FotoJet (2)
2020.11.14

人それぞれの愛する大銀座 大銀座『わたしの好きなはしごコース』3軒/〈DEPT〉代表・eriさん「アミューズメント感があり、変でもある。それが私の大銀座」

この店の後はあの道を通って次の店へ…、好きな街はお店選びだけでなく、巡る順番や道、風景など“歩く”楽しみもある。人それぞれの愛する大銀座とは?今回は〈DEPT〉代表・eriさんの『わたしの好きなはしごコース』を教えてもらいました。

「アミューズメント感があり、変でもある。それが私の大銀座」

大銀座の思い出といえば、マガジンハウス!(笑)10代の頃からお仕事させてもらっていたので、一人で銀座に通うことに。幼い頃から母が「銀座は誰もがおしゃれをしていく場所」と言っていたので、通い出した時は緊張したのを覚えています。カメラが趣味なので、仕事帰りに〈レモン社〉などカメラ屋さんに立ち寄ったり。今もフラフラすることもありますが、この3軒は、私の中の銀座の定番。安心できる場所。銀座って、東京の中でも独立した存在感がある気がするんです。道の広さのせいもあるのかな?ちょっとしたアミューズメント感があります。夢のある場所だからそう感じるのかもしれない。生き物として昼と夜の顔が全く違う変な街だと思うので、変なもの好きな私は惹かれるんです。進化しながらも、大きくは変わらないでほしい街。

1軒目/〈TORIBA COFFEE〉ハワイアンブレンドが定番。

1_TORIBA COFFEE

「基本的にはカフェではなく、コーヒー豆を売っているのですが、テイスティングという名目で1杯100円で提供。中でもハワイアンブレンドが一番好き。ここで待ち合わせすることが多いです」
■東京都中央区銀座7-8-13 Brown Place 1F
■03-6274-6611
■12:00〜17:00 日月休
■カウンター、スタンディングテーブル3つ/禁煙

2軒目/〈マルディ グラ〉肉だけじゃなく野菜もおいしい。

FotoJet (1)

「初めて訪れたのが3年前。それから、銀座でごはんを食べる中で訪れる頻度がとても高いんじゃないかと思う。ヴィーガンなので、野菜ばかり食べさせてもらっていますが、とってもおいしいんです」
■東京都中央区銀座8-6-19 野田屋ビル B1
■03-5568-0222
■12:00〜13:00、18:00〜24:00 日休
■12席/禁煙

3軒目/〈GINZA MUSIC BAR〉いつだって誰かに会える場所。

_B252682

「私にとって行けば誰かがいるという場所。定期的にイベントも行っているので、顔を出したり。音響にこだわっているから、お酒が飲めない日でも楽しめるお店だと思う」
■東京都中央区銀座7-8-13 Brown Place 4F
■03-3572-3666
■18:00〜24:00(金土〜2:00)月祝休
■35席/喫煙

Profile…eri(えり)

1983年NY生まれ、東京育ち。2015年、父親が設立した、日本のヴィンテージショップの先駆けであった〈DEPT〉を再スタート。また、カフェ〈明天好好〉のプロデュースも手掛けている。

(Hanako1189号掲載/photo:Wakana Baba, Tetsuya Ito, mitsugu text:Maki Kakimoto)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る