京都 蒼々として
2020.11.25

まるで秘密基地。 【京都】隠れ家カフェ探ししよう!京都らしさ溢れる路地奥カフェ3軒

ちょっとドキドキしながら路地を進んでいった先にある、路地奥カフェはまるで自分だけの秘密基地のよう。今回は、カフェ激戦区でもある日本の古都・京都で、京都らしさ溢れる路地奥カフェをご紹介します。

1.甘い匂いに誘われて路地奥へ。町家のタルト&焼き菓子専門店。〈ホホエミカ〉

〈ホホエミカ〉

小商いの複合施設〈中宇治yorin〉に2016年11月オープン。3人の子どものママでもある店主の小河絵美子さんが、「心からおいしい、と笑顔になってほしい」と愛情をたっぷり込めて焼き上げる、タルトやふっくら&しっとりのマフィンが評判を呼んでいる。ドリンクもあり、館内のスペースで焼きたてをほおばれる。

〈ホホエミカ〉

タルトは定番の「抹茶の生チョコタルト」のほか、季節替わりのものが常時5 種ほどそろう。

(Hanako1131号掲載/photo:Tamami Tsukui text:Rinako Sato(Rakutabi))

2.紙とサンドイッチに魅せられて。〈ROCCA & FRIENDS PAPIER KYOTO〉

〈ROCCA & FRIENDS PAPIER KYOTO〉
〈ROCCA & FRIENDS PAPIER KYOTO〉
〈ROCCA & FRIENDS PAPIER KYOTO〉
〈ROCCA & FRIENDS PAPIER KYOTO〉

サンドイッチとスムージーを主役にオープンした店。いろいろ選べるようにサンドは1カットで。ピオーネ(340円)はカシスクリーム、マスカット(360円)やいちじく(320円)はココナッツクリームと。お膳に並んでかわいい。

(Hanako1164号掲載/photo : Naoki Matsuda text : Aki Miyashita)

3.ナチュラルな空間で手作りの焼き菓子を。〈蒼々として〉

京都 蒼々として
京都 蒼々として
京都 蒼々として
京都 蒼々として

女性店主が一人で切り盛りする小さな古民家カフェ。季節の果物を使ったタルト(550円)をはじめ、手作りの焼き菓子が楽しめる。徳冨蘆花の著作『自然と人生』から取った店名でイメージする通り、深青色を基調とした店内。

京都 蒼々として
京都 蒼々として
京都 蒼々として
京都 蒼々として

カウンターの奥はガラス張りになっており、そこから見える庭の緑と自然光が心地よい。キッシュかサンドイッチが選べるランチ(850円)には、オーガニック野菜がたっぷり使われている。

〈蒼々として〉
■京都府京都市左京区吉田上阿達町36
■050-5328-5279
■11:00~19:00 火休、ほか不定休 
■12席/禁煙

(Hanako特別編集『Hanako TRIP ひみつの京都 完全版』掲載/photo : Noriko Yoshimura)

【お知らせ】Hanako.tokyoでは基本的に本体価格を掲載しておりますが、2019年10月1日の消費税率改定以前に取材・掲載した記事にある(税込)表記の金額については、旧税率での掲載となっております。ご了承下さい。

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る