FARM to SVB 福島県産 桃
2020.04.02

福島県産のブランド白桃「あかつき」×クラフトビールの新融合。 SVB東京限定「FARM to SVB 福島県産 桃」でとろりと甘やかなひとときを。

〈スプリングバレーブルワリー〉(以下、SVB)では現在、福島のブランド桃「あかつき」を使用したフルーツビール「FARM to SVB 福島県産 桃」を、代官山の東京店のみで販売中。皇室にも毎年献上される高品質の白桃との組み合わせが楽しめる、期間限定のチャンスです。その他、SVB定番のクラフトビールと相性抜群のフード・ペアリングもご紹介します。

日本各地の特産品を使った醸造プロジェクト『Farm to SVB』。

代官山 スプリングバレーブルワリー東京

キリンビールが運営するクラフトビールブルワリー〈SVB〉では2019年より、日本各地の農作物を使ってビールを作る『Farm to SVB』プロジェクトを実施中。ビールの作り手みずから産地を訪れ、広島県因島の八朔や北海道厚真町のハスカップなどを使ったコラボビールを開発しています。

2020年3月からは「福島県産の桃」と「高知産ゆず」を用いたフルーツビールを販売中。今回は福島県のブランド桃「あかつき」を使ったビールを詳しく紹介します。

酸味が少なく、濃密な甘みが特徴。最高級白桃「あかつき」を使用。

「FARM to SVB 福島県産 桃」レギュラー980円。
「FARM to SVB 福島県産 桃」レギュラー980円。

今回使用されている桃は、福島県を代表するブランド桃「あかつき」。芳醇な香りと高い糖度、きめ細かな桃の肉質をもち、1993年より26年もの間、皇室に献上されている最高級品種です。

エールタイプのビールを発酵させてから、桃の果汁を合わせて熟成。「あかつき」本来のフルーティーな香りや甘みを引き出せるようにと試作を重ねたそう。

「FARM to SVB 福島県産 桃」。
「FARM to SVB 福島県産 桃」。

注文すると、クリーミーな泡がたっぷり乗った状態で提供されます。

飲む前からすでに桃の甘やかな香りが漂います!きめ細かな泡の口当たりを楽しんだあと、とろりと入ってくるビールの感触。濃密で、ジューシーな桃を丸ごと味わっているかのようなインパクトがあります。

後味は甘さ残らずスッキリと。飲み終わりにはフルーティーな香りが鼻を抜け、余韻も楽しませてくれます。桃の甘みでビール本来の苦味は抑えられているので、いつもはビールを敬遠してしまう方にもおすすめです。

この商品は〈SVB東京〉のみで提供。なくなり次第終了なのでぜひ店頭でチェックしてみて。

実はフードも充実。〈SVB〉コアシリーズ×料理のペアリング。

〈SVB〉内観。
〈SVB〉内観。

デリやスイーツなど、実はフード系も充実している〈SVB〉。朝9時の営業で、モーニングからランチ、ディナーまで、どの時間帯でも楽しめます。

今回は〈SVB東京〉イチオシのペアリングを2種類教えてもらいました。

〈SVB〉のフラッグシップ「496」には「アヒージョ」を合わせて。

「496」Regular780円×「ホタルイカと芽キャベツのアヒージョ」900円。
「496」Regular780円×「ホタルイカと芽キャベツのアヒージョ」900円。

甘味・酸味・苦味、究極のバランスを目指した〈SVB〉を代表するビール「496」Regular780円。
名前の由来は、1から31までを順に足していくと「496」になることから。毎日飲んでも飽きずに楽しめるようにと、華やかな香りとキレのある味わいを両立させています。

こちらに合わせるのは、月替わりメニューのひとつ、「ホタルイカと芽キャベツのアヒージョ」900円。
ワタ入りの濃厚ホタルイカと、軽い苦みが楽しめる芽キャベツ。キレのある「496」が、すっきりと喉を潤してくれます。

白ワインのようなビール「オンザクラウド」には珍しい筒状パスタ「パッケリ」を。

「オンザクラウド」Regular780円×「フルーツトマトとリコッタチーズのパッケリ」1,350円。
「オンザクラウド」Regular780円×「フルーツトマトとリコッタチーズのパッケリ」1,350円。

ネルソン・ソーヴィンというホップを使った「オンザクラウド」Regular780円。白ワインのような軽やかな味わいが楽しめるとあって、この名前が付いたのだとか。

食事にもおつまみとしてもおすすめなのは、ナポリ生まれの筒状パスタ・パッケリを使った「フルーツトマトとリコッタチーズのパッケリ」1,350円。
幅広でもっちりとしたパッケリに、完熟トマトの酸味と甘味がマッチ。添えられたバジルがほどよく香り、リコッタチーズがトマトの酸味にマイルドな味わいをプラスしてくれます。

ギフトの取り扱いもあり。色々な楽しみ方ができる〈SVB〉。

ギフトの取り扱いもあり。オンラインショップでの購入も可能。
ギフトの取り扱いもあり。オンラインショップでの購入も可能。

今回、最初にご紹介した「FARM to SVB 福島県産 桃」が味わえるのは〈SVB東京〉のみですが、「YUZU Sparkling 〜FARM to SVB 高知産ゆず〜」や、「496」「オンザクラウド」などのコアシリーズはオンラインショップでの取り扱いもあります。

お店でも自宅でも堪能できるのが魅力的。さまざまな楽しみ方ができるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

〈SPRING VALLEY BREWERY(スプリングバレーブルワリー)TOKYO〉
■東京都渋谷区代官山町13-1 ログロード代官山
■03-6416-4960 (受付時間 10:00〜22:00)
■9:00〜22:30LO、日〜21:00LO
※テラス席は 22:00 まで営業(冬期をのぞく)
■無休
■215席
■禁煙
公式サイト

「FARM to SVB 福島県産 桃」
■2020年3月10日(火)発売
■Regular(360ml):980円、Half(200ml):600円、Mega(600ml):1500円
■ABV(アルコール):6.0%
■IBU(苦味の強さ):20.0
■OG(麦汁の濃さ):16.4°P

田窪 綾
田窪 綾 / ライター

「調理師免許持ちのフリーライター。食分野を中心に、Webや雑誌で執筆中。白いごはんとごはんのおともがあれば幸せ。時々おにぎり屋めぐりも楽しんでいます。」

田窪 綾さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る