと…」とレコメンドされたもの。上品なコクと甘みは、確かなる本場からの便り。

青いお花から抽出した青いお茶。見た目の個性の強さとは相反して、味や香りにはクセがなく、水のようにごくごく喉を通る。実はアンチエイジング効果も高いと噂の「アンチャンティー」。肌や髪、眼精疲労が気になる方にはおすすめのお茶だ。

〈HANABAR〉
■東京都豊島区西池袋3-30-6 磯野ビル1F
■03-6874-5459
■[月〜金]11:30〜15:00(L.O.14:30)、18:00〜24:00(L.O.23:30)
 [土日祝]11:30〜17:00(L.O.16:30)、18:00〜24:00(L.O.23:30) 不定休
※店内ではドライフラワーアーティストである奥様の作品も購入可能。詳しくはこちらから。

(photo:Kayo Sekiguchi)

2.〈Cachette〉/京都

unnamed3
unnamed-23
unnamed-42
unnamed-81
unnamed3
unnamed-23
unnamed-42
unnamed-81

SNSを中心に話題となった写真越しに一目見ただけでもうっとりとしてしまうノスタルジックな空間には、華やかなドライフラワーの香りに満ちています。一階はドライフラワーや雑貨を販売するショップに。カフェは店内奥の階段の先。窓から射す光に照らされたノスタルジックなカフェスペース。

まるで、絵に描いたように美しいメニューの数々。目を奪われるよりも先に嗅覚が反応するほど、力強いドライフラワーが発する香り。しかしながらそれら全ては、決して“すぎる"ことなく絶妙な感覚で調和が取れており、目を閉じても〈Cachette〉さんにいると認識できる居心地が、何とも、すごく、よきなのです。

〈Cachette(カシェット)〉北白川店
■京都府京都市左京区一乗寺樋ノ口町8-2
■11:00~19:00 定休日水
■Instagram:@cachette2018

(photo&text:kyon)

3.〈Seasonal stand〉/香川

香川県・父母ヶ浜
香川県・父母ヶ浜
地元産のみかんなどを使ったフルーツサンドやパイサンド(各600円)も。
地元産のみかんなどを使ったフルーツサンドやパイサンド(各600円)も。
香川県・父母ヶ浜
香川県・父母ヶ浜
地元産のみかんなどを使ったフルーツサンドやパイサンド(各600円)も。

今年8月にオープンした〈Seasonal stand〉(@seasonal_stand)。店中ドライフラワーで埋め尽くされています。地元三豊産の紫陽花が天井に。全て売り物で、1本数百円から買うことができます。

(photo:Hiroko Yabuki)

4.〈カフェ ヒラコンシェ クラシック〉/福岡

〈café hiracon’chez Classique〉中央区
〈café hiracon’chez Classique〉中央区
〈café hiracon’chez Classique〉中央区
〈café hiracon’chez Classique〉中央区
〈café hiracon’chez Classique〉中央区
〈café hiracon’chez Classique〉中央区
〈café hiracon’chez Classique〉中央区
〈café hiracon’chez Classique〉中央区

〈ヒラコンシェ〉はドライフラワー専門店の上にあるカフェレストラン。カフェの天井に吊るしてドライになった植物は、のちのち1階で販売されるそう。次々と入れ替わるから、季節の花が楽しめるんですよ。

天井を隙間なく埋め尽くすのは、ドライフラワー。一歩足を踏み入れれば、あっという間に別世界です。頭上に広がる一面のお花畑に、うっとり…♡お店中にハーブやお花の香りが広がります。

県産のものを中心に、色とりどりの15〜20種類の野菜を使ったサラダプレート。お花をイメージした盛り付けまで美しい。サラダプレートのランチセットには、スープと自家製パンがついてきます。野菜だけでなく、鶏むね肉のコンフィやモルタデッラというハムも乗っていて食べ応えも十分。

〈カフェ ヒラコンシェ クラシック〉
■福岡県福岡市中央区警固2-11-16 2F
■11:30~16:00、18:00〜1:00 木曜休

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る