丸の内女子必見!おひとりさまでも楽しめるおしゃれバー4軒【大手町・日本橋・銀座】
2020.12.21

ノンアルコールバーも。 丸の内女子必見!おひとりさまでも楽しめるおしゃれバー4軒【大手町・日本橋・銀座】

静かな空間でお酒を楽しめるのが、バー。でもどこに行ったらいいのかわからない…そんなあなたに、お酒業界での広報歴12年の児島麻理子さんが女子おひとりさまでも行きやすい、大手町・日本橋・銀座エリアのおすすめのバーをご紹介します。
編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →

1.〈BAR SEVEN SEASONS〉/銀座

銀座 BAR SEVEN SEASONS
銀座 BAR SEVEN SEASONS

重厚な木のカウンターに緑色の壁紙や格子戸で仕切られた個室がある店内は、どこかヨーロッパの邸宅のような雰囲気。ウイスキーからフレッシュフルーツを使ったカクテルまで楽しめる。

銀座 BAR SEVEN SEASONS
「スイカのソルティドック」1,600円
銀座 BAR SEVEN SEASONS
「イベリコベジョータの生ハム」2,500円

別名”サマーソルティドック”。スイカは旬を追いかけて、6月から9月の間、その時に一番美味しい地域から取り寄せ。「”スイカ前線”を追いかけながら、さまざまな地域のものを使用します。出始めはちょっと青い味がしますが、それも旬を感じられていいですよ」。お酒と楽しむ一皿は「イベリコベジョータの生ハム」。「原木」と呼ばれる骨付き生ハムの塊から切り立ての生ハム。「熟成年数が長めのイベリコなので、噛むほどに味わいがでます。ソルティなウイスキーとよく合います」。

〈BAR SEVEN SEASONS〉
■東京都中央区銀座7-5-5 長谷第一ビルB1
■03-5537-5885
■18:00-26:00(月〜金)、18:00-24:00(土) 日祝休
 ※状況に応じて営業時間が変更になります。

2.〈THE GREY ROOM〉/銀座

銀座 THE GREY ROOM
銀座 THE GREY ROOM
銀座 THE GREY ROOM

とあるおしゃれなインド人女性から「すごいインド料理のお店がある!」と聞いて訪ねたのは、銀座のモダンインディアンキュイジーヌ。〈SPICE LAB TOKYO〉の店名の通り、未体験のスパイス使いの洗練されたインド料理で、今年の衝撃のひとつでした。刺激よりは穏やかさや複雑さを感じるスパイスの操り手〈SPICE LAB TOKYO〉は、実はバー〈THE GREY ROOM〉も併設しています。ここで繰り広げられるのは、インド人もびっくりなスパイスを使ったカクテルです。

銀座 THE GREY ROOM
「オリエンタルモヒート」1,800円
銀座 THE GREY ROOM
「インディアンアペタイザー盛り合わせ」980円

ココナッツ風味のジンに蜂蜜やレモンジュース、カルダモンビターズを使ったなんともオリエンタルテイストなモヒート。唐辛子の辛さが程よいアクセントに。お酒と楽しむ一皿は「インディアンアペタイザー盛り合わせ」。〈SPICE LAB TOKYO〉でも提供しているインドのストリートフードを洗練させたフィンガーフードの盛り合わせ。大葉の天ぷら”チャート”、ひよこ豆粉パンケーキ”ドクラ”、バターチキンコロッケの組み合わせ。

〈THE GREY ROOM〉
■東京都中央区銀座6-4-3 GICROS GINZA GEMS 11F
■03-6274-6023
■14:00〜16:00(アフターヌーンティー)、16:00〜00:00(バー) 年中無休
※状況に応じて営業時間が変更になります。

3.〈Low-Non-Bar〉/日本橋

日本橋 Low-Non-Bar
日本橋 Low-Non-Bar
ひとつひとつの動きを丁寧に。

昨年からの準備期間を経て、日本初となるノンアルコールとローアルコール専門バーは2020年3月にグランドオープン。ノンアルコールは完全にお酒を使わないカクテルを、ローアルコールは通常のカクテルの半分程度の度数の5~8%程度のものを提供します。ノンアルコールバーながら本格的なバーの内装の中で楽しめる。2Fには系列店のバーも。

日本橋 Low-Non-Bar
「Low-Non-Bar」(右)1,400円、「Truffe Honey-ni」(左)1,400円
日本橋 Low-Non-Bar
「メイプルとスパイスのミックスナッツ」800円

お店のロゴと同じく、鳥の器で提供される「Low-Non-Bar」はベリーとパプリカ、グレープフルーツジュースを合わせ、スパイスの効いたビネガー“シュラブ”に合わせたノンアルコールカクテル。「Truffe Honey-ni」は、洋梨のウォッカ等にトリュフハニーウォーターを合わせたローアルコールカクテル。お酒と楽しむ一皿は「メイプルとスパイスのミックスナッツ」。ジャイアントコーンやカシューナッツをガラムマサラやシナモンなどのスパイスで炒め、メープルシロップを合わせたもの。イメージは洋風の“雷おこし”。

〈Low-Non-Bar〉
■東京都中央区日本橋3-2-4 nefi nihombashi 1F
■03-6665-6022
■17:00〜25:00(月〜土)、17:00〜23:30(日・祝) 不定休
※状況に応じて営業時間が変更になります。

4.〈VIRTU〉/大手町

フォーシーズンズホテル東京大手町14
フランスのヴィンテージスピリッツや希少なコニャックをベースに創作したオリジナルカクテルを提供するバー「VIRTÙ」。
大手町 VIRTU

美徳の意味を持つ〈フォーシーズンズホテル東京大手町〉のバー〈VIRTU〉。1920年代のパリと日本の融合がテーマの店内は、幾何学模様のガラスや直線的な照明など、アールデコの雰囲気が漂う。フランスらしくコニャックやリキュールが並ぶ、背の高いバックバーは圧巻。

大手町 VIRTU
「デュラメール」2,200円
大手町 VIRTU
「牛カツサンド」7,000円

ほのかな塩気があり海を感じる「デュラメール」は、ヘッドバーテンダーのジョシュア・ペレズさんのお勧めの1杯。テキーラのライムソーダ割りに、今井さんのアイデアで紫蘇の花を加えたもの。カクテルは日本の”7つの美徳”から構成されており、これは「名誉」がコンセプトのカクテル。お酒と楽しむ一皿は「牛カツサンド」。和牛を使った贅沢なカツサンド。横にはカツサンドと相性抜群の「トリュフフライドポテト」(1,800円)を添えて。

〈VIRTU〉
■東京都千代田区大手町1丁目2-1
■03-6810-0600
■17:00〜24:00(L.O.23:30)
※状況に応じて営業時間が変更になります。

(text:Mariko Kojima)

2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。

今月のスペシャル

定番からトレンドもわかる!『愛され手土産』特集定番からトレンドもわかる!『愛され手土産』特集
TOPに戻る