奈良 柿の葉すし本舗たなか
2020.04.29

200年以上受け継がれる伝統の味! 奈良の郷土料理をおうちで!〈柿の葉すし本舗たなか〉をお取り寄せ。

なかなか旅行に行けない今の時期だからこそ、自宅で地域の郷土料理を楽しみませんか?今回は紹介するのは、奈良のお土産としても有名な柿の葉すし。3種類の味が味わえる〈柿の葉すし本舗たなか〉の柿の葉すしをお取り寄せしてみました☆

奈良の郷土料理、柿の葉すし。

奈良 柿の葉すし本舗たなか

柿の葉すしは一口大の酢飯に鯖などの切り身を合わせ、柿の葉で包んだ200年以上受け継がれる奈良の郷土料理。塩でしめることで保存性を高めた魚の乾燥を防ぐために柿の葉で包み、さらに重石で余分な空気を抜いて発酵を促すといった先人たちの知恵が詰まっています。

明治後期創業!〈柿の葉すし本舗たなか〉。

「柿の葉すし 紙箱 さば・さけ・たい詰合せ 7個入り」1,090 円。
「柿の葉すし 紙箱 さば・さけ・たい詰合せ 7個入り」1,090 円。

今回いただくのは明治後期創業、伝統ある柿の葉すし専門店である〈たなか〉の柿の葉すし。鯖、すし飯、柿の葉とシンプルな材料でできている柿の葉すしだからこそ、素材にこだわっています。

奈良 柿の葉すし本舗たなか

柿の葉すしは一つずつ柿の葉に包まれていて、取り分けがしやすい上にちょうどいい食べやすい大きさ。手を汚さずに、且つお箸やお皿を使わずに食べられるのも魅力的。

ネタは鯖・鮭・鯛の3種類!

奈良 柿の葉すし本舗たなか

「伝統と革新」をコンセプトに、受け継がれてきた〈たなか〉の柿の葉すしがこちら。

奈良 柿の葉すし本舗たなか

〈たなか〉の柿の葉すしは鯖・鮭・鯛の3種類が揃っています。写真にもある7つ入りでは鯖3つ、鮭2つ、鯛2つがセットに。まずは全種類を味わってみたい方におすすめ。

奈良 柿の葉すし本舗たなか

まずは柿の葉すしの代表とのいえる、鯖。厳選された脂がたっぷり乗った鯖は絶品そのもの。うすい切り身であっても存在感は抜群です。鯖にはコレステロールの低下や動脈硬化予防、冷え性改善などの効果も。おすしを包む柿の葉は抗菌作用とされるタンニンを多く含む渋柿の葉を使用しており、塩漬け技術が施されています。食べる時には取り除いてくださいね。

奈良 柿の葉すし本舗たなか

紅色が鮮やかな鮭も柿の葉すしの代表とも言えるネタです。酢めしは酢のさわやかな酸味とお米のまろやかな甘みが絶妙で、つい「もう1個食べようかな」と手が伸びてしまいそう。重石をしていてもお米の粒は潰れていないので、しっかりとお米の旨味を味わえます。柿の葉すしが初めての方でも食べやすい、あっさりとした一品です。

奈良 柿の葉すし本舗たなか

淡白な鯛も柿の葉すしに。重石によって余分な空気が抜かれていることで、ネタとすし飯の密着度がアップ。一般的なおすしとは違った、魚とすし飯の一体感も楽しめます。鯛の旨味は日本酒のおつまみにもぴったりですね。上品な味で、お祝いの席にも喜ばれそう。

奈良の柿の葉すしをお家で味わってみてはいかが?

奈良の郷土料理である、柿の葉すし。他の地域に住んでいると、なかなか味わう機会もないと思います。地方に足を運ぶのが難しい今の時期だからこそ、お家に取り寄せて奈良の味を堪能してみるのはいかがでしょう?一つずつ包まれているので、お家で小腹が空いたときにもぴったりです。柿の葉すしは生ものなので、届いたらすぐに召し上がってくださいね!

〈柿の葉すし本舗 たなか〉
■0120-111-753
■取り扱い店舗、営業時間などの情報は公式サイトにて
公式サイト
オンラインショップ

伊藤美咲
伊藤美咲 / ライター

「ステキな人やモノを広めるフリーライター。1996年東京生まれ、東京育ち。グルメと美容と邦ロックが大好き。」

伊藤美咲さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る