京都 たすき
2020.12.01

みんなで乾杯! 【京都】〆は美味しいお酒で。京町家を改装したおしゃれ居酒屋&バー3選

京都女子旅には美味しいお酒がマスト!そこで今回は、京都ならではの町家を改装した居酒屋・バーをご紹介。京都感がある建物なのでフォトスポットとしても◎

1.〈鉄板とお酒 宗や〉

7d6991c3e29e5371f165b74244fa4c11
0444_atari
7d6991c3e29e5371f165b74244fa4c11
0444_atari

元は焼芋屋さんだった築100年の京町家を改装。看板メニューは、「九条ネギとアギ」650円など素材重視の鉄板焼き。凍らせた焼酎のシャリキンサワー550円や、ショーケースから選べる日本酒やワインと一緒に楽しんで。「牛すじと大根の煮込み」550円(各税込)も名作。

(Hanako1154号掲載/photo : Makoto Ito text : Aya Honjo)

2.〈酒場トやさいイソスタンド〉

5909_atari
5871_atari
5909_atari
5871_atari

自社農園野菜を使った創作料理が大人気の居酒屋チェーン〈五十棲(いそずみ)〉の最新店。2018年7月にオープン。オープンエアが心地よい立ち飲みスペースが人気。2階建ての町家を改装した空間には、立ち飲み、カウンター、テーブルを備え、使い勝手抜群。新生姜のシロップを使ったシャンディガフ650円などドリンクにも野菜が登場。

トマトや九条ネギをおろしてタレにするなど、野菜使いが巧み。アジフライトマト醤油1,100円、自家製レーズンバターと八つ橋600円ほか。

(Hanako1164号掲載:photo : Makoto Ito text : Ai Kiyabu)

3.〈お茶と酒 たすき〉

京都 たすき
京都 たすき
京都 たすき
京都 たすき

祇園白川にかかる小さな橋を渡った先にあるのは、築120年の京町屋をリノベーションした喫茶&バー。「日本のおもてなしの心を、お茶を通して伝えたい」という想いから、お茶を使ったメニューが揃っています。きらびやかでオリエンタルな骨董の器も美しく、気分をあげてくれます。

〈お茶と酒 たすき〉
■京都市東山区末吉町77-6
■11:00~20:00 不定休

(photo:Masataka Yoshimoto)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る